タブロウ・ゲート



タグ: 少女漫画 50ページ以上試し読み アクション 10巻以上


タブロウ・ゲート I

(194ページ)
孤独な少年・サツキは、偶然手に入れたタロット画集から光が飛び散るのを目撃する。その光は画集(タブレット)の住人<タブロウ>だった。画集の持ち主だと名乗る謎の少女・レディとともに、散逸した<タブロウ>を回収することになったサツキだが……!?

タブロウ・ゲート II

(194ページ)
「私の主はただ一人!」かたくなに他者を拒むタブロウ<魔術師>が、レディの心とタブレットを奪い逃走する。絶体絶命の危機にサツキが立ち上がるが……!?

タブロウ・ゲート III

(194ページ)
グランドマスターとの想い出に溺れる<魔術師(THE MAGICIAN)>をサツキが追う……!! すべてのタブロウが消滅しかける中、崩れ去る<隠者(THE HERMIT)>の世界からの脱出はなるのか!? 切なる想いが今、奇跡を呼ぶ。

タブロウ・ゲート IV

(194ページ)
<悪魔(THE DEVIL)>によって破壊された学園で、一人だけ<法王(THE HIEROPHANT)>の記憶消去から漏れた少年・翔は、奇妙な<輪>を拾うが……!? サツキと、謎の少年との出会いが翔の運命を変える。学園を舞台にした、少年たちの戦いの行方は!?

タブロウ・ゲート V

(194ページ)
祭りの縁日で迷子になったパピュは、自らを<正義(JUSTICE)><審判(JUDGEMENT)>と名乗る謎の二人組“怪盗J”と出会うが……!? 一方、謎の少年がイレイズに接触して……?

タブロウ・ゲート VI

(194ページ)
夏休みの講習中の学園。サツキたちは旧音楽堂で<白い少女>と遭遇する。容赦のない騒霊攻撃にブチ切れるレディ。「タブロウのくせに調子に乗るんじゃないわよ! ──<節制(TEMPERANCE)>!!」 はたして<彼女>の正体は!?

タブロウ・ゲート VII

(208ページ)
管理人を据えるという、創造人の言葉に憤激するアレイスターの昔日の思いとは!? そして、サツキの生い立ちがついに明らかに!!

タブロウ・ゲート VIII

(194ページ)
初恋の女性・マーガレットに焦がれ、ふさぐサツキをさらなる炎が包みこむ。その名は<力(STRENGTH)>。過去すら焼き尽くす業火の中、宿命の2人<太陽(THE SUN)>と<星(THE STAR)>が再会を果たすが…!?

タブロウ・ゲート IX

(192ページ)
“次代管理人になる”……ついに明かされた<星(THE STAR)>の目的。タブロウが人になるその恐ろしき方法に周囲はざわめきと混沌に包まれる。サツキたちは、いびつな愛情を燃やし続ける<力(STRENGTH)>に追いつめられていくが…!?

タブロウ・ゲート X

(194ページ)
<星(THE STAR)>戦の傷痕はあまりに深く、タブロウ召喚能力を一時的に喪失してしまったサツキ。そんななか、損壊した氷川邸に“怪盗J”がやってくる。うっかりレディと接触してしまった<正義(JUSTICE)><審判(JUDGEMENT)>の2人だったが…!?

タブロウ・ゲート XI

(194ページ)
はぐれタブロウ<皇帝(THE EMPEROR)>の能力によって、イギリスの祖父の屋敷に飛ばされてしまったサツキ。レディたちの元へ帰る術を持たないサツキは、孤独のなか、意外な人物と再会する。一方、朽ちていく<死神(DEATH)>を目の当たりにしたイレイズの“ある決意”とは…!?

タブロウ・ゲート XII

(194ページ)
<皇帝(THE EMPEROR)>を奪うために現れたはぐれタブロウ<塔(THE TOWER)>の稲妻が、無慈悲にサツキを貫く。彼の生死は…!? 一方、ついに明らかになるイレイズの目的と、驚くべきその正体。物語は核心へ向けて加速する!!

タブロウ・ゲート XIII

(194ページ)
<月(THE MOON)>と<死神(DEATH)>の死闘の結末に発覚した、驚くべき事実。イレイズの首にある傷が意味することとは…!? そして、ようやく合流した一行に影を落とす<女帝(THE EMPRESS)>の裏切りが呼ぶものとは…!?

タブロウ・ゲート XIV

(192ページ)
吹雪の中の声の正体は、まさかの<女教皇(THE HIGH PRIESTESS)>だった。再結集したサツキ一行に、彼女の口から語られるイレイズの真実と、タブロウ<世界(THE WORLD)>・<愚者(THE FOOL)>の謎…。 そして束の間の休息のさなか、彼らに起こる大事件とは…!?

タブロウ・ゲート XV

(194ページ)
暴走する<恋人たち(THE LOVERS)>の第3の能力“種属交換”をその身に受けたサツキと<法王(THE HIEROPHANT)>は入れ替わってしまう。意外すぎる展開の果てに、事態は収拾を迎えて……。そして狂騒の一夜が明け、サツキたちのもとに現れたのはなんと……!?

タブロウ・ゲート XVI

(194ページ)
<女帝(THE EMPRESS)>を出し抜き、<皇帝(THE EMPEROR)>を手にした<星(THE STAR)>。しかし“怪盗J”の機転で状況は逆転。さらに<太陽(THE SUN)>アレイスターまでもが現れ、<星(THE STAR)>は圧倒的不利に陥るが…!?

タブロウ・ゲート XVII

(194ページ)
イギリスでの憂いを絶ち、<運命の輪(WHEEL OF FORTUNE)>に囚われたレディを救うために日本へ向かう一行。その最中<星(THE STAR)>は、ついにその名を告げる……!! 彼の意図とは。そして盾濱でサツキたちを待つものとは!?

タブロウ・ゲート XVIII

(194ページ)
<運命の輪(WHEEL OF FORTUNE)>の能力で<星(THE STAR)>の下僕と化した<太陽(THE SUN)>が、サツキたちに牙をむく。烈しい攻撃のさなかに、タブレットも奪われた。圧倒的劣勢に立たされたサツキの選択は……!?



書籍情報(少女漫画)

著者: 鈴木理華

カテゴリ:少女漫画

連載雑誌:プリンセス

出版社:秋田書店

最新巻発売日: 2016年8月16日

孤独な少年・サツキは、偶然手に入れたタロット画集から光が飛び散るのを目撃する。その光は画集(タブレット)の住人<タブロウ>だった。画集の持ち主だと名乗る謎の少女・レディとともに、散逸した<タブロウ>を回収することになったサツキだが……!?


≫ 同じ著者の作品
プリンセス
タブロウ・ゲート 0

≫ 同じカテゴリ(少女漫画)の作品
メリクロンの涙
舞姫
レディー・アン
スポットライト
アリエスの乙女たち
SEE YOU AGAIN
浅葱色の風 沖田総司
積乱雲
青春の証言
女帝の手記
恋人はあなただけ
鶴亀ワルツ

≫ 同じ出版社(秋田書店)の作品
落日のパトス
誰かが誰かに恋してる
これだけは知っておきたい実例・婦人科と女性の病気
秘すれば
キミイロフォーカス
プライベート・ドクター
九~neuntote~
お嫁さま日記
夜の向こうがわ
六道の悪女たち
黒街
マンドラゴラ

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す