タグ: 歴史 10巻以上 青年漫画

三国志 1

(260ページ)
後漢末の中国、朝廷は修復不可能なほど腐敗していた。宦官や外戚による収賄政治がまかり通り、各地で農民による反乱が起こる。ついに太平道の張角らが信徒を煽動し大規模な一揆を起こす。黄巾の乱である。ここに乱世の幕が開く。性は劉、名は備、字は玄徳。劉備は関羽、張飛と兄弟の契りを交わし、共に群雄が割拠する覇道への一歩を踏み出した。

三国志 2

(262ページ)
曹操は出世など望んではいなかった。天下に号令することだけを目指していた。劉備とその両腕のような関羽と張飛が欲しい、と思った。彼らがいれば天下が近づく。しかし、彼らは独立不羈の志を身体の芯に隠し持っていた。一方、揚州呉郡から孫堅が義勇兵を率い、乱世に馳せ参じた。自ら先頭を駆ける。大将が勇敢であれば兵も勇敢になる。それが孫堅の考えであった。またひとり戦乱の世に覇道を歩み出した。

三国志 3

(262ページ)
董卓は少帝を廃し、陳留王・協を第14代皇帝とし、自ら相国の地位につき、漢王朝の支配権を手に入れた。暴政暴虐の限りを尽す董卓についに反旗を翻す反董卓軍が結成される。曹操、袁紹、袁術、孫堅を中心にシ水関に集結。決戦の時が迫る。その時、防壁の中から怒濤の勢いで騎馬隊が突出してきた。凄まじい速さで疾駆し、獰猛な猟犬のような機敏な動きをする、恐るべき戦闘集団。その先頭を駆ける者は鎧から具足まで全て黒で統一され、首に赤い布を巻いていた。関羽、張飛との戦いにも一歩もひけをとらず、全身血で染めたような赤い駿馬赤兎を駆る男。その名は呂布。三国時代随一の猛将の登場であった。

三国志 4

(260ページ)
少帝を廃し、陳留王・協を第14代皇帝とし、自ら相国の地位についた董卓は後漢王朝の独裁者となり、残虐非道の限りを尽す。洛陽を出奔した曹操は打倒董卓の檄文を各地に送る。ついに反董卓連合軍が結成され、シ水関で激突する。しかし、先鋒の孫堅軍に、劉備軍以外は誰も援軍を送ろうとはしなかった。連合軍は必ずしも一枚岩ではなかった。自分たちだけは傷つくまいとしていた。それぞれが思惑を秘め、虎視眈々と天下を窺っていたのだ。戦いは董卓軍が押され気味になり、撤退。ところが、都の洛陽ではなく、長安に向かった。その折、洛陽を焼き尽くし、住民たちにも長安への移住を強制する。長安への遷都だった。この董卓軍に追撃したのはただ一軍。曹操軍だった。

三国志 5

(262ページ)
洛陽は焦土と化し、都は百万の民とともに長安に移された。董卓の強引な遷都だった。後漢王朝の実質独裁者になった董卓の暴虐ぶりはさらに激しさを増す。誰もその蛮行を抑えることができない。しかし、董卓は大きな過ちを犯した。呂布の琴線にあまりにも無神経だった。さらに、王允の謀略も進む。ついに呂布は方天戟を手に宮中に駆けた!!目指すは董卓の首。三国志が大きく動き出した!!

三国志 6

(256ページ)
わずか三万で百万の黄巾軍にたちむかうと聞いて、その勝ちを予測するものは誰もいなかった。しかし、曹操はやってのけた。飛躍するための闘いに勝ったのだ。戦後、黄巾軍に侵攻を許し、降兵から精鋭五万を麾下に加えた。一躍天下に覇を唱える一角になった。 一方、袁紹と袁術は仲違いをしていた。袁紹は曹操に袁術を攻めるよう要請。頭角を現してきた曹操と袁術に潰し合いをさせようとする姑息な策だった。難なく勝利をおさめた曹操だが、青天霹靂の報が入って来た。曹操の父、曹嵩が徐州の陶謙の配下により殺害された。曹操は腹の底から怒りがこみ上げて来た。かつてない怒りだった!!

三国志 7

(261ページ)
曹操の父は徐州の陶謙の配下によって殺害された。これを期に曹操は一気に徐州を攻め立てる。潰走する陶謙は劉備に助勢の使者をたてた。決して好漢とは言えない将軍だがかつて劉備は恩を受けた。義には義で返すことを信条とする劉備は関羽、張飛とともに陶謙が立て籠る城に入る。闘いは曹操軍の糧秣切れで引き分けに終わった。 一方、呂布は袁紹の麾下に入っていた。しかしあまりの強さに袁紹もまた、手に余る。下野した呂布に近づいたのは陳宮だった。以前曹操の下にいた天才軍師だ。

三国志 8

(262ページ)
下ヒ城を手に入れた劉備の下に、曹操と袂を分った陳宮と呂布がやってきた。関羽と張飛の反対を押し切って、義侠の大儀のために陣営に迎え入れたが、一抹の不安が残った。なんと言っても、陳宮である。当代随一の陰謀家陳宮だ。 一方、揚州の袁術の下に身を寄せていた孫策にも機が熟していた。劉ヨウを倒すことを条件に配下とともに呉郡に帰ることを許されることになった。しかし劉ヨウ軍五千、対する孫策軍は百五十。攻めるべきは要害の地に建つ難攻不落の城。途方に暮れていた孫策の前に現れたのは周瑜だった。

三国志 9

(262ページ)
呂布と陳宮に下ヒ城を追われ曹操を頼った劉備一党。屈辱を胸に隠し、客将となる。急激に力をつけてきた呂布は曹操にとって脅威だった。曹操は二十万の兵を従え、呂布と陳宮の籠る徐州下ヒ城を攻める。先鋒は劉備と趙雲。城門を出た呂布は赤兎馬に跨がり、方天戟を構えた。広原に「呂」の旗が翻った。中原最強の呂布軍団と曹操軍が対峙した。ついに最後の闘いが始まる。

三国志 10

(261ページ)
曹操は呂布との最後の決戦に挑む。先鋒は、下ヒ城を追われ曹操を頼り、客将となっていた劉備一党。後詰めに二十万の大軍を率いる曹操。絶体絶命の呂布。赤兎馬と配下の黒武者隊は呂布が盾となり戦線を離脱する。遂に広原の怪物・呂布も囚われの身となる。曹操は問う。お前の闘い、殺戮には大儀があるのか。志があるのか。呂布は不敵に笑う。「俺が不思議だろ。心ひとつ動かさず人を殺める俺が…」




書籍情報(青年漫画)

著者: 北方謙三 大石賢一 梶川良 河承男

カテゴリ:青年漫画

出版社:竹書房

最新巻発売日: 2015年10月10日

後漢末の中国、朝廷は修復不可能なほど腐敗していた。宦官や外戚による収賄政治がまかり通り、各地で農民による反乱が起こる。ついに太平道の張角らが信徒を煽動し大規模な一揆を起こす。黄巾の乱である。ここに乱世の幕が開く。性は劉、名は備、字は玄徳。劉備は関羽、張飛と兄弟の契りを交わし、共に群雄が割拠する覇道への一歩を踏み出した。


≫ 同じ著者の作品
剣(TSURUGI)~侍ソルジャー~
永田町ワールドフェイマス
The Jr

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
僕たちがやりました
ハレ婚。
食糧人類-Starving Anonymous-
自殺島
高嶺の花
束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~
大人が処女じゃダメですか?
でぶせん
くろくろ ~Black Chronicle~
三億円事件奇譚 モンタージュ
ハナとヒナは放課後
クダンノゴトシ

≫ 同じ出版社(竹書房)の作品
エゴイストな純愛
恋する肉奴隷ちゃん
素人ヤンキー♂危機一発!!
ブラック家庭~D・V(ドメスティック・バイオレンス)―姑の論理―~
ハーフでいっとこ
タブーを犯した女たち~天の河~
女の修羅場~鬼の棲む園~
心を病んだ女たち~闇に喰われて~
傍若無人buddy
年下彼氏の恋愛管理癖
リコーダーとランドセル
ムダヅモ無き改革

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す