むこうぶち 高レート裏麻雀列伝



タグ: 20巻以上 10巻以上 アウトロー ギャンブル 青年漫画 長編漫画 30巻以上

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (1)

(226ページ)
“むこうぶち”―――それは、一匹狼の真のギャンブラーを意味している。新宿、赤坂、六本木――、東京深奥部のマンションや雀荘に、高レートの場が乱立した1980年代。そこに、冷酷非情な伝説の強者・傀がいた! 今日もまたギャンブルに狂った男たちが全てを失い、消えていく――。

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (2)

(224ページ)
“人鬼(ひとおに)”と書いて“傀(カイ)”と読む――バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者・傀がいた! 高レートに出没する謎の男たち、水戸グループ。狙われた店は客を荒らされ、警察にガサ入れを喰らう。非合法ゆえに守る手段を持たない店主が、最後に頼った男とは――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (3)

(210ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。アングラカジノの女ディーラー・巫藍子(かんなぎあいこ)。それが、まるで必然であるかのように、人の魂を喰らう人鬼・傀と出会う。ギャンブルに疲れた老馬券師、金でタイトルを買った若手プロ、野望に燃える不動産屋――。傀と邂逅する人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (4)

(202ページ)
バブルとよばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。にこやかな仮面の下に卑劣な本性を隠し持つ会社員。賭場の付け馬の中年ヤクザ。日々金策に追われる町工場経営者。そして、野心多きスカウト見習い……。儚い夢を抱きやって来た高レートの場で、人鬼・傀と遭遇する人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (5)

(198ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。銀座で一本立ちを目指す野心多きスカウト見習い。麻雀で勝っては負け客に金を貸し付けるトイチの高利貸し。そしてプロ野球界のルーキーとベテラン投手……。高レートの場にて人鬼・傀の流れに巻き込まれていく人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (6)

(213ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。プロ野球界のルーキーとベテラン投手。赤有り麻雀を得意とする裏プロ。女を騙しガン牌麻雀で遊ぶ金を稼ぐ生臭坊主。そしてコンビ打ちの接待麻雀で散財させ土地を干し上げる不動産屋……。高レートの場にて人鬼・傀に翻弄されていく人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (7)

(230ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。コンビ打ち麻雀で土地を干し上げる不動産屋。完先麻雀を得意とする現役力士。出稼ぎのフィリピン女性から金を搾り取る元麻雀プロ。東京デビューの青年。跡取り問題で確執のある京菓子屋の爺と孫……。人生の分かれ道にて人鬼・傀の裁定を受ける人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (8)

(204ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。跡取り問題で確執のある京菓子屋の爺と孫。表の麻雀で悲願のタイトル初制覇を目指すベテランプロと勢いのある若手プロ。半年前の拘置期間中に傀の打ち筋を研究し復讐に燃える赤使いの裏プロ……。逢魔ヶ辻の峠道にて人鬼・傀と対峙する人々の運命は―――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (9)

(240ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。傀の打ち筋を研究し復讐に燃える裏プロ。金と暇を持て余した資産家の未亡人。独自の読みで相手を手玉に取るボクサー。漁師が手にした漁業補償の総取りを企み、さびれた港町にやって来た雇われプロ……。欲望渦巻く鉄火場にて人鬼・傀とめぐり合う人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (10)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。漁業補償の総取りを企み、さびれた港町にやってきた雇われプロ。2人の男から求婚され、揺れる雀荘の女主人。プライドの高いデジタルな若手プロ。使い込んだ金を麻雀で取り返そうと目論む取り立て屋……。ほんの一瞬の欲を出したがために人鬼・傀と出遭ってしまった人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (11)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。使い込んだ金を麻雀で取り返そうと企む取り立て屋。傀との再戦を果たすべく地獄から蘇ってきた不動産屋。かつての栄光を追い、大物手ばかり狙うベテラン俳優。心身ともに絶頂期を迎えたとある麻雀プロ…。絶対の自信を持って臨んだ勝負の場で、人鬼・傀と対峙する人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (12)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。心身ともに絶頂期を迎え表と裏の世界を行き来するとある麻雀プロ。素直な正解麻雀を打ち続け麻雀の神様に愛されている男。トップが遺品を総取りする麻雀で老画家が遺した最後の絵を守ろうとする画商…。手の届かない物を手に入れるため、人鬼・傀に挑戦する人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (13)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。トップ総取りの麻雀で老画家が遺した絵を守ろうとする画商。傀の麻雀に魅せられ行方をくらまし、進化を遂げて帰ってきた元若手プロ。往年のヒット作にすがりつき自堕落な生活を送るベテラン作家…。一瞬のカタルシスを求めて、人鬼・傀と同卓する人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (14)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。自堕落な生活を送るベテラン作家、先物取引で会社の金に手をつけた雨男、他人の痛みに頓着しない女歯科医、深夜の路上強盗について事情聴取を受ける麻雀メンツ、荷物の捨て場所を探して彷徨い歩く頑固爺…。日常に飽き足らず、強い打ち手を求めて人鬼・傀に挑む人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (15)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。全財産の捨て場所を探して彷徨い歩く頑固爺、妻に内緒の借金返済に窮する白タクの運転手。効率打法に囚われ自分を封じ込める女流麻雀プロ。順位に関係なくチップを稼ぎまくる新世代の勝ち組…。負けから多くを学ぶべく人鬼・傀に挑戦する人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (16)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。御祝儀のチップを稼ぎまくる新世代の勝ち組。不動産会社との接待麻雀に興じる大学教授と村長。片道航海のギャンブル船での麻雀教室の講師を務めるベテランプロ。政界の黒幕を父親に持つ女性ディーラー…。高レートという伏魔殿で人鬼・傀と出くわした人々の運命は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (17)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。政界の黒幕を父親に持つ女性ディーラー。痴漢事件の被告と三味線の得意な悪徳弁護士。孫の面倒を見ながら麻雀に興じる好々爺。地方を回りながら効率打法に磨きをかけて東京に戻ってきた裏プロ…。人鬼・傀と対峙し、続行か否か岐路に立たされた人々の選択は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (18)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。効率打法を重視する裏プロ。店を出すことを夢見る屋台のラーメン屋。描くのをやめて故郷に帰るベテラン漫画家。非合法の手積み雀荘を取り仕切る元玄人(バイニン)。麻雀は興行だと割り切る全雀連のベテラン理事。最後のチャンスをモノにすべく人鬼・傀に勝負を挑む人々の行く末は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (19)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。麻雀を興行と見立てる全雀連のベテラン理事。捨てられた個人情報を転売する情報屋。ショーマンシップに走った老裏プロ。ギャンブル依存症の多重債務者。総理の椅子を目指す政治家たち。最後のチャンスをモノにすべく人鬼・傀勝負を挑む人々の行く末は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (20)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。総理の椅子を目指す政治家たち。終わらない敗北の悪夢に苛まされる債務者。強者を求めて打ち歩く裏プロたち。己に利するように、情報を駆使して闘う株屋。好機を我が物にせんと人鬼・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (21)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。異邦の地にて中国式打法で凌ぐ中国の血を引く男。賭場に仕掛けを作り、獲物を丸裸にしようとたくらむ輩達。学生街の雀荘で高くはないレートながら関東学生王者の腕を誇る男。好機を我が物にせんと人鬼・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (22)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。学生街の雀荘で高くはないレートながらも関東学生王者の腕を誇る男。地価の値上がりを見越し、ボロ屋に居座る占有屋。傀の正体を見極めようとする記者。プロ麻雀界を割って出、乱世を望む男たち。好機を我が物にせんと人鬼・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (23)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。プロ麻雀界を割って出、乱世を望む男たち。初めての冬季単独山行挑戦する登山愛好家。傀の影に怯えながらも、再び東京の賭場に足を踏み入れた水戸の裏プロ。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は…!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (24)

(242ページ)
会社の密命を受け、大使館内の賭場に来たサラリーマン。終の住居と決めた病院の危機に立ち上がった老侠客。流れ派の打ち筋を、若手に教授するベテランアマ。好機を我が物にせんと人鬼・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (25)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者「傀」がいた。流れ派の打ち筋を、若手に教授するベテランアマ。かつての師匠に見切りをつけ、傀のように生きることを志す若者。上納金を工面するため、図らずも傀に挑む若き代打ち。好機を我が物にせんと人鬼・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (26)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。かつて傀に破れ、幻影を背負わされた若手女性プロ。卒業を控えバブル景気真っ只中の東京で、進路に懊悩(おうのう)する若者。継父との確執を抱えつつも、絶妙な勘の冴えで代打ち勝負をこなすバーの経営者。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (27)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。対立組織の長を暗殺し、足取りをくらませるために卓に潜む鉄砲玉。傀に敗れた者たちが、東京を離れた地で因縁の邂逅を果たす…。三代に渡って地元の顔役を務めるバクチ好きの世話役。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (28)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (29)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。雇われ秘書に嫌気が差し、誘われるがままに超高レート麻雀に臨む辣腕秘書。東京を離れ、地方都市で自らの団体の基盤を築きつつある野心家プロ。バブルの小金とツキに翻弄される商店主たち。そして、己の死期を感じ生涯の壁を越えようと不借身命に傀に挑む麻雀プロ。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (30)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。自らの変調に気付き、生涯の壁を越えようと不惜身命に傀に挑む麻雀プロ。己の死を受け入れられず、近づくものを黄泉の国に誘わんとする亡者たち。過去を断ち切るために、西から傀を捜し求める女雀士。バブルに踊り公共事業に群がる業者たち。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (31)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。バブルに踊り、公共事業に群がる業者たち。父親のコネで入社し、父親と同じく裏の業務をこなす会社員。傀の打ち筋に魅せられ裏の世界で対峙する若者と裏プロ集団のボス。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝 (32)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。総会屋対策や不良社員の炙り出し等、裏の業務をこなす会社員。牌効率を超えた閃きの打牌を模索する麻雀プロたち。某王国の王位継承権を持つ放蕩王子。関東の雀荘を荒らす三麻巧者。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(33)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。 関東の雀荘を荒らす三麻巧者。輝石の魔力に翻弄される大学生。政界のフィクサーの手のなかで弄ばれる新興会社の社長たち。大物華僑に雇われ流れに身を任せながら高レートの卓へ赴く強者二人。 好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(34)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。大物華僑に雇われた最凶コンビ。ヒット作に喘ぐベテラン原作者。大雪で閉じ込められ、脱出するまでレートが上がり続ける永久東場。噂を集め本物に辿り着かんとするルポライター。苦汁を舐めさせられた雀ゴロ三人が博打天国で邂逅する。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(35)

(242ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。嘗て後塵を拝した三人の復讐劇。敗色濃厚の満州を脱出せんとする老宦官と高級官僚。老獪な読みで翻弄する高レートの住人。視野の広さで場を支配する一流料理人。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(36)

(226ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。友を嬲られ攻めに転じた料理人。冷えきった席の脱出法。失われた牌譜補完計画。刈るモノと刈られるモノ、以外のモノ…。絶対防御と直撃の職人。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(37)

(224ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。完全防御で立ち向かう町工場職人。麻雀中継の裏側で…。治外法権の台湾式麻雀。未練に縛られながら打ち続ける男。難題に挑む青龍會。好機を我が物にせんと人鬼(ひとおに)・傀に勝負を挑む人々の行き着く先は――!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(38)

(224ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。青龍會が挑む難題の人鬼流の答えとは…。相手を威圧するほどの強面を持つ男。ツモ山の流れを読む牌の魔術師。利権を賭けた談合麻雀の舞台に傀が代打ちとして卓に着く…。麻雀という賭博に浅き夢見し男たちを奈落の底に突き落す卓上の人鬼(ひとおに)――それが傀!!

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(39)

(224ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。利権を賭けた代打ち勝負…及川翁の立てた代打ち・赤川と劉大人からの使命を受けた・江崎 一進一退が続く勝負の結末は?人鬼に作った『借』を踏み倒そうとする男が辿る意外な末路とは…そして、石川さんが傀と再度激突する!!

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(40)

(225ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。恋路をひた走る石川さんは傀と互角以上の勝負を見せる…まさかの傀初敗北となってしまうのか…!?また、怪我をした安永の代わりに代打ちとなった傀に新たな強敵・谷地が現れる…自由自在に『流れ』を操る谷地に傀はどう対処し、どう立ち向かうのか!?

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(41)

(224ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀(カイ)”がいた。
自由自在に「流れ」を操る男・谷地と傀の勝負の結末は!?
赤ドラ使いの達人・ノガミの秀と元プロの風来坊・祐太が激突!!
マンション麻雀というオアシスでの掟とは!?
そして赤6枚入り&トビ賞20万円というインフレ麻雀の行方は…!!

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(42)

(224ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説“傀”がいた。
ノガミの秀と安永が挑む赤6枚入り&トビ賞20万円という超インフレ麻雀の結末は!?
オーラスのアガリ条件…それは!?
普段は相性の良い相手との麻雀…しかしそこに傀が同卓すると!?
高額の代打ち勝負に安永ピンチ!!

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(43)

(226ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。高レートの代打ち勝負…曲者ふたりに挟まれてピンチの安永に為す術はあるのか!?六本木の裏カジノで巫藍子と傀が遭遇。特殊ルールの麻雀に挑む!リーチに対して強い牌を切り飛ばし勝ち続ける謎の男・武井が登場!!

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(44)

(228ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。
相手の手牌を鋭く読み切る男と傀の100万のサシウマビンタ勝負の行方は!?
あり得ない打ち回しで傀の御無礼フラグが消滅!?
埠頭の組事務所で行われる横浜ブー麻雀で後堂が傀相手に大ピンチ!!
そして生臭坊主の麻雀対決に傀が参戦!?
★単行本カバー下イラスト収録★

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(45)

(228ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。
傀も加わった生臭坊主同士の仁義なき麻雀対決の行方は!?
相手の手牌を鋭く読む男・景山が登場!!
傀のコインロッカーの秘密とは!?
そして著名人麻雀大会の決勝卓に挑む多河と傀相手の代打ち勝負に挑む安永の運命は!?
★単行本カバー下イラスト収録★

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(46)

(228ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。
著名人麻雀大会の決勝卓で奮闘する多河と代打ち勝負で傀と戦う安永の運命は!?
強者達としのぎを削る旅打ちで腕を磨いてきた祐太が遂に傀と激突!!
事故で特異な能力を手にした男は…!?
プロ2人が見守る日蔭と傀の対決に東風戦の捌き師が参戦する!?

★単行本カバー下イラスト収録★

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝(47)

(228ページ)
バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。
東風戦の捌き師・森戸と氷の男・日蔭、傀も加わった三つ巴の戦いが遂に決着!!
跡目争いの麻雀勝負に傀が代打ち参戦!!
三元牌の取り扱い方に喧々諤々!!
片頭痛持ちの男が卓上で見たものは!?
そして異才雀士・石川さんがまたまた傀と対決するハメに!?
★単行本カバー下イラスト収録★




書籍情報(青年漫画)

著者: 天獅子悦也 安藤満

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:近代麻雀

出版社:竹書房

最新巻発売日: 2017年9月15日

“むこうぶち”―――それは、一匹狼の真のギャンブラーを意味している。新宿、赤坂、六本木――、東京深奥部のマンションや雀荘に、高レートの場が乱立した1980年代。そこに、冷酷非情な伝説の強者・傀がいた! 今日もまたギャンブルに狂った男たちが全てを失い、消えていく――。


star star star star star_half (4.6 / 16件)
star star star star star_border

面白い

2017年10月22日
star star star star star_border

マージャン漫画。バブル時代。巻末の時代考証がなかなか興味深い内容で好き。

2017年10月14日

≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(竹書房)の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す