乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ



タグ: 青年漫画 歴史


乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ (1)

(192ページ)
1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された12歳の少女シャールカは、フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。
15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編!!

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(2)

(194ページ)
1420年、ボヘミア王国。フス派の傭兵隊長ヤン・ジシュカは新兵器「ピーシュチャラ(初期の銃)」と「信仰心」を利用して農民や女性、子供までも軍へと編成した。フス派ターボル軍2千vsカトリック派十字軍10万。歴史を変える戦いが幕を開け、兵士となった12歳の少女シャールカは、凄惨な戦場の現実を目撃する!

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(3)

(194ページ)
カトリック派十字軍10万の騎士たちを2千で破った、ヤン・ジシュカ率いるフス派ターボル軍。少女兵シャールカが戦い続ける事に迷いを感じる一方で、戦勝に沸くターボル軍の元には次々と入隊希望者が集まる。フス派の勢いが最高潮に達したその時、大いなる陰謀が姿を現し、新たな戦いの幕が開く――!!

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(4)

(194ページ)
カトリック派が堅守する重要拠点「ヴィシェフラト城」。ヤン・ジシュカ率いるフス派軍は難攻不落のこの城を攻めあぐんでいた。そこへ天才工学者コンラート・キーザーの孫娘、リーゼロッテが援軍に駆けつける。リーゼロッテの奇策からフス派軍は突破口を見つけるが、戦局は膠着し、ジシュカは勝利の為に非情な決断を下す!!

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(5)

(194ページ)
フス派の援軍として現れた、全裸の男女の軍団アダム派。少女兵シャールカは、その一員となっていた懐かしい友ガブリエラと再会を果たす。ガブリエラに誘われるまま、アダム派のミサに参加したシャールカは、恍惚状態でまぐわう信者たちの姿に圧倒される。異質な信仰を持つアダム派に対してジシュカは警戒心を強めていく。

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(6)

(194ページ)
フス派軍が無敵を誇ったワゴンブルクは、十字軍の名将フィリポ・スコラーリとクマン人の弓騎兵戦術の前に完敗した。先鋒隊を指揮したフロマドカは討ち取られ、天使隊の少女たちも奴隷とされてしまった。遅れてクトナー・ホラに辿り着いたジシュカは1万2千の兵で十字軍10万を迎え撃つが――!?

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(7)

(194ページ)
フス派軍vs十字軍の熾烈な宗教戦争は続く。フス派軍指揮官ヤン・ジシュカが十字軍に下り、絶体絶命のフス派軍。さらなる奴隷を求めて少女兵シャールカらの拉致を企てるクマン騎兵。度重なる敵の非道に逆上したフス派軍は救出の為に軍を起こす。この戦いの行方は――!?



書籍情報(青年漫画)

著者: 大西巷一

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:月刊アクション

出版社:双葉社

最新巻発売日: 2016年11月14日

1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された12歳の少女シャールカは、フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。
15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編!!


≫ 同じ著者の作品
涙の乙女 大西巷一短編集
月刊アクション

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
タイヘン・ヘンタイ
【閲覧注異】
バジリスク~甲賀忍法帖~
クダンノゴトシ
てーきゅう
デリバリー
スマ倫な彼女たち
BIRTH
自殺島
ちょっとSingle
ハレ婚。
奈落の羊

≫ 同じ出版社(双葉社)の作品
恋バカ
溺れる獣と甘い罠
逆運命の人
JOUR Sister
料理男子の日常
王様ゲーム
先生ごめんなさい 分冊版
35歳からもっとキレイになる
実録レイプ裁判 黒い戦慄
実録レイプ裁判 緋色の犯罪
漫画アクション
流浪のグルメ 東北めし

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す