タグ: アクション 青年漫画 ドラマ

いてまえ武尊(1)

(230ページ)
日本が戦争に敗れ、アメリカ軍の監視下のもとに不自由な生活をしいられた戦後まもない昭和23年、春、大阪市近郊の一町村・深泉村に、とてつもない"悪ガキ"グループが出現。そのリーダーを"武尊"(たける)といった…

いてまえ武尊(2)

(232ページ)
のぞきのおもしろさが一番の年代の武尊たち、しかし、その晩にかぎり誰もいない見たものは幽霊?幽霊ごときに怯えた自分が許せない武尊は、ひとりで墓へ肝試しに!!「なむあみだぶつ」いろいろな将来の夢を持つ武尊であったが、家族会議により、中学を卒業したらすぐ散髪学校へ行って、散髪屋になって、家計を助けることとなった・・・「家族統制砕かれた"夢"」他、計6編収録

いてまえ武尊(3)

(236ページ)
美術展に学校を代表して出品することになり、人の目を気にして恐る恐る絵を描いてしまう… “自分の納得する絵”を考え、捜す武尊が見つけたのは、人間を描くこと。完成した作品「少女」は!! 「選ばれた二人」 終戦から4年経った大阪市内はまだいたるところに焼け跡が残り、かつての大坂の面影は無かった… 自分の家があった焼け跡に毎日ぼんやりと立っている女性に恋をする武尊。これが“女に惚れるちゅう気持ちなんやろうかなぁ”っと「焼け跡のマドンナ」他、計5編収録。

いてまえ武尊(4)

(222ページ)
同じ岡田村の春江が町会議員の息子の五十六に結婚の約束をしていたのに、だまされていた… 自殺までしようとしていた春江の仕返しに武尊は、慰謝料を取ろうとするが、強請りと追い返されてしまう。そこで、この町会議員親子の弱点を仲間で捜しだす「春江の慰謝料」 以前、紙芝居を書き絵のうまいと評判の武尊は進駐軍向けの絵を頼まれる。しかし、それは浮世絵… 母に隠れてこっそり描いていたが見つかってしまい… 「おれは歌麿」他、全6編収録。



書籍情報(青年漫画)

著者: さいとう・たかを

カテゴリ:青年漫画

出版社:リイド社

最新巻発売日: 2015年10月17日

日本が戦争に敗れ、アメリカ軍の監視下のもとに不自由な生活をしいられた戦後まもない昭和23年、春、大阪市近郊の一町村・深泉村に、とてつもない"悪ガキ"グループが出現。そのリーダーを"武尊"(たける)といった…


≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(リイド社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す