タグ: ファンタジー メディア化 10巻以上 女性漫画

LOVELESS: 1

(196ページ)
青柳立夏の前に現れたのは、死んだ兄・清明の友人で草灯と名乗る男。草灯は言う。「オレはビラブドの戦闘機」そして、立夏は兄の遺言を知る。

LOVELESS: 2

(194ページ)
「言葉(スペル)による戦闘を宣言します」小学6年生の青柳立夏は、2年前に兄・清明を殺され、唯一の理解者を失ってしまう。そこに、かつて清明を主人(サクリファイス)として戦っていた「戦闘機」だという我妻草灯があらわれる。清明が「ななつの月」という組織に殺されたことを知った立夏は、草灯とともに戦いに挑み、兄の死の真相に迫っていく。

LOVELESS: 3

(195ページ)
「言葉(スペル)による戦闘を宣言します」小学6年生の青柳立夏は、2年前に兄・清明を殺され、唯一の理解者を失ってしまう。そこに、かつて清明を主人(サクリファイス)として戦っていた「戦闘機」だという我妻草灯があらわれる。清明が「ななつの月」という組織に殺されたことを知った立夏は、草灯とともに戦いに挑み、兄の死の真相に迫っていく。

LOVELESS: 4

(196ページ)
「言葉(スペル)による戦闘を宣言します」小学6年生の青柳立夏は、2年前に兄・清明を殺され、唯一の理解者を失ってしまう。そこに、かつて清明を主人(サクリファイス)として戦っていた「戦闘機」だという我妻草灯があらわれる。清明が「ななつの月」という組織に殺されたことを知った立夏は、草灯とともに戦いに挑み、兄の死の真相に迫っていく。

LOVELESS: 5

(194ページ)
愛も、憎しみも、その強さを試される―― 立夏と草灯の前に、謎はさらに深まり立ちふさがる。

LOVELESS: 6

(194ページ)
真実への道行きはあまりに儚く――。草灯と立夏は、ななつの月と対峙することを決意する。二人が辿り着く場所に真実はあるのか…?

LOVELESS: 7

(192ページ)
ななつの月、清明、戦闘機とサクリファイス――。すべての謎の答えを求め、戦闘機の学校である七声学園へと赴く立夏と草灯。

LOVELESS: 8

(178ページ)
清明は生きていた…!――その思いを胸に、清明と対峙する立夏。今、二人の絆が試される。

LOVELESS: 9

(180ページ)
突然立夏の前に姿をあらわした清明。清明への繋がりを断つまいと、清明の戦闘機である二世を捉える立夏と草灯。しばしの後、二世とキオを交換しようという提案が清明からなされる。清明の手に落ちたキオ――……選ぶ余地もなく、二人はキオを救うべく清明の下へと向かう…!!

LOVELESS: 10

(178ページ)
立夏の前に現れた、月のない日は絶対に負けない『moonless』のみかどと時野。ななつの月の中でもっとも清明と親しかったというみかどが立夏に明かす、清明を憎む“理由”とは…?

LOVELESS: 11

(178ページ)
草灯に誘われ、我妻家の墓地を訪れた立夏。草灯の過去を知り、絆を深めた二人だったが、その場に清明が現われて――?

LOVELESS: 12

(178ページ)
草灯の過去を知り、草灯と向き合う決心をする立夏。しかし、そんな二人の前に清明が現れ、草灯を迎えにきたと告げる。その命令に逆らえない草灯は、引きとめる立夏を置いて清明と共に行ってしまい――。

LOVELESS: 13

(162ページ)
清明に強い恨みを持っているMOONLESSのみかどと時野。月のない日に負けることはない二人は雨の日の夜、清明と草灯に勝負を挑み、二組の戦闘が開始される――。一方、帰ってきた奈津生の話から、渚の知られざる過去が明らかになり――!? 大きく動き出す物語から目が離せない第13巻!!



書籍情報(女性漫画)

著者: 高河ゆん

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:Comic ZERO-SUM

出版社:一迅社

最新巻発売日: 2017年7月25日

青柳立夏の前に現れたのは、死んだ兄・清明の友人で草灯と名乗る男。草灯は言う。「オレはビラブドの戦闘機」そして、立夏は兄の遺言を知る。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(一迅社)の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す