タグ: 恋愛 女性漫画


夏の前日(1)

(188ページ)
甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。

夏の前日(2)

(198ページ)
ふたりだけの空間、ふたりだけの時間。自由だが自由に描けない美大生・青木哲生(あおき・てつお)。本気だが本気にさせない和服の美女・藍沢晶(あいざわ・あきら)。言葉も、身体も、心も、すべてが心地いい二人の関係。そんなふたりに気になる女性が現れた――。

夏の前日(3)

(194ページ)
絵を描こうと思う。いや、絵が描きたい。――自分が何をしたいのか分からなくなり、画が描けなくなっていた美大生・青木哲生(あおき・てつお)。美大予備校の講師バイトをしたことで、夢中で絵を描く学生にふれ、再び絵に向かう。ヒントは「はなみ」。彼女を見ていると、良い絵が描けそうな気がする――。

夏の前日(4)

(202ページ)
それは、ある日突然だった。 「はなみ」が、森の彼女、小早川華海として現れた。戸惑う哲生の心の壁を、あっけなく越えてくる。 晶がしてくれたように、晶にやさしくしたい、晶のことだけを考えていたい、はずなのに――。

夏の前日(5)

(246ページ)
華海(はなみ)は簡単に涙をながし、「哲生(てつお)君が彼氏だったらよかった」と哲生に言った。 晶(あきら)は決して泣くことはなく、「じゃあ、またね」いつもそう言って、哲生を見送った。 孤独に満ちた哲生を愛した晶と、そのやさしさに応えたかった哲生。それは永遠の片思いのような恋――。ふたりの長い夏の前日、終幕――。



書籍情報(女性漫画)

著者: 吉田基已

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:good!アフタヌーン

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月24日

甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。


≫ 同じ著者の作品
おためし官能先生 #0~#2特別3話パック
蟲師 外譚集
新装版 恋風
水の色 銀の月

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品
女たちのサスペンス
ダブルベッド
シタインデスケド。
カラダ遊び~行為はすべて撮られてる~
君がウソをついた
ピンクの契約書♂にサインします!
はした金で売られた女~蕾の頃~
ごはんのおとも
まんがグリム童話 陰陽師・安倍晴明伝
翔べない翼
サチのお寺ごはん
発恋にキス

≫ 同じ出版社(講談社)の作品
さんかれあ
もんもんモノノ怪
いけない!ルナ先生
カメレオン
ママはキャバ嬢!
穴殺人
ぜったいドキドキする本当にあったナイショの恋とH
ミュージアム
金色のガッシュ!!
クダンノゴトシ
ハレ婚。
もっと、××ください。

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す