腕KAINA~駿河城御前試合~



タグ: 青年漫画 歴史


腕KAINA~駿河城御前試合~(1)

(226ページ)
寛永六年(1629)九月二十四日、駿府城内では天下の法度にそむき駿河大納言・徳川忠長の面前で真剣御前試合が行われた。試合は十一番。その内、八試合は一方が対手を殺し、残りの三試合は両者が共に倒れるという空前絶後の残忍凄惨な真剣勝負となった。そこまで人間を狂わすものは一体なんなのか?煩悩・本能・エロス・残酷・耽美・退廃・無惨……
真剣による御前試合という極限の状況が、人間本来の姿を暴き出す!!

腕KAINA~駿河城御前試合~(2)

(226ページ)
異常なまでの画力、劇画と言う名のガチンコ漫画!
寛永六年(1629)九月二十四日、駿府城内では天下の法度にそむき駿河大納言・徳川忠長の面前で真剣御前試合が行われた。そこに登場する人物たちはそれぞれ遺恨・怨恨・怨念・情念などを胸に秘めし者たち…命の「やりとり」でしか生きることができなくなってしまった者たちによる、前代未聞の真剣勝負が繰り広げられる――

腕KAINA~駿河城御前試合~(3)

(224ページ)
残酷、耽美、退廃、無惨。生死を賭し、真剣試合に臨む人間のありし姿は狂おしく同時に美しい…
寛永六年(1629年)九月二十四日、駿河城内では天下の法度にそむき、駿河大納言・徳川忠長の面前で真剣御前試合が行われた。そこに集いし者たちは、それぞれが試合に登場しなければならない事情を抱えていた。真剣御前試合という異常な場でしか語り合えない二人が対峙し、前代未聞の死闘を繰り広げる。その決着は――――

腕KAINA~駿河城御前試合~(4)

(226ページ)
一対一の真剣試合が浮き彫りにする、人間の実在と生命の意味―――――
寛永六年(1629年)九月二十四日、駿河城内では駿河大納言・徳川忠長の命により前代未聞の真剣御前試合が執り行われていた。全十一試合、そこに集いし二十二名には試合に登場しなければならぬそれぞれの因縁があり……。
なぜ真剣で戦わねばならぬのか、なぜ命を賭けなければならぬのか。時代マンガ史に一石を投じる作者渾身の問題作がここに終幕!!



書籍情報(青年漫画)

著者: 森秀樹 南條範夫

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:戦国武将列伝

出版社:リイド社

最新巻発売日: 2015年10月17日

寛永六年(1629)九月二十四日、駿府城内では天下の法度にそむき駿河大納言・徳川忠長の面前で真剣御前試合が行われた。試合は十一番。その内、八試合は一方が対手を殺し、残りの三試合は両者が共に倒れるという空前絶後の残忍凄惨な真剣勝負となった。そこまで人間を狂わすものは一体なんなのか?煩悩・本能・エロス・残酷・耽美・退廃・無惨……
真剣による御前試合という極限の状況が、人間本来の姿を暴き出す!!


≫ 同じ著者の作品
シグルイ
一十郎とお蘭さま
戦国自衛隊
第三の陰武者
獣-シシ-

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
nude~AV女優みひろ誕生物語~
不可視戯トライアング
ハレ婚。
なるたる
束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~
スマ倫な彼女たち
職業・殺し屋。
デビルエクスタシー
ルパン三世H
僕たちがやりました
秘すれば
【閲覧注異】

≫ 同じ出版社(リイド社)の作品
ジ・ゴ・ロ
鬼平犯科帳
仲蔵狂乱
風雲児たち 幕末編
セキガハラ
コミック乱
いちげき
焔色のまんだら
ひめごと ~浮世艶草子~
おしとね天繕~ゴールドフィンガー~
戦国くノ一伝
剣客商売

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す