クライングフリーマン



タグ: アクション 青年漫画 アウトロー


クライングフリーマン(1)

(230ページ)
気鋭の陶芸家・火野村窯は、チャイニーズマフィア“百八竜”に暗殺者としての教育を受ける。やがて才能を開花させ、“クライングフリーマン”というコードネームを持つまでになる。彼の暗殺現場を目撃した女、日野絵霧との奇縁が生じるが…。

クライングフリーマン(2)

(232ページ)
刺客として香港に送り込まれた火野村窯。百八竜は、彼を徹底的に訓練し、一流の刺客に仕立て上げることを計画する。そこで百八竜の妻・虎風から刺客術を伝授されるが…。

クライングフリーマン(3)

(236ページ)
フリーマン・火野村窯に対する想いが認められ、彼と結婚した絵霧。二人の幸せもつかの間、百八竜幹部が臨席する会合で、危うく殺されかけるフリーマンだった。遂に、百八竜と敵対する組織“カモラ”との本格的な抗争が起こるが…!?

クライングフリーマン(4)

(204ページ)
百八竜の頭領になったフリーマンの妻となった虎清蘭(日本名・日野絵霧)は、暴漢に突然襲われたり、監禁されたり、と次々に災難に見舞われる。これは、虎清蘭がフリーマンの妻に相応しいかを試す百八竜の企みであったが…。

クライングフリーマン(5)

(220ページ)
所持する者に災いをもたらすと恐れられている妖刀・村正を携え、竜太陽のもとにやって来た海江田四郎という男。彼は、竜太陽にある人物の暗殺を依頼するが果たして…。

クライングフリーマン(6)

(222ページ)
過去に竜太陽に夫を殺された女・君江は、プロレスラー雄首冬獄を竜のもとへ刺客として差し向けようとする。そのことを知った竜は、先手を打とうとある秘策に乗り出すが…!?

クライングフリーマン(7)

(220ページ)
新興宗教「熊我教」の教祖・熊我内而は、熊我教を世界最大の宗教にするという野望を持っていた。彼はまず、熊我教を日本の国教とするため、百八竜の強大な力を利用しようと企むが…。

クライングフリーマン(8)

(217ページ)
百八竜に挑戦状をたたきつけた国際的な誘拐シンジケート“K・N(キッドナッパーズ・オーガニゼーション)”。この組織は、かつてベトナム戦争を戦った元軍人たちの集まりである。彼らは、ロサンゼルス中華街のフィクサー・王大人の娘夫婦とその子供を誘拐。王の依頼で彼らを救い出すべく、“K・N”の本拠地に乗り込んだ竜太陽と白牙扇であったが…。

クライングフリーマン(9)

(220ページ)
フリーマンが中学生時代を過ごした思い出の地・北海道。ここに根を下ろす「関東兄弟会」。首領・綱池は、ソビエト連邦からの密輸麻薬ルート“根室コネクション”を持っていた。綱池は、ある策を練って、フリーマンの命を狙うが果たして…!? 堂々の完結編。




書籍情報(青年漫画)

著者: 池上遼一 小池一夫

カテゴリ:青年漫画

出版社:グループ・ゼロ

最新巻発売日: 2015年12月11日

気鋭の陶芸家・火野村窯は、チャイニーズマフィア“百八竜”に暗殺者としての教育を受ける。やがて才能を開花させ、“クライングフリーマン”というコードネームを持つまでになる。彼の暗殺現場を目撃した女、日野絵霧との奇縁が生じるが…。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(グループ・ゼロ)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す