タグ: 青年漫画 戦争

永遠の0 1巻

(208ページ)
司法浪人生、とはいうものの実質的にはニートの佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の補助という“アルバイト”の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べることになる。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための旅は驚きと感動に満ちたものだった――。

永遠の0 2巻

(200ページ)
佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための驚きと感動に満ちた旅――。この巻では真珠湾開戦の快進撃から一転ミッドウェーでの悲惨な敗走が語られる。漫画ならではの迫力、小説版とは違う演出、展開に注目!

永遠の0 3巻

(198ページ)
佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための驚きと感動に満ちた旅――。この巻で、宮部らは「搭乗員の墓場」として知られるガダルカナルでの限界を超えた戦いへと赴く。

永遠の0 4巻

(198ページ)
佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための驚きと感動に満ちた旅――。この巻では、健太郎にとって大きなテーマ「特攻とはテロなのか」について深く考察、ある答えを見い出す。

永遠の0 5巻

(258ページ)
佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べていた。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための驚きと感動に満ちた旅――。たどった糸の先にあったのは健太郎にとって意外すぎる事実だった。感涙必至の最終巻。



書籍情報(青年漫画)

著者: 須本壮一 百田尚樹

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:漫画アクション

出版社:双葉社

最新巻発売日: 2015年10月2日

司法浪人生、とはいうものの実質的にはニートの佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の補助という“アルバイト”の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べることになる。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための旅は驚きと感動に満ちたものだった――。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(双葉社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す