つらつらわらじ



タグ: 歴史 青年漫画

つらつらわらじ(1)

(231ページ)
時は寛政、江戸も半ばを過ぎた頃、「備前蜂」の紋を掲げた岡山藩熊田家藩主・治隆(はるたか)は、家臣と人足たち数百人を引き連れて、参勤の旅に出た。行列には、治隆を疎んじる幕府老中・松平定信(まつだいら・さだのぶ)の密偵も紛れ込む。江戸までの道のりは、その距離以上に長く、波乱で満ちていた。

つらつらわらじ(2)

(239ページ)
岡山藩熊田家藩主・治隆率いる行列は、摂津国郡山の宿「椿の本陣」に到着。家臣らの間で囁かれる、治隆御落胤疑惑の真実とは!? そして、雅な公卿のわがままに翻弄され苦悩する、和泉の運命やいかに!!

つらつらわらじ(3)

(223ページ)
岡山藩熊田(くまだ)家藩主・治隆(はるたか)率いる行列の本隊と、明朝までに合流することを命じられた新米家老の和泉(いずみ)。深夜の峠越え、思わぬ人物との出会い――そんな一夜の経験は、本人の気づかぬうちに、和泉を成長させていた。一方、幕府の密命により治隆の身辺を探る九作(きゅうさく)は、思わぬことをきっかけに、身元を怪しまれることになり!?

つらつらわらじ(4)

(219ページ)
知ってるつもりの“参勤交代”――こんなドラマがあったとは!! 岡山藩熊田(くまだ)家藩主・治隆(はるたか)率いる行列は、岡崎の宿場にて、“やっかい事”に遭遇した。その?末は、幕府老中・松平定信(まつだいら・さだのぶ)の耳にまで届いてしまう。“熊田嫌い”で有名な定信は、このトラブルをどう裁く!? 一方、この旅を最後に、藩主を隠退するつもりの治隆。その心中を、未だ察せぬ和泉(いずみ)であったが――。

つらつらわらじ(5)

(201ページ)
「思い描いていたラストシーンで、道中を終えることができました!!」――(オノ・ナツメ)これがほんとの大団円。参勤ドラマ、ついに完結!! 岡山藩熊田家藩主・治隆(はるたか)率いる行列は、相模国を進む。治隆が隠退するつもりだと知り、動揺を隠せない和泉(いずみ)。治隆の人柄を知るにつれ、己の仕事に疑問を持つ九作(きゅうさく)。そして治隆自身にも、江戸を目前にした箱根峠の下りで大事件が!?



書籍情報(青年漫画)

著者: オノ・ナツメ

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング・ツー

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月23日

時は寛政、江戸も半ばを過ぎた頃、「備前蜂」の紋を掲げた岡山藩熊田家藩主・治隆(はるたか)は、家臣と人足たち数百人を引き連れて、参勤の旅に出た。行列には、治隆を疎んじる幕府老中・松平定信(まつだいら・さだのぶ)の密偵も紛れ込む。江戸までの道のりは、その距離以上に長く、波乱で満ちていた。


star star star star star (5.0 / 1件)
star star star star star

参勤交代マンガつらつらわらじ
オノ・ナツメのつらつらわらじは岡山藩主の参勤交代をテーマにしたなんともマニアックなマンガです。
キャラクターデザインをはじめ、独特のイラスト的なタッチで描かれ、普通の時代ものとは一線を画す面白さがあります。

2016年12月16日

≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じタグ(歴史)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す