WEST END

完結 ソフトアダルト(BL(ボーイズラブ))

タグ: BL(ボーイズラブ) 女性漫画 BL

WEST END 1

(189ページ)
荒れ果てた世界の中で、人々の欲望のはけ口として劣悪な扱いを受ける人造人間“デミウル”。高級品と呼ばれる“城デミ”のトナミは、キリと出会うことで生きる価値を見いだそうとする。キリを慕い、キリのために生きる決意をしたトナミは、ともに終焉の地、西の果てを目指して旅立つ。はたしてそこでふたりを待ち受けているものとは…!?

WEST END 2

(170ページ)
荒れ果てた世界の中で、人々の欲望のはけ口として劣悪な扱いを受ける人造人間“デミウル”。高級品と呼ばれる“城デミ”のトナミは、キリと出会うことで生きる価値を見いだそうとする。キリを慕い、キリのために生きる決意をしたトナミは、ともに終焉の地、西の果てを目指して旅立つ。はたしてそこでふたりを待ち受けているものとは…!?

WEST END 3

(172ページ)
連れ去られたトナミを追うキリの前に現れたのは、「城」でデミウルを教育していた“先生”だった。トナミを城へ連れ戻そうとする「城」の命を受けた“先生”の前に立ちはだかるキリ! しかしその戦いの結末はキリとトナミの予想もしないものだった! つけねらう「城」の影、そして西の果てにいるという「死を視る男」、隠された世界の秘密はかたくなに扉を閉ざす。

WEST END 4

(187ページ)
連れ去られたトナミを追うキリの前に現れたのは、「城」でデミウルを教育していた“先生”だった。トナミを城へ連れ戻そうとする「城」の命を受けた“先生”の前に立ちはだかるキリ! しかしその戦いの結末はキリとトナミの予想もしないものだった! つけねらう「城」の影、そして西の果てにいるという「死を視る男」、隠された世界の秘密はかたくなに扉を閉ざす。

WEST END 5

(178ページ)
「城」が護り、造ろうとしているこの世界。そのすべてを視ることができる…。ハーヴェイから聞いた「死を視る男」ミトウの言葉に憤りを抑えられないキリ。一方、トナミは薬の摂取が不可欠なデミウルでありながら、薬が無くても生きられる体になっていた。それを知った「城」は「正しいデミウルが生まれた」と、ツヴァイにトナミを「城」へ連れて帰るように命をくだすが…!?

WEST END 6

(182ページ)
「城」が護り、造ろうとしているこの世界。そのすべてを視ることができる…。ハーヴェイから聞いた「死を視る男」ミトウの言葉に憤りを抑えられないキリ。一方、トナミは薬の摂取が不可欠なデミウルでありながら、薬が無くても生きられる体になっていた。それを知った「城」は「正しいデミウルが生まれた」と、ツヴァイにトナミを「城」へ連れて帰るように命をくだすが…!?

WEST END 7

(172ページ)
トナミが連れさらわれ、重傷を負ったキリとツヴァイの前に現れたのは、ミトウだった! 「城」は世界を守り、正しく導くために造られた前時代の遺産だとミトウは言う。そして西の果て、終焉の地でキリに告げるのだった。「トナミのために死ぬ」と…! キリ、トナミそしてツヴァイの3人は、世界を自らの手で切り開くためにミトウと対決する!

WEST END 8

(189ページ)
トナミが連れさらわれ、重傷を負ったキリとツヴァイの前に現れたのは、ミトウだった! 「城」は世界を守り、正しく導くために造られた前時代の遺産だとミトウは言う。そして西の果て、終焉の地でキリに告げるのだった。「トナミのために死ぬ」と…! キリ、トナミそしてツヴァイの3人は、世界を自らの手で切り開くためにミトウと対決する!




書籍情報(BL(ボーイズラブ))

著者: 葵二葉/紅三葉

カテゴリ:BL(ボーイズラブ)

連載雑誌:花恋

出版社:日本文芸社

最新巻発売日: 2015年10月23日

荒れ果てた世界の中で、人々の欲望のはけ口として劣悪な扱いを受ける人造人間“デミウル”。高級品と呼ばれる“城デミ”のトナミは、キリと出会うことで生きる価値を見いだそうとする。キリを慕い、キリのために生きる決意をしたトナミは、ともに終焉の地、西の果てを目指して旅立つ。はたしてそこでふたりを待ち受けているものとは…!?


star star star star star_border (4.3 / 6件)
star star star star star_border

トナミもかわいいしストリート性が高く面白いのですが、終わりかたは良く分からない。想像しましょうて感じかな....?

2017年10月03日
star star star star star_border

もう10年以上前に2巻くらいまで読んだことがあったのですが、こんな壮大な話だったとは。
長い話の最後にこれは、夢オチ並に虚無感が湧いてきました。

2017年09月30日

≫ 同じ出版社(日本文芸社)の作品

≫ 同じカテゴリ(BL(ボーイズラブ))の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す