タグ: 女性漫画 ドラマ


Under the Rose (1) 冬の物語

(218ページ)
19世紀英国。没落貴族である侯爵家の娘・グレースは愛人のロウランド伯爵宅で謎の死を遂げた。彼女の息子ライナスとロレンスは実父のロウランド伯爵に引き取られるが、ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった--。

Under the Rose (2) 春の賛歌

(212ページ)
19世紀後期の英国。アーサー・ロウランド伯爵は、子供たちのために新しい家庭教師を迎え入れた。レイチェル・ブレナン。清らかで美しいその女性を見た子供たちは、何故か彼女と打ち解けようとせず冷たい態度をとる。戸惑いながらも真摯に彼等に向き合おうとするレイチェル。その姿を、ロウランド家の次男・ウィリアムがひとり冷たい視線で見つめていた--。

Under the Rose (3) 春の賛歌

(260ページ)
19世紀英国、ヴィクトリア女王の時代。ロウランド伯爵家の子供たちの家庭教師に迎えられた牧師の娘・レイチェル。彼女を待ち受けていたのは、貴族の館での苦悩の日々だった。雇い主であるアーサー・ロウランド伯爵の愛人関係、次々に女中と関係する長男からの誘惑…。しかし、そんな試練もすべて神が自らに与えたものと受け止めたレイチェルは館の古い価値観に立ち向かい、しだいに教え子たちの心を開いていく。ただ一人の心を除いては--。

Under the Rose (4) 春の賛歌

(204ページ)
19世紀英国。貴族が貴族たりえた最後の時代。ロウランド伯爵家の貞潔な家庭教師レイチェル。彼女は、次男・ウィリアムの纏う暗く冷たい闇に絡めとられ、諍うかいもなく幾度も幾度も辱められる。背徳の罪に絶望し、闇から逃れるためにさらに深い暗黒の淵に没しようとするレイチェル。だが、彼女は知る。ロウランド家の闇は、ひとりウィリアムのみが纏うものではないということを--。

Under the Rose (5) 春の賛歌

(212ページ)
19世紀後期の英国。長期滞在の賓客を迎え賑わうロウランド伯爵家。臥せる女主人に代わって賓客をもてなす美しき家庭教師レイチェル。彼女の手によって、光あふれる庭には、さんざめく人々の集いと子供たちの笑い声が満ちる。それは、ウィリアムに忍従するしかなかった彼女を解き放っていく。幸福な情景にレイチェルは、雪間に萌す若芽のごとき微笑を浮かべるのであった。

Under the Rose (6) 春の賛歌

(212ページ)
19世紀後期の英国。家庭教師レイチェルの発案による宴は、ロウランド伯爵家に、蜜のような懐かしくも甘い記憶を蘇らせた。やがて、宴は幕を閉じ、賓客は去りゆく。屋敷に訪れるのは、いつもと変わらぬ日常の筈であった。だが、投ぜられた一石は、波紋となって広がる。深窓に隠る女主人アンナの元までも……。

Under the Rose (7) 春の賛歌

(258ページ)
19世紀後期の英国。ロウランド伯爵の館は、重く冷たい澱の中へと沈んでゆく。焦燥、不安、倦怠、疑惑、不信、詮方ない想い、独善、憂い、そして、裏切りと怒り。“家”の深部から潰えていくかのような悪寒に、家庭教師レイチェルは大切な教え子を守るための戦いを始める。聖誕祭を希望の光として……。



書籍情報(女性漫画)

著者: 船戸明里

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:スピカ

出版社:幻冬舎コミックス

最新巻発売日: 2015年12月4日

19世紀英国。没落貴族である侯爵家の娘・グレースは愛人のロウランド伯爵宅で謎の死を遂げた。彼女の息子ライナスとロレンスは実父のロウランド伯爵に引き取られるが、ライナスは母の死にロウランド家の人々が関わっていると疑念を抱く。真相を究明しようとするライナスの孤独な闘いが始まった--。


≫ 同じ著者の作品
LUNAR ヴェーン飛空船物語
Honey Rose 【合本版】
若草一家でいこう
星の砂漠
Honey Rose

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品
本当に怖いご近所~盗む男~
年上のヒト。
ピンクの契約書♂にサインします!
愛人たち
息子が心配で、夜も眠れない
台湾が好きすぎて、家借りちゃいました。
コキュートスは嗤う
獅子の如く
さよならセプテンバー
我輩は猫であった
おやじの夏
Let's Go! Kawanakajima

≫ 同じ出版社(幻冬舎コミックス)の作品
BEAST of EAST
ともだちごっこ 【分冊版】
ご飯つくりすぎ子と完食系男子
ムジカ
恋するイナズマ
星屑と初恋
知らない顔
888 スリーエイト
ご飯つくりすぎ子と完食系男子【分冊版】
Border45cm
発情バニー
月下美人

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す