雀鬼 桜井章一戦記



タグ: 青年漫画 ギャンブル


雀鬼 桜井章一戦記 (1)

(225ページ)
桜井章一、人は彼のことを「伝説の雀鬼」と呼ぶ。それは桜井が、牌を握った日から一度たりとも負けたことがないからである。

雀鬼 桜井章一戦記 (2)

(242ページ)
桜井の現役時代、巷には「麻雀プロ」というものが出始めた。そのなかの一人の有望株と対決、そのときは好印象を持った。が、3年の月日が若者の麻雀を変えてしまった。

雀鬼 桜井章一戦記 (3)

(206ページ)
ひとたび勝負に入れば脅しもヤクザも関係ない。現役時代の桜井は負けるくらいなら殺されたほうがマシだと思っていた。麻雀は桜井の領域だったのだ。

雀鬼 桜井章一戦記 (4)

(226ページ)
桜井は新宿歌舞伎町で穏やかに麻雀を打つ。雀鬼と恐れられる顔ではなかった。しかしひとたび勝負の場に挑めば、鬼…まさに鬼と化し羅刹のごとく戦うのだ。

雀鬼 桜井章一戦記 (5)

(226ページ)
麻雀無法地帯。桜井とヤクザの頭領との意地とプライドをかけた闘い。桜井が負けたら麻雀から足を洗わなければならない。桜井は、序盤の不利を奇襲攻撃で逆転する。

雀鬼 桜井章一戦記 (6)

(246ページ)
一度牌を握れば、他人の思惑など関係ない。ただ一心に勝負に没頭する。それは麻雀の鬼、“雀鬼”となることだった。

雀鬼 桜井章一戦記 (7)

(226ページ)
新宿一の打ち手になることは日本一になることと同じ、と言われるほど一時期の新宿には猛者が集まった。九州から今またひとりのプロ志願が新宿の雀荘の扉を開けた。雀鬼桜井と戦うために!! 中編2本「新宿麻雀決戦!!」「不可視の領分」を収録!!

雀鬼 桜井章一戦記 (8)

(230ページ)
その老人は打てば必ずひとり負け。しかし雀鬼、桜井章一は彼に凄みを感じていた。「迷える者、弱い者ほど神になりたがる。しかしあんたは鬼だ。神にはなれないが救われるかもしれない」涅槃の善三と呼ばれる裏社会の大物の言葉だった。



書籍情報(青年漫画)

著者: 南波捲 志村裕次 いつきたかし

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:近代麻雀

出版社:竹書房

最新巻発売日: 2015年10月10日

桜井章一、人は彼のことを「伝説の雀鬼」と呼ぶ。それは桜井が、牌を握った日から一度たりとも負けたことがないからである。


≫ 同じ著者の作品
漫画昭和人情食堂
海雀王

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
nude~AV女優みひろ誕生物語~
落日のパトス
ハンツー×トラッシュ
不可視戯トライアング
ジパング
Ns’あおい those days
SとM
JINGI(仁義)
ALL OUT!!
激昂がんぼ
食糧人類-Starving Anonymous-
ミニマム

≫ 同じ出版社(竹書房)の作品
素人ヤンキー♂危機一発!!
ニセ婚!
水泳部長の個人的指導~剃毛プレイの変
恋色☆DEVIL
タブーを犯した女たち~鬼畜~
白い魔女
イキツケ!
タイヘン・ヘンタイ
母という「女」~子宮が聞いた声~
ブラックご近所~栃木・ママ友LINEいじめ連続自殺事件 ともだち~
増刊 ブラック主婦SP(スペシャル)
不幸体質の女~愛を知らない~

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す