タグ: 青年漫画 グルメ

う(1)

(210ページ)
その香りは媚薬、その味は口福。読むと食べたくなるうなぎ漫画、開店! ――『酒のほそ道』のラズウェル細木が挑む、人類初のオンリーうなぎ(食うだけ)漫画!! この“う”話は、呉服屋の若旦那・藤岡椒太郎(ふじおか・しょうたろう)がうなぎをおいしく食べつづけるだけの漫画です。連載開始時より読者の方・漫画家・書店員さん・うなぎ業界等各方面から正気かよ!? とツッコまれてますが本当にそれだけのお話なんです。

う(2)

(162ページ)
『酒のほそ道』のラズウェル細木、まさかの、うなぎだけで第2巻!! 「うなぎネタでどこまでつづける気!?」「うなぎ食べたくなったぞチクショー!」(読者のお便りから)――繰り返しで恐縮ですが、このう話は、う道楽家・藤岡椒太郎(ふじおか・しょうたろう:呉服屋の若旦那)が、ただただ、うなぎをおいしく食べつづけるだけの「鰻画(マンガ)」です。ちなみに2巻完結ではございません!

う(3)

(162ページ)
いいかげんに…しません。『酒のほそ道』のラズウェル細木、うなぎ(食う)だけで3冊目!! 名古屋で暴かれるひつまぶしの真実! ――この“う”話は……1・2巻と一緒です。どこを読んでも「うなぎ」だけですので、この巻からでもまったく問題ございません。そして3巻完結でもございません。【第3巻のお品書き】うな串、マトロート、お新香、香港鰻、タレご飯、ひつまぶし、八幡巻き、じゅんじゅん等々。

う(4)

(170ページ)
このう話は、連載前には1巻完結予定でスタートしたオンリーうなぎ(食うだけ)漫画です。椒太郎(しょうたろう)が毎週ただただうなぎを食べつづけ2年超、4巻にて閉幕とさせていただきます。“うなぎっ食いの未来に幸あれ! ゴッド・ブレス・ウー∈(゚◎゚)∋” 【第4巻のお品書き】うなぎパイ、いかだ、うな串、パリうなぎ、法事、丑の日、四万十うな紀行等々…



書籍情報(青年漫画)

著者: ラズウェル細木

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月23日

その香りは媚薬、その味は口福。読むと食べたくなるうなぎ漫画、開店! ――『酒のほそ道』のラズウェル細木が挑む、人類初のオンリーうなぎ(食うだけ)漫画!! この“う”話は、呉服屋の若旦那・藤岡椒太郎(ふじおか・しょうたろう)がうなぎをおいしく食べつづけるだけの漫画です。連載開始時より読者の方・漫画家・書店員さん・うなぎ業界等各方面から正気かよ!? とツッコまれてますが本当にそれだけのお話なんです。


star star star star star_border (4.0 / 1件)
star star star star star_border

「う」はうなぎのう
ラズウェル細木の「う」はうなぎだけにテーマをしぼったグルメマンガです。
主人公は呉服屋の若旦那というボンボンキャラで、無類のうなぎ好き、毎回毎回おいしいうなぎを食べまくります。これを読むと必ずうなぎが食べたくなります。

2016年12月16日

≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す