釣りキチ三平 平成版



タグ: 少年漫画 スポーツ

釣りキチ三平 平成版(1)

(227ページ)
前人未踏の秘境で、三平三平(みひら・さんぺい)、魚紳(ぎょしん)が幻の魚・キノシリマスに挑む!! そこには若き日の一平じいさんの熱い思いが隠されていた。果たして幻の魚の正体とは、なんなのか? そして、一平じいさんが残したものとは?

釣りキチ三平 平成版(2)

(236ページ)
イワナ止めの滝の先にいる、幻の巨大魚に挑むために、三平三平(みひら・さんぺい)と魚紳(ぎょしん)は、イワナ釣りの名人・丈助(じょうすけ)と共に、深山へと踏み込んだ!! そこは天狗森の隠れ簑池(みのいけ)と呼ばれるブナの原生林だった。 壮大なる源流行の果てに、三平が見たものは!?

釣りキチ三平 平成版(3)

(236ページ)
三平三平(みひら・さんぺい)が好きな鮎のシーズンが、今年もやってきた!! 「一平クラブ」主催の鮎釣り大会が一週間後にせまり、三平はユリッペに鮎釣りをトレーニングする。鮎の友釣りの極意は、“石を釣れ”!! はたしてユリッペは、鮎の友釣りをマスターすることができるのか?

釣りキチ三平 平成版(4)

(229ページ)
人造湖・赤沢堤に、正治(まさはる)と一緒に野鯉釣りに行った三平三平(みひら・さんぺい)の竿に、謎の大物がヒットする。もう一歩のところで、その大物をバラしてしまった三平が目にしたのは、背中に光るノコギリ状のウロコ! 目撃者の証言では、サメのような尾ひれがあり、とがった口にはヒゲが生えていると言う。 想像を絶する怪魚との壮絶バトルが始まった!!



書籍情報(少年漫画)

著者: 矢口高雄

カテゴリ:少年漫画

連載雑誌:週刊少年マガジン

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年4月22日

前人未踏の秘境で、三平三平(みひら・さんぺい)、魚紳(ぎょしん)が幻の魚・キノシリマスに挑む!! そこには若き日の一平じいさんの熱い思いが隠されていた。果たして幻の魚の正体とは、なんなのか? そして、一平じいさんが残したものとは?


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す