タグ: 20巻以上 青年漫画 10巻以上 スポーツ 野球

クロカン 1

(242ページ)
「ドラゴン桜」でおなじみの三田紀房が描き上げた、高校野球を舞台に型破りな野球部監督が活躍する熱血スポーツコミック! 桐野高校野球部監督・黒木竜次(くろき・りゅうじ)、通称クロカン。低迷していた桐野高校野球部を、県内の強豪に育て上げたクロカンだったが、その評判は悪く、後援会からは監督更迭の声も上がっていた。そんな中、クロカンはエース投手・正宮(まさみや)をショートにし、控えの石光(いしみつ)をピッチャーにするのだが……!? 「これからたっぷり見せてやるぜ。“クロカン野球”ってやつを……」――。

クロカン 2

(244ページ)
秋季大会準決勝、桐野高校野球部は、強豪・信明学園にサヨナラ負けを喫してしまう。この大会の優勝に監督解任を賭けていたクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)だったが、彼を慕う野球部員達の直訴によって続投を認められる。夏の大会で快進撃を続ける桐野高校、悲願の甲子園初出場なるか!? そしてクロカンを待ち受ける意外な運命とは……!? 「勝つってことはな、与えられるもんじゃねえ。手汚して血みどろになって、つかみとるもんだ」――。

クロカン 3

(254ページ)
桐野高校野球部を甲子園へと導いたクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)だったが、後援会との衝突によって野球部を去っていく。そして弱小校である鷲ノ森高校野球部の監督に就任したクロカンは、野球部員から金を取って猛特訓を始めるが、そのレベルの低さに失望してしまう。そんな中、県大会で鷲ノ森高校の対戦相手になったのは、なんと桐野高校! 因縁の対決となるクロカンは……!? 「桐野なんざ屁でもねえ! 叩き潰してやれっ!」――。

クロカン 4

(238ページ)
桐野高校との対戦で一皮むけた鷲ノ森高校野球部。そこで頭角を現した野球部員・坂本(さかもと)に目をつけたクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)。貧乏な家のためにバイトをしていて練習時間がとれない坂本を、クロカンは高校プロ野球選手第1号として金を払って雇うことにする。その事実を知った新聞記者・小清水(こしみず)に脅されるクロカンだったが……!? 「いいか、ガキども…、大人になりたかったら、金払え」――。

クロカン 5

(250ページ)
甲子園準優勝校である京陽高校と、練習試合をすることになった鷲ノ森高校野球部。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、超高校級ピッチャー・坂本(さかもと)を投入して好勝負をする。京陽のピッチャー・細腰(ほそごし)も変化球を駆使して好投を続け、雨の中で繰り広げられた試合は伝説のゲームになる。しかし試合終了後に細腰が告げた意外な一言とは……!? そして鷲ノ森高校野球部に襲いかかるアクシデントとは……!? 「自分が本当にしたいことはなにか、わかった時、ためらうな…、動け!」――。

クロカン 6

(234ページ)
エース・坂本(さかもと)の存在に劣等感を抱く小笠原(おがさわら)たちが出て行ってしまい、鷲ノ森高校野球部は分裂してしまう。そしてギリギリの人数で信明学園と対戦することになった鷺ノ森高校だが、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)の英断が勝利を導く。一方、その試合をテレビで見ていた小笠原たちは、野球がやりたい気持ちに苦悩していた。そんな中、主力選手・備前(びぜん)が負傷して……!? 「誰の力も借りずに、自分一人で乗り越えるしかないんだ…」――。

クロカン 7

(252ページ)
合わないスパイクを履いて調子を崩してしまったエース・坂本(さかもと)と、その坂本をベンチに戻したクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)。強敵・常洋大鴨原に対して、坂本なしで勝利することができるのか!? 選手に檄を飛ばすクロカンは、その能力を最大限に引き出そうとする。今、まさに奇跡は起きようとしていた…。「いいかガキども! ツキっちゅうもんは、待ってるもんじゃねえ! てめえで呼び込むもんだ!」――。

クロカン 8

(256ページ)
決勝戦へと進んだ鷲ノ森高校野球部だが、対戦相手である桐野高校の監督・森岡(もりおか)によってエース投手・坂本(さかもと)の欠点を見破られて、思わぬ苦戦を強いられていた。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、その欠点を突き止めて修正し、両校はまさに正念場を迎える。先取点を取るのは、甲子園に行くのは、どちらだ!? クロカン野球が真価を発揮する!! 「全員、燃える火の玉になって、体ごと桐野にぶち当たれ!」――。

クロカン 9

(258ページ)
ついに甲子園へとやってきた鷲ノ森高校野球部。しかし抽選会でキャプテン・浅井(あさい)が引いたのは、開幕式直後の第一試合であり、相手は春の選抜ベスト8の示現高校であった。初めての甲子園に緊張してしまった鷲ノ森ナインは、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)の声も届かず、早々と示現高校に先取点を奪われてしまうのだが……!? 「役者がちがう! まるで赤ん坊のような鷲ノ森では…、示現に太刀打ちできない!」――。

クロカン 10

(254ページ)
甲子園での初めての試合で、示現高校に先取点を奪われてしまった鷲ノ森高校野球部。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)はエース・坂本(さかもと)の気迫を、示現高校ナインにぶつけて平常心を崩し、逆転させて初勝利をおさめる。そしてクロカンは精気を抜き取られてしまった部員たちに、勝てば王様、負ければ奴隷となる一球勝負をさせるのだが……!? 「いいか! ガキども! 本物の集中ってのはな、集中しないところにあるんだ!」――。

クロカン 11

(260ページ)
甲子園の2回戦、細腰(ほそごし)を擁する松江緑風と対戦する鷲ノ森高校野球部だったが、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)がやらせた一球勝負に反発した駒入(こまいり)たちは、自分たちだけでゲームを進めると宣言。一方、坂本(さかもと)との対決にこだわる細腰も、チームから孤立していた。分裂していた両チーム、雨の中での死闘、勝利はどちらに……!? 「すべてが見える! そうか! これが…“集中”なんだ!」――。

クロカン 12

(250ページ)
準々決勝へと進んだ鷲ノ森高校野球部だったが、対戦相手の豊将学園からいきなり長打を打たれ、先制点を奪われてしまう。エース投手・坂本(さかもと)は連続で長打を打たれたことに自信を喪失して、それに動揺したナインも自分を見失っていた…。初回で4点差をつけられ、窮地に陥った鷲ノ森高校に、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は勝機を見出すことができるのか……!? 「勝利を呼ぶ希望の風が…! 遂に来たっ!」――。

クロカン 13

(250ページ)
いよいよ佳境を迎えた、鷲ノ森高校対豊将学園。序盤に6点差をつけられた鷲ノ森高校だったが、坂本(さかもと)との対決で冷静さを欠いた豊将学園の投手・与儀(よぎ)から4点を取り返す。しかし2点差となった豊将学園は王者の気迫を出してきて、それを感じ取ったクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は……!? 鷲ノ森VS豊将、ついに完全決着!! 「風を起こすんだ! もう一度、この甲子園に吹き荒れる奇跡の風を!」――。

クロカン 14

(248ページ)
勝ち進んだ準決勝、鷲ノ森高校対京陽高校。細腰(ほそごし)を上回る実力を持つといわれる京陽の投手・池末(いけすえ)の投球に、疑問を持つクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)。しかしそれは絶好の場面で坂本(さかもと)と対決するためだと知って、その実力を認める。そしてゲームの流れが予測できない中、クロカンは京陽の監督・岡添(おかぞえ)が言っていた、本当の敵は京陽じゃないという言葉を思い出し……!? 「甲子園が生きている!」――。

クロカン 15

(244ページ)
準決勝7回表、坂本(さかもと)のホームランによって京陽高校から1点リードした鷲ノ森高校。そのまま9回裏、最後の守備をする鷲ノ森ナインだったが、京陽の4番打者・熊井(くまい)の打球がセカンド・小笠原(おがさわら)の顔に当たってしまう。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、負傷した小笠原に代わって、1年生の備前(びぜん)を出すのだが……!? そこには驚愕の結末が待ち受けていた。「征服しろ! 甲子園を!」――。

クロカン 16

(246ページ)
甲子園を準決勝敗退した鷲ノ森高校野球部。坂本(さかもと)たち3年生が抜けた後のチーム作りを考えていたクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)だったが、鷲ノ森高校が廃校になることを知らされる。一方、相撲道場で雨宿りしていた大竹(おおたけ)は、相撲部員・田代(たしろ)と対決することに。そこで立ち会ったクロカンと坂本(さかもと)の気迫に、田代は……!? そして鷲ノ森高校に大事件が!! 「逆境に強い! これが鷲ノ森だっ!」――。

クロカン 17

(238ページ)
鷲ノ森高校が廃校になり、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)の元には全国の強豪校から監督勧誘があり、岡添(おかぞえ)からも京陽高校の監督にならないかと誘われていた。そしてクロカンは野球部員の前で京陽に行くと宣言して、野球部は解散することになる。その後クロカンは最後の紅白戦を提案して、田代(たしろ)の特訓をするのだが……!? 「ただ…、目の前のでっかい山を、素手と裸足で登りたくなったんです」――。

クロカン 18

(228ページ)
鷲ノ森高校廃校まであと2年、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は総勢16人の野球部を、全員攻撃、全員守備、全員で点を取る全員野球をする新生チームに作り上げていた。そして夏の大会へと臨み、ベスト8まで進出するのだが戦力不足により敗退してしまう。その後、3年生の山内(やまうち)たちが引退し、クロカンは備前(びぜん)をキャプテンにする。一方、桐野高校は新監督に高塚(たかつか)が就任して……!? 「苦しい時は、バカになれっ!」――。

クロカン 19

(228ページ)
13人だけになった鷲ノ森高校野球部は、秋の県大会で新監督・高塚(たかつか)が率いる桐野高校と対決する。鷲ノ森最後のチームとして注目され、プレッシャーがかかり本来の実力が出せない鷲ノ森ナインはコールド負け寸前に。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、備前(びぜん)と田代(たしろ)を追い詰めることで、チームの勢いを取り戻す。今、鷲ノ森の逆襲が始まった! クロカンVS高塚、勝つのはどちらだ!? 「これが…、新生鷲ノ森の戦い方!」――。

クロカン 20

(228ページ)
関東大会でベスト4に進出し、春のセンバツ出場を決めた鷲ノ森高校野球部。鷲ノ森最後のチームとして、マスコミの取材が殺到して困惑する野球部部長・平泉(ひらいずみ)。その頃、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、鷲ノ森村長から消滅する鷲ノ森村の名を歴史に刻むために、甲子園での優勝を懇願されていた。その願いを叶えるかわりに、150キロの速球を出す打撃マシン5台を要求するクロカンの思惑とは……!? 「きやがったな…。最も厄介で手強い敵がっ!」――。

クロカン 21

(228ページ)
ついに開幕した春のセンバツで、再び甲子園にやってきた鷲ノ森高校野球部。1回戦で岡山光輪を相手に猛打を爆発し、鷲ノ森は圧倒的勝利をおさめる。しかし野球部部長・平泉(ひらいずみ)は、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)の曇った表情が気にかかっていた。準々決勝まで順調に勝ち進んだ鷲ノ森高校だったが、クロカンは今度の宇部電波との試合は一筋縄ではいかないことを感じ取っていた…。「ビクともしねえ!」――。

クロカン 22

(228ページ)
春のセンバツ、準々決勝で宇部電波から2点リードで8回裏まで進んだ鷲ノ森高校野球部だったが、宇部電波の反撃でノーアウトフルベースのピンチに陥ってしまう。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、選手達がこの危機を乗り越えることを信じ切っていた。しかしサード大竹(おおたけ)のミスから、鷲ノ森ナインに異変が襲いかかってきて……!? 春のセンバツの結末は……!? 「こんなところで沈んでたまるか! 行くんだ前へ! 渡り切るんだ!」――。

クロカン 23

(228ページ)
夏の準決勝で、桐野高校を破った鮎登川高校と対戦することになった鷲ノ森高校野球部。“坂本二世”と呼ばれる鮎登川のエース・大河原(おおがわら)の投球に、すっかり圧倒されてしまう鷲ノ森ナイン。7回裏で鮎登川に先制され、9回表ツーアウトまで追い詰められた鷲ノ森高校だが、クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は代打に、気分屋の久賀(くが)を送り出す。クロカンの狙いとは……!? 「坂本二世なんて存在するはずがない!」――。

クロカン 24

(228ページ)
常洋大鴨原との試合でリードされてしまった鷲ノ森高校野球部。自分のオーダーミスを棚に上げて、選手達を責めるクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)。選手達は反発し、野球部部長・平泉(ひらいずみ)は自分が指揮をとると宣言してしまう。甲子園がかかった決勝戦で、クロカンなしで勝つことができるのか!? そしてチームが分裂して自滅する危機を救ったのは、キャプテン・備前(びぜん)であった。「俺は諦めない! 絶対に負けない!」――。

クロカン 25

(228ページ)
鷲ノ森高校野球部にとって最後となる甲子園。その1回戦で激突するのは、春のセンバツ優勝校を破ったセント・ジョーンズ学院。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、先発でキャプテン・備前(びぜん)に投げさせるが、脅威の外国人パワーに先制点を奪われてしまう。しかしクロカンは、セント・ジョーンズの投手・バークレーの投球数に勝機を見出していた…。「おめえらと俺達じゃな…、くぐり抜けてきた修羅場の数が違うんだよ!」――。

クロカン 26

(228ページ)
甲子園準々決勝、聖峰学院対鷲ノ森高校。高校時代にバッテリーを組んでいた森岡(もりおか)と、因縁の監督対決をするクロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)。体調がすぐれないキャプテン・備前(びぜん)を交替させたクロカンだったが、その直後に聖峰学院に先制点を取られてしまう。すべての運が森岡へと降りそそいでいるのか!? 鷲ノ森の最後のバッター・桜木(さくらぎ)が空振り三振で試合終了…と思われたのだが……!? 「こっちは地獄を彷徨い続けてきたんだ」――。

クロカン 27

(228ページ)
いよいよ甲子園決勝、岡添(おかぞえ)監督が率いる京陽森岡と対決する鷲ノ森高校。京陽森岡のエース・江崎(えざき)に、ペースを崩されて苦戦を強いられる鷲ノ森は、サヨナラ勝ちされそうになるが1ミリの攻防でピンチを脱する。クロカンこと黒木竜次(くろき・りゅうじ)は、キャプテン・備前(びぜん)にすべてを託して……!? 優勝するのはどちらだ!? 「こっからは頭 空っぽ…、バカでいこうぜ…」――。血と汗と涙のクロカン野球、感動の完結!!



書籍情報(青年漫画)

著者: 三田紀房

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:漫画ゴラク

出版社:日本文芸社

最新巻発売日: 2015年10月23日

「ドラゴン桜」でおなじみの三田紀房が描き上げた、高校野球を舞台に型破りな野球部監督が活躍する熱血スポーツコミック! 桐野高校野球部監督・黒木竜次(くろき・りゅうじ)、通称クロカン。低迷していた桐野高校野球部を、県内の強豪に育て上げたクロカンだったが、その評判は悪く、後援会からは監督更迭の声も上がっていた。そんな中、クロカンはエース投手・正宮(まさみや)をショートにし、控えの石光(いしみつ)をピッチャーにするのだが……!? 「これからたっぷり見せてやるぜ。“クロカン野球”ってやつを……」――。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(日本文芸社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す