タグ: グルメ 青年漫画 10巻以上


寿司魂 1

(203ページ)
昭和39年――みゆき族が銀座を闊歩し、新幹線が開通。誰もが「恋のバカンス」を口ずさみ、強く、たくましく生きた。そんな時代の柳寿司、そんな時代の鱒之介、江戸前寿司物語。

寿司魂 2

(213ページ)
銀座の片隅、江戸前寿司に命を懸ける若者がいた。柳葉鱒之介。熱き息吹の中、時は昭和39年から昭和41年に!!

寿司魂 3

(203ページ)
昭和41年、激動の年。あまりにも突然な悲劇。深い悲しみ、そして無力感。気力をなくした鱒之介は、もう一度ツケ場に立てるのか?

寿司魂 4

(205ページ)
父の死――突然の別れ、絶望。悲しみの鱒之介に、手を差し伸べたのは、父の盟友・新見清次郎だった。父の魂を受け継ぐ為、新たな師の元へ!!

寿司魂 5

(203ページ)
昭和42年――悲しみと苦悩の時が過ぎ、再起した鱒之介に運命の出逢いが…。この年、鱒之介は愛を知る…。

寿司魂 6

(215ページ)
寿司だけを握ってきた。寿司のために命を賭けてきた。愛を掌に込めて…。そして鱒之介は愛を知る。誰よりも愛しく思える人に巡り合えた喜びの先に──柳場鱒之介、結婚!

寿司魂 7

(207ページ)
昭和四十三年──。純情男、拓が東京を去る。出会いと別れの時代、鱒之介と君江の間にも…。江戸前寿司物語。

寿司魂 8

(201ページ)
昭和四十四年――。妻・君江、長男・鱚一朗と共に至福の時代――そして、突然やって来た新弟子・直哉。遠い未来にまだ見ぬ三代目に大きな影響を与える男!

寿司魂 9

(199ページ)
『江戸前の旬』特別編の『寿司魂』第9巻は、昭和44年から45年にかけてが舞台となる。
昭和45年といえば、大阪万国博覧会が開催された年。高度経済成長まっただ中の日本の、まさに頂点の年でもあるのだ。
そんな未来への足音が聞こえる頃、恋に破れて(?)銀座を去った『寿司魂』名物男が帰ってくる!
激動の昭和史とともに歩む、大人気寿司漫画の決定版!

寿司魂 10

(189ページ)
もはや『江戸前の旬』のスピンオフというよりも、独立した昭和史漫画の感がある『寿司魂』。
時は昭和45年。長男・鱚一郎に続き、この年は次男・鮭児が誕生し、柳葉家は慶事ずくめ。
親しき人々や常連客たちに見守られて、柳葉家は平穏で順調な日々を送る。
だが、昭和45年という年は、日本全体で見れば様々な事件に溢れていた。
熱き激動の昭和史をお楽しみに。

寿司魂 11

(189ページ)
大阪万博にわいた昭和四十五年。この歓喜と勇躍の年は、三島由紀夫の自刃という衝撃の事件の余韻とともに幕を閉じる。時は流れ昭和四十七年。数多くの出来事が起こるこの年は、日本中が固唾をのんで注目した、昭和の大事件「あさま山荘事件」で幕を開ける。高度成長の波の中起きた様々な事件。激動の時代を必死に生きる鱒之介や周囲の人間の目には、果たしてどう映るか。寿司を通して昭和を見る本作も、新時代へ突入!!

寿司魂 12

(177ページ)
史上に残る大事件「あさま山荘事件」で幕が開けた、激動の昭和四十七年。二十代後半という、職人としても人間としても脂の乗り始める年齢となった銀座“柳寿司”二代目・柳葉鱒之介。沖縄返還、田中角栄総理の誕生、日中国交正常化等、国内外が大きく変化する中、鱒之介は江戸前寿司職人として、日本人として、矜持を胸に納得のいく寿司を握り続ける。様々な出来事の中で描かれる人間ドラマ、待望の最新刊。

寿司魂 13

(175ページ)
歴史的な事件や出来事が続いた激動の昭和四十七年、柳葉家も、ある騒動が起こりつつ暮れを迎える。そして時が流れ、世間が“ロッキード事件”に揺れる昭和五十一年。前年に待望の女の子、真子が生まれ、幸せに包まれている柳葉家。だが、悲劇の芽は、鱒之介の気付かぬところで既に現れていた…!!様々な物事が急激に発展してゆく昭和五十年代、生粋の江戸前寿司職人・柳葉鱒之介は、どんな寿司を握るのか?時は昭和五十一年、三代目・柳葉旬が生まれる、三年前の事である!!

寿司魂 14

(249ページ)
時はいよいよ昭和五十年代に突入し、その握りの技、姿勢に、円熟味を帯びて来た銀座柳寿司二代目・柳葉鱒之介。心臓に病を抱えながらも、そんな夫を支える、妻・君江。既に三人の子宝に恵まれ、心臓への負担を考えれば、もう子供を産むべきではないと父に言われていた君江だが、その事実を鱒之介達には隠していた。そんな中、君江のお腹に新たな生命が…。その子こそ、後に柳寿司三代目となる“特別な子”、旬であった!!旬はどのようにして産まれたのか?そしてその後に待つ過酷な運命とは?家族の物語、遂に完結!!



書籍情報(青年漫画)

著者: 九十九森 さとう輝

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:別冊漫画ゴラク

出版社:日本文芸社

最新巻発売日: 2015年10月23日

昭和39年――みゆき族が銀座を闊歩し、新幹線が開通。誰もが「恋のバカンス」を口ずさみ、強く、たくましく生きた。そんな時代の柳寿司、そんな時代の鱒之介、江戸前寿司物語。


≫ 同じ著者の作品
江戸前の旬
北の寿司姫
不可能を可能にする男の伝説 ザ・ブローカー
めっちゃキャン
江戸前の旬~旬と大吾~

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
成功 島耕作
ひょうい☆ドン
情愛 島耕作
nude~AV女優みひろ誕生物語~
若殿はつらいよ!
絶対君主症候群
おとぎのまちのれな
ハレ婚。
トコR55
彼女の感触
不可視戯トライアング
スマ倫な彼女たち

≫ 同じ出版社(日本文芸社)の作品
カタログ☆おねいさん
禁断発育期
中卒労働者から始める高校生活
SとM
初めてのあの日、ぼくらは
スンデレ!
東京シャッターガール
赤異本
切子
ギフト±
砂上を征く花
天獄の島

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す