銀牙伝説ウィード



タグ: 20巻以上 ドラマ メディア化 動物 30巻以上 10巻以上 少年漫画

銀牙伝説ウィード 1

(239ページ)
かつて人気を博した『銀牙―流れ星 銀―』の続編であり、銀(ぎん)の息子・ウィードが主人公となって活躍する、男気あふれた冒険アクション巨編! 北アルプスで野鳥を狙っていたGB(ジービー)は、突然現れた子犬に横取りされそうになる。病気の母犬のために必死な子犬に獲物を譲ってやったGBであったが、ボスのネロに命令されて行ったある場所で、その子犬と再会する。その子犬こそ、奥羽にて巨熊・赤カブトを仲間たちとともに葬った伝説の総大将・銀の息子だったのだ! GBは子犬にウィードと名前をつけて、奥羽への旅立ちを決意するのだが……!?

銀牙伝説ウィード 2

(207ページ)
まだ見ぬ父・銀(ぎん)に会うため、奥羽へと向かったウィードとGB(ジービー)。山賊犬の使いぱしりになっていたメルを、フックの加勢によって救い出したウィードたちは奥羽にたどり着く。しかし犬の楽園だったはずの奥羽では人間による野犬狩りが始まるなどの異変が起こっていた。しかも奥羽に入ったウィードたちを、総大将・銀の盟友であったベンの息子・剣(けん)が襲ってきた。そこを割って入りウィードを救い出した甲斐犬・影虎(かげとら)は、奥羽の政権転覆を狙っていた……。

銀牙伝説ウィード 3

(217ページ)
射殺された父・銀(ぎん)の死の真相を確かめるべく牙城へと向かったウィードたち。しかしそこには、人肉を喰らう異形の怪物が巣食っていた!! 犬たちの楽園を崩壊に導いたのはその怪物だったのだ。その怪物の圧倒的な強さに剣(けん)と影虎(かげとら)は谷底に落とされてしまい、人間による野犬狩りで負傷していたウィードは追い詰められる。そこへやってきたのはかつての銀の飼い主・大輔(だいすけ)。大輔に襲いかかろうとする怪物に、ウィードの熊犬の血が今、蘇る――!!

銀牙伝説ウィード 4

(203ページ)
怪物を消すことを使命とするジェロム率いる殺し屋軍団とともに、怪物との最終決戦に走り出したウィード。しかし怪物を前にして冷静さを欠いたウィードをかばって、ジェロムは怪物の牙に捕らえられてしまう。この窮地を救うべく、メルやGB(ジービー)、そして老兵スミスまでもが怪物へと向かっていく――。一方、ウィードとそっくりな犬を見て、そばに寄っていった佐助。その犬の正体は妻・桜(さくら)の捜索をする、ウィードの父であり奥羽の総大将・銀(ぎん)であった!!

銀牙伝説ウィード 5

(205ページ)
老兵スミスの壮絶なる最期に勝利を確信したウィードと若き戦士たち…。しかし闘いは終わっていなかった。再び立ち塞がる怪物に、二子峠はまたしても鮮血に染まっていく…。そんな中、ついにこれまでベールに包まれていた殺し屋軍団が動き出した。彼らは次々と捨て身の攻撃で怪物の弱点である動脈を狙い、自らの命を犠牲にして怪物にダメージを与えていく…。そしてその凄絶な攻撃の締めくくりはジェロムの一撃のはずだったのだが――!?

銀牙伝説ウィード 6

(205ページ)
絶壁から足をすべらせた怪物もろとも谷底へ落ちていったウィード、剣(けん)、影虎(かげとら)、そしてジェロム。激流に流されながらも怪物にとどめを刺すべく戦うウィードたちを、急な滝壺と先の尖った流木が待ちかまえていた。怪物との戦いの行方は――!? またウィードたちの安否は――!? 一方、南アルプスでは、大ボス・法玄(ほうげん)が天下統一の手始めに、奥羽の総大将・銀(ぎん)を包囲して襲い始めていた――!!

銀牙伝説ウィード 7

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)より放たれた赤目(あかめ)から、法玄(ほうげん)の陰謀により銀が囚われの身となったことを知らされたウィード。ウィードをはじめとする奥羽軍団は、銀を救うべく南アルプスへと向かいながらも、打倒法玄に向けて、道中出会う犬を仲間にしようと試みる。一方、飼い犬をも徴収し、強大な勢力を手中に収めた法玄は、俊足を誇るロケット三兄弟を奥羽軍団の偵察に向かわせて……!?

銀牙伝説ウィード 8

(205ページ)
父・銀を救うため、そして悪の根源である法玄(ほうげん)を倒すため、南アルプスへと向かっていたウィード率いる奥羽軍団だったが、仲間に加わった元法玄部隊のロケットから、戦況不利を打開すべく「アルプス越え」を提案される。敵を目の前にしながら、山越えという反対側に逃げるような行為に反発するウィードだが、現状では法玄に勝てないと考えて過酷なアルプス越えを決行する。しかし山の容赦ない強風に、GBとウィードは谷底に飛ばされてしまう。生存が絶望視されたウィードらを救ったのは……!?

銀牙伝説ウィード 9

(205ページ)
父・銀(ぎん)を救うため、そして悪の根源である法玄(ほうげん)を倒すため、西国に仲間を求めアルプスを越えるウィード率いる奥羽軍団。その一方で、ヒロと麗華(れいか)を逃がしたジョンは、法玄の圧倒的兵力になす術なくやられていた。プライドの高いジョンに命乞いをさせようと容赦なくいたぶる法玄。しかしジョンは最期まで、己の意思とプライドを貫き通すのであった。そして、その命もまさに尽きようとしたその時……!! 駆けつけたのはウィードであった。ジョンの最期を看取ったウィードは……!?

銀牙伝説ウィード 10

(201ページ)
父・銀(ぎん)を救うため、また悪の根源である法玄(ほうげん)を倒すため、ウィード率いる奥羽軍団は、不良の大ボス・狂四郎(きょうしろう)を仲間にするべく滋賀へと向かった。しかしそこでウィードが目にしたのは、子犬を虐待した父犬に対し、残酷なまでのリンチを行う狂四郎であった。それでも狂四郎を男と見込んだウィードは単身で説得に出向くが、狂四郎との交渉は決裂し、タイマン勝負へと発展してしまう。喧嘩慣れした狂四郎のペースに呑まれたウィードは大苦戦するのだが……!?

銀牙伝説ウィード 11

(205ページ)
ウィード率いる奥羽軍団は、囚われの父・銀(ぎん)を助け、また悪の限りを尽くす法玄(ほうげん)を倒すため、不良の大ボス・狂四郎(きょうしろう)の協力を得ようと滋賀まで来たが、交渉は決裂、ウィードと狂四郎のタイマン勝負にエスカレートしてしまう。そこへ「キラー・ファング」の異名を持つ殺し屋兄弟の強襲を受けるが、ウィードに熊犬の血が蘇り、狂四郎と力を合わせて猛反撃に出る。しかし相打ち覚悟で攻撃した狂四郎は力尽きて……!?

銀牙伝説ウィード 12

(205ページ)
ウィード率いる奥羽軍団は、囚われの父・銀(ぎん)を助け、また悪の限りを尽くす法玄(ほうげん)を倒すため、滋賀の不良たちの大ボス・狂四郎(きょうしろう)の協力をとりつけることに成功する。ウィードたちはさらに強力な味方を求めて西へ旅立ち、甲賀の忍犬と遭遇するが、忍犬の頭目・哲心(てっしん)は父の仇として奥羽軍団に恨みを抱き、攻撃を仕掛けてくる。それでも哲心に話し合いを求めるウィードであったが、沼の底で溺れて甲賀の忍犬に捕らえられてしまい……!?

銀牙伝説ウィード 13

(207ページ)
悪の権化・法玄(ほうげん)を倒すため、さらに強力な味方を求めて西へ旅立ち、甲賀の忍犬と遭遇したウィード率いる奥羽軍団。その頭目・哲心(てっしん)は奥羽軍団に恨みを持ち、ウィードたちを攻撃してくる。それでも哲心に協力を求めるウィードだったが、甲賀の忍犬に捕らわれてしまう。ウィードを助けに来たジェロムが口にした言葉を聞いた哲心は、英雄スミスがウィードの母・桜(さくら)を見捨てた裏切り者だと話し出す。母が死んだのはスミスのせいだと知ったウィードは……!?

銀牙伝説ウィード 14

(207ページ)
ウィード率いる奥羽軍団は、悪の権化・法玄(ほうげん)を倒して奥羽の楽園を再建するため、強力な味方を求めて西へと旅を続けて和歌山までやってきたが、そこには何者かが荒らしまわっている痕跡が…。誰の仕業なのかを単独で探っていたロケットは、広島からきた狂犬・カマキリの大軍に襲われるが、自慢の足で窮地を逃れる。カマキリもまたアルプスの法玄と組んで天下を治めようという野望に燃えていた。一方、ウィードたちは野犬狩りの銃弾にさらされるが……!?

銀牙伝説ウィード 15

(209ページ)
ウィード率いる奥羽軍団は、悪の権化・法玄(ほうげん)を倒して奥羽の楽園を再建するため、強力な味方を求めて西へと旅を続けて和歌山までやってきたが、法玄と組んで天下取りを狙うカマキリの大軍に包囲されてしまう。父の仇であり自分の片眼をつぶした相手であるカマキリに復讐の炎を燃やすヒロ、そして始まる奥羽軍団VSカマキリ軍団――。奥羽の精鋭たちは序盤こそ互角の戦いを展開するが、カマキリ軍団の数に押されて次第に劣勢に陥ってしまい、カマキリと戦うウィードはピンチに……!?

銀牙伝説ウィード 16

(209ページ)
囚われの父・銀(ぎん)を救出して悪の権化・法玄(ほうげん)を倒し、奥羽の楽園を再建するという大きな使命を果たすため、滋賀の大ボス・狂四郎(きょうしろう)や甲賀忍犬の頭目・哲心(てっしん)という強力な味方を獲得したウィード率いる奥羽軍団は、いよいよ打倒法玄に向けて行動を開始した。旅の途中、哲心はウィードに、父である銀が巨熊・赤カブトを倒した大技「抜刀牙」を伝授する。その時、負傷した奥羽軍団が治療する湯治場に、巨大な猪「犬喰いの惨猪(サンチョ)」が現れて……!?

銀牙伝説ウィード 17

(203ページ)
滋賀の大ボス・狂四郎(きょうしろう)や甲賀忍犬の頭目・哲心(てっしん)という強力な味方を得たウィード率いる奥羽軍団は、打倒法玄を誓い行動を開始した。まず最初に向かうは銀が囚われている南アルプス。しかし法玄軍もまた奥羽に向けて進軍を始めようとしていた。その混乱に乗じて脱出を敢行した銀だったが、追っ手の中には銀を殺そうと狙うマーダーSがいた……。

銀牙伝説ウィード 18

(205ページ)
悪の権化ともいうべき法玄(ほうげん)を倒し、囚われの父・銀(ぎん)を解放、奥羽に楽園を再建するという大きな使命を背負い、ウィードたち奥羽軍団は、ついに行動を開始する。奥羽軍団の後をつける法玄の偵察部隊を捕らえたウィードは、法玄の元に戻らないという約束をさせて彼らを逃がしてやるのだが、その約束を破った偵察部隊を、ジェロムはウィードの制止を無視して処刑する。ウィードとジェロム、鉄の結束を誇る奥羽軍団に今、亀裂が生じる――!

銀牙伝説ウィード 19

(205ページ)
悪の権化ともいうべき法玄(ほうげん)を倒し、囚われの父・銀(ぎん)を解放、奥羽に楽園を再建するという大きな使命を果たすため、ウィードたち奥羽軍団は、法玄が本拠地とする二子峠に向け進軍を開始した。しかし銀がマーダーSに殺されたという偽情報を信じてしまったウィードは、マーダーSを頭とする残留部隊に単独で攻撃を敢行し、多勢に無勢で取り押さえられてしまう。そしてマーダーSとのタイマン勝負に挑んだウィードは、マーダーSの恐ろしい鋼鉄爪に対抗して抜刀牙を繰り出すのだが……!?

銀牙伝説ウィード 20

(205ページ)
悪の権化ともいうべき法玄(ほうげん)は、奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園の破壊者として君臨していた。その理想郷を再建するという使命感に燃えたウィードたち奥羽軍団は、今は悪の巣窟となり果てた二子峠に向けて進軍を開始する。二子峠を一望できる場所にたどりついた奥羽軍団は、法玄の弟である玄婆(げんば)と戦いを繰り広げる赤目(あかめ)たちを発見し、その加勢に入っていく。ウィードに襲いかかってくる玄婆に対して甲賀忍犬・哲心が戦いを挑むが……!?

銀牙伝説ウィード 21

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、今や法玄(ほうげん)という凶悪な鬼の棲む地獄と化していた。かつての理想郷を再建するという使命に燃えたウィードたち奥羽軍団は打倒法玄を誓って進軍を開始、二子峠付近で法玄の弟・玄婆(げんば)と闘う赤目(あかめ)たちと合流し、哲心(てっしん)の活躍で玄婆に勝利する。しかし法玄がカマキリの部隊を送り込んだことで、数の上では劣勢となったウィードたちはロケットを囮に使って、ある作戦を実行する――!

銀牙伝説ウィード 22

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、今や残虐非道な法玄(ほうげん)が支配する悪の巣窟となっていた。かつての平和だった理想郷を再建するため、ウィードたち奥羽軍団が立ち上がる。ウィードの高らかな宣戦の咆哮、そして返り討ちを策す法玄の遠吠えが呼応して駆けめぐり、戦いの幕が切って落とされた。700匹の法玄軍は隊を五つに分け、100匹の奥羽軍を包囲しようとする。しかしウィードはわずか25匹の精鋭で法玄の本隊に奇襲攻撃を敢行して……!?

銀牙伝説ウィード 23

(205ページ)
ついにウィードたち奥羽軍団が立ち上がり、法玄との戦いの幕は切って落とされた。ウィードの奇襲攻撃も叶わず、圧倒的な数を誇る法玄軍に追われる奥羽軍。法玄軍に潜り込んで法玄の命を狙っていた狂四郎(きょうしろう)と闘兵衛(とうべえ)は、その意図を見抜かれ、窮地に陥る! 一方、飼い犬ムックから人間による牙城の爆破を知らされたウィードは……!?

銀牙伝説ウィード 24

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、今や残虐この上ない法玄(ほうげん)が君臨する悪の巣窟と化していた。理想郷を再建すべく、ついにウィードたち奥羽軍団が立ち上がり、法玄との戦いの幕は切って落とされた。法玄軍に潜り込んで法玄の命を狙っていた狂四郎(きょうしろう)は、その意図を見抜かれてしまい絶体絶命のピンチに! 勇気をふるって狂四郎を助けようとした子犬のタケシまでも絶命し……!? 一方、闘兵衛(とうべえ)は正義を貫いて壮絶な最期を――!!

銀牙伝説ウィード 25

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、悪の権化・法玄(ほうげん)が君臨する悪の巣窟と化していた。かつての理想郷再建にむけて、ウィードたち奥羽軍団が打倒法玄に立ち上がり、進軍を開始する。一方、傷の癒えた銀は500の兵を集め、ウィードの後を追って咆哮を放った。その咆哮を聞いたウィードは銀が牙城を目指していると考え、ジェロム、哲心(てっしん)と牙城へと向かうが、カマキリ軍に囲まれてしまう。

銀牙伝説ウィード 26

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、悪の権化・法玄(ほうげん)が君臨する悪の巣窟と化していた。かつての理想郷再建にむけて、ウィードたち奥羽軍団が打倒法玄に立ち上がり、進軍を開始する。一方、傷の癒えた銀は500の兵を集めてウィードの後を追っていた。そんな中、人間によって牙城が爆破され、部下たちを見殺しにして逃げていた法玄に、ウィードは対決を挑む。そして法玄に代わって天下取りを狙うカマキリは残された奥羽軍に奇襲をかけていた――!

銀牙伝説ウィード 27

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、悪の権化・法玄(ほうげん)が君臨する悪の巣窟と化していた。かつての理想郷を再建するため、ウィードたち奥羽軍団が打倒法玄に立ち上がり、進軍を開始する。牙城の爆破によって部下を減らした法玄に対決を挑んだウィード。しかし法玄とともに崖下に落下し、激流に流されたジェロムを救おうとウィードもまた崖に飛び込んでしまう。一方、ウィードを探して崖下に降りた銀の前にはマーダーSが現れて……!?

銀牙伝説ウィード 28

(207ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、悪の権化・法玄(ほうげん)が支配する無法地帯と化していたが、ウィードたち奥羽軍団が打倒法玄に向けて行動を開始した。牙城の爆破によって孤立した法玄を追い詰めていく奥羽軍。しかし手負いの悪魔となった法玄はベンやクロスなど往年の奥羽戦士を襲い、麗華(れいか)やブルゲ、甲賀忍犬・敏光(としみつ)など、自らの命を犠牲にして道連れを狙った者たちをも倒していく。すべてを圧倒する法玄の強さにウィードは……!?

銀牙伝説ウィード 29

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、悪の権化・法玄(ほうげん)が支配する無法地帯と化していたが、ウィードたち奥羽軍団が打倒法玄に向けて行動を開始した。牙城の爆破によって孤立した法玄を滝壺まで追い詰めた奥羽軍だが、法玄は子犬のメルを人質にして、ウィードとの一対一の勝負を要求する。手負いの悪魔となって凄まじき強さを発揮する法玄に、疲労困憊であったウィードは瀕死の状態になってしまうのだが……!?

銀牙伝説ウィード 30

(205ページ)
奥羽の総大将・銀(ぎん)たちが辛苦の末に築きあげた奥羽の楽園は、悪の権化・法玄(ほうげん)が支配していたが、ウィードたち奥羽軍団が打倒法玄に向けて行動を開始した。死闘の末に、法玄との一対一の勝負を制したウィード。ウィードに代わって法玄にとどめを刺そうとする銀に対して、ウィードは意外な行動を……!? そして戦いを終えたウィードは幼い頃の夢を見る。それはウィードに2匹の兄弟がいることを示唆していた。自分の兄弟を探す旅に出るウィードに待ち受けているものとは――!?

銀牙伝説ウィード 31

(205ページ)
悪虐の限りを尽くし、奥羽の楽園を地獄に変えた法玄(ほうげん)はウィードたち奥羽軍によって倒され、奥羽には再び平和が訪れた。自分に兄弟がいたことを知ったウィードは、北アルプスに向かって兄弟探しの旅に出る。そして北関東の山中で犬たちに殺されそうになった子猿を助けたウィードは、恐るべき怪物「将軍」に仕える猿軍団に襲われてしまう。棒を使う猿の攻撃に瀕死状態になったウィードは、幸村(ゆきむら)に助けられるが、幸村はウィードのことを自分の弟・誠(ジョー)と間違えて……!?

銀牙伝説ウィード 32

(205ページ)
悪の権化・法玄(ほうげん)から奥羽の楽園を取り戻したウィードは兄弟探しの旅に出る。途中、ウィードは異形の怪物「将軍」に仕える猿軍団に襲われ、幸村(ゆきむら)に助けられる。しかし猿に弟を殺された幸村は復讐の鬼として猿に憎悪を抱き、罪のない子猿ペペさえも殺そうとしていた。そんな幸村とウィードは対立し死闘が始まるのだが、幸村の育ての親・佐平治(さへいじ)によって止められる。真の敵は将軍と理解した幸村は総攻撃を開始するのだが……!?

銀牙伝説ウィード 33

(205ページ)
悪の権化・法玄(ほうげん)から奥羽の楽園を取り戻したウィードは兄弟探しの旅に出た。途中、ウィードは異形の怪物「将軍」に仕える猿軍団に襲われ、幸村(ゆきむら)に助けられる。猿に弟を殺されて復讐の鬼となった幸村は猿一族の殲滅を目指していた。ウィードは将軍側に属さない猿の一団の長老・御猿に共通の敵・将軍を倒そうと説得するが、将軍側の飛猿に子猿ペペを連れ去られてしまう。協力を求めた幸村に一蹴されたウィードは、数少ない味方と共に将軍の元に行くのだが……!?

銀牙伝説ウィード 34

(205ページ)
悪の権化・法玄(ほうげん)から奥羽の楽園を取り戻したウィードは兄弟探しの旅に出た。途中、ウィードは異形の怪物「将軍」に仕える猿軍団に襲われ、幸村(ゆきむら)に助けられる。猿に弟を殺されて復讐の鬼となった幸村は猿一族の殲滅を目指していた。ウィードは将軍側に属さない猿の一団の長老・御猿と手を組んで、真の敵・将軍との戦いを幸村と共に挑む。しかし斧を武器にした将軍の圧倒的な強さに、ウィードたちは苦戦を強いられる。そして御猿の攻撃で将軍から斧を奪うのだが、その斧は将軍側の飛猿に渡ってしまい……!?

銀牙伝説ウィード 35

(205ページ)
かすかな記憶を頼りに兄弟探しの旅に出たウィードは、途中で異形の怪物「将軍」に仕える猿軍団に襲われ、幸村(ゆきむら)に助けられる。そしてウィード、御猿率いる猿軍、幸村をボスとする犬軍は団結して、諸悪の根源である将軍に戦いを挑んでいく。将軍の圧倒的強さに苦戦を強いられるウィードたちだったが、徐々に将軍を追い詰めていき、幸村の秘技・ネック ザ キリングが決まる。勝負がついたと思いきや、幸村の腹に将軍の杭が深々と突き刺さり……!?

銀牙伝説ウィード 36

(201ページ)
苦難の末に悪虐非道な法玄(ほうげん)を倒し、さらに悪魔の化身ともいうべき怪物・将軍を退治したウィードたちは奥羽に戻る。ある日、ウィードは罠にかかった若い牝犬・小雪(こゆき)を助ける。小雪は奥羽の戦士に憧れて家出した弟・小鉄(こてつ)を探していた。同じ頃、小鉄はGB(ジービー)たちの前に現れ、奥羽軍に入れてほしいと頼むが追い返されてしまう。小鉄を家に帰すと小雪に約束をしたウィードは、小鉄の後を追うと、小鉄は法玄軍の残党に襲われていて……!?

銀牙伝説ウィード 37

(205ページ)
苦難の末に悪の権化・法玄(ほうげん)を倒し、さらに異形の怪物・将軍を退治したウィードたちは奥羽に戻る。ある日、ウィードは罠にかかった小雪(こゆき)という牝犬を助けたことから、両者の間に恋する感情が芽生え、次第にそれは確実なものになりつつあった。一方、死地を求めてさすらうジェロムは、北海道に渡って宗谷山脈に行き着く。そこには大量の犬の惨殺体があり、生き残った一匹は「海を渡って悪魔がやってきた」と告げて息絶える。そしてジェロムの前にリディアという牝犬が現れて……!?

銀牙伝説ウィード 38

(205ページ)
苦難の末に悪虐極めた法玄(ほうげん)を倒し、さらに将軍と呼ばれる怪物を退治したウィードたちは奥羽に戻る。一方、奥羽軍と離れて北海道に渡ったジェロムは、この地を統治する白狼(はくろう)に銀の引退とウィードの総大将就任を告げる。その後、ジェロムは驚くべき戦闘能力を持つロシア軍用犬の一団に襲われ大きなダメージを受けるが、辛うじて危機を脱し、白狼に北からの侵略者が迫っていることを報告する。そして白狼はロシア軍用犬部隊と対峙して交渉するのだが……!?

銀牙伝説ウィード 39

(205ページ)
苦難の末に悪虐極めた法玄(ほうげん)を倒し、さらに将軍と呼ばれる怪物を退治したウィードは、奥羽から離れて、愛する小雪(こゆき)とともに生きる道を決意する。一方、北海道に渡ったジェロムは、驚くべき戦闘能力を持つロシア軍用犬部隊に襲われてダメージを負うが、この地を統治する白狼(はくろう)に北からの侵略者が迫っていることを知らせる。そして白狼軍とロシア軍用犬部隊は激突、しかしその能力差に白狼軍は徐々に劣勢を強いられる。重傷のジェロムは死を覚悟して、白狼軍に加勢するのだが……!?

銀牙伝説ウィード 40

(205ページ)
苦難の末に悪虐極めた法玄(ほうげん)を倒し、さらに将軍と呼ばれる怪物を退治したウィードは、愛する小雪(こゆき)とともに生きる道を決意して奥羽から離れる。一方、北海道に渡ったジェロムは恐るべき侵略者・ロシア軍用犬部隊の存在を知り、この地を統治する白狼(はくろう)の軍団とともに戦っていた。しかし白狼軍は全滅に追い込まれ、白狼は命を落とし、ジェロムは捕虜になってしまう。そして女、子供もかまわず殺していくロシア軍用犬部隊の制圧が始まるが、北海道の危機を知った銀(ぎん)率いる旧奥羽軍が動き出す――!!

銀牙伝説ウィード 41

(205ページ)
単身で北海道に渡ったジェロムは、恐るべき侵略者・ロシア軍用犬部隊の存在を知り、この地を統治する白狼(はくろう)の軍団とともに戦う。しかし白狼軍は全滅に追い込まれ、白狼は命を落とし、ジェロムは捕虜になってしまう。白狼軍全滅の報に、二子峠の銀(ぎん)は三十あまりの旧奥羽軍とともに先遣隊として、ロシア軍に征服された北海道に渡る。そして待ちかまえていたロシア軍部隊と激突するが、乱戦の中で奥羽軍は苦戦に陥る。一方、ロシア軍は指揮官の間で内部分裂が発生して……!?

銀牙伝説ウィード 42

(205ページ)
単身で北海道に渡ったジェロムは、恐るべき殺戮集団・ロシア軍用犬部隊の存在を知り、この地を統治する白狼(はくろう)の軍団とともに戦う。しかし白狼軍は全滅して、白狼は命を落としてしまう。白狼軍全滅の報に、二子峠の銀(ぎん)は三十あまりの旧奥羽軍とともに先遣隊としてロシア軍部隊と激突するが、旧奥羽軍は苦戦に陥り、南へと移動して援軍を待つことに。一方、ロシア軍ではヴィクトール少佐の叛乱に対立するマクシーム少佐が妹・リディアとともに旧奥羽軍に身を寄せる。この状況に動こうとしないウィードに、GB(ジービー)は必死の説得をするが……!?

銀牙伝説ウィード 43

(205ページ)
北海道に渡ったジェロムは、恐るべき侵略者・ロシア軍用犬部隊の存在を知り、この地を統治する白狼(はくろう)の軍団とともに戦う。しかし白狼軍は全滅して、白狼は命を落としてしまう。白狼軍全滅の報に、銀(ぎん)は少数の旧奥羽軍とともに先遣隊としてロシア軍部隊と激突するが、苦戦を強いられて敵の包囲網の中にいた。この窮地から救うべく、旧奥羽軍側についたマクシーム少佐は秘策を持って単身で敵陣へと乗り込んでいく。そして銀たち旧奥羽軍に狂四郎(きょうしろう)たちが加わるのだが……!?

銀牙伝説ウィード 44

(205ページ)
北海道を統轄していた銀(ぎん)の盟友・白狼(はくろう)の軍は、恐るべき戦闘能力を持つロシア侵略軍によって壊滅してしまう。白狼軍全滅の報に、銀は少数の旧奥羽軍とともに先遣隊としてロシア軍部隊と激突するが、苦戦を強いられて窮地に陥る。旧奥羽軍を救おうとしたマクシーム少佐は単身でロシア軍に乗り込むが、裏切り者として殺されてしまう。そして銀たちは出口のない峡谷に閉じこめられて……!? 一方、ウィードは一千の兵を集め、進軍を開始していた――!!

銀牙伝説ウィード 45

(201ページ)
北海道を統轄していた銀(ぎん)の盟友・白狼(はくろう)の軍は、強力なロシア侵略軍の前に壊滅してしまう。この報に接した銀は少数の旧奥羽軍とともにロシア軍部隊と激突するが、苦戦を強いられる。銀たちは南へと転進をはかり援軍を待とうとするが、大部隊に包囲され峡谷に追い詰められて兵糧攻めに。そこで旧奥羽軍は二匹の忍犬を逃がす奇襲作戦を仕掛けるが、敵陣に取り残されたモスが命を落とす。一方、飼い犬のラムはウィードたちがロシア軍に攪乱されていると知って……!?

銀牙伝説ウィード 46

(205ページ)
銀(ぎん)の盟友であり北海道を統轄していた白狼(はくろう)の軍は、強大なロシア侵略軍との戦闘で壊滅してしまう。この報に接した銀はわずかな老兵とともに北の大地を踏むが、驚くべき戦闘能力を持つロシア部隊の前に苦戦を強いられ、ついには渓谷に追い詰められてしまう。そして「奥羽軍の援軍が来た」という偽の情報をだしたロシア軍は、銀たちを渓谷の外へおびき出し、包囲殲滅をはかろうとするが、銀は決死の秘技・抜刀牙を炸裂させて窮地を脱し、再び渓谷に戻るのだが……!?

銀牙伝説ウィード 47

(205ページ)
銀(ぎん)の盟友であった北海道の統治者・白狼(はくろう)の軍は、侵略してきた強大なロシア軍用犬部隊の前に壊滅してしまう。この報に接した銀はわずかな旧奥羽軍を率いて北の大地を踏むが、驚くべき戦闘能力を持つロシア侵略軍の攻撃を受け、渓谷に追い詰められてしまう。そしてウィードを大将とする奥羽軍本隊が、渓谷に近づきつつあることを知ったロシア軍は、渓谷の銀たちに総攻撃を開始する。果敢に戦うが次々と倒れていく旧奥羽軍、ヴィクトールの攻撃を受ける銀の前に現れたのは意外にも……!?

銀牙伝説ウィード 48

(205ページ)
銀(ぎん)の盟友であった北海道の統治者・白狼(はくろう)の軍は、侵略してきた強大なロシア軍用犬部隊の攻撃を受け壊滅してしまう。この報に接した銀はわずかな旧奥羽軍を率いて北海道に赴くが、驚くべき戦闘能力を持つロシア侵略軍の強襲を受け、渓谷に閉じこめられてしまう。ロシア軍は渓谷の銀たちに総攻撃を開始し、旧奥羽軍は次々と倒され、銀もヴィクトールの攻撃で瀕死になる。しかしその時、ウィードたち援軍が駆けつけてロシア軍を包囲し、形勢は逆転するのだが、ウィードの前には呼吸が止まってしまった銀が……!?

銀牙伝説ウィード 49

(205ページ)
銀(ぎん)の盟友であった北海道の統治者・白狼(はくろう)の軍は、侵略してきた強大なロシア軍用犬部隊の攻撃を受け壊滅してしまう。この報に接した銀はわずかな旧奥羽軍を率いて北海道に赴くが、驚くべき戦闘能力を持つロシア侵略軍の強襲を受けて窮地に陥る。しかしウィードたち援軍が駆けつけて形勢は逆転し、ヴィクトール率いるロシア軍は逃亡をはかる。猛追を開始したウィードたちだが、川で水中戦が得意なロシア軍に襲われてしまう。その時ウィードのピンチを救ったのは意外にもロシア軍のアラムだった――!!

銀牙伝説ウィード 50

(205ページ)
銀(ぎん)の盟友であった北海道の統治者・白狼(はくろう)の軍は、侵略してきた強大なロシア軍用犬部隊の攻撃を受け壊滅してしまう。この報に接した銀はわずかな手勢を率いて北海道に赴くが、驚くべき戦闘能力を持つロシア侵略軍の強襲を受けて窮地に陥る。しかしウィードたち援軍が駆けつけて形勢は逆転し、ロシア軍を宗谷岬まで追い詰めていく。そして囮を使ったヴィクトールの作戦を見破ったウィードたちは、ロシア軍と海岸線で再び戦闘状態になる。そこでウィードの抜刀牙がヴィクトールに炸裂するのだが……!?

銀牙伝説ウィード 51

(205ページ)
北海道を侵略するために、北の大地を統治する白狼(はくろう)の軍を全滅させ、銀(ぎん)たち旧奥羽軍をも窮地に追い詰めたロシア軍用犬部隊。しかしウィードたち奥羽軍本隊によって潰走させられ、宗谷の海岸線での死闘によって、ついに決着が着く! そしてウィードたちの心意気に触れて心を変えた元ロシア軍部隊のマクシームは、奥羽軍と祖国のためにロシアへと旅立つのだが……!? 一方、ウィードの帰りを待つ小雪(こゆき)は、ウィードとそっくりで背中に傷を持つ犬と遭遇して……!?

銀牙伝説ウィード 52

(205ページ)
北海道に来襲した強大なロシア侵略軍を、みごとに最北の海に追い落としたウィードの奥羽軍は、凱旋の帰途につく。そしてウィードは北アルプスの麓で愛する妻の小雪(こゆき)と再会を果たすが、その場で偶然、それまで死んだと思っていた兄のジョーと出会う。ウィードは父の銀(ぎん)にもジョーを会わせようとするのだが、銀に恨みを抱くジョーは「オレをもう兄と呼ぶな」と告げて去ってしまう。そんなジョーの後を追いかけたウィードに新たなる敵・ハイブリットが現れて……!?

銀牙伝説ウィード 53

(205ページ)
ロシア侵略軍を撃退し、北海道に平和を取り戻したウィードは、小雪(こゆき)の待つ北アルプスへと急ぎ向かうが、その地で死んだと思っていた兄・ジョーと再会する。しかし、偶然の邂逅を喜ぶウィードに対し、銀に恨みを抱くジョーは冷ややかな態度を取る。一方、北アルプスでは北極熊が他種と交配して生まれた最強の熊・ハイブリットが、人間や犬を襲って食い殺していた。そしてハイブリットと戦い、重傷を負ったジョーを助けるウィードだが、ウィードがいない間に小雪はかつてない危機にさらされていた――!!

銀牙伝説ウィード 54

(205ページ)
ロシア侵略軍を撃退し、北海道に平和を取り戻したウィードは、小雪(こゆき)の待つ北アルプスに戻ると、そこで兄・ジョーと偶然の邂逅を果たす。ジョーは妻子を殺した復讐すべき敵であり、最強の熊・ハイブリットに戦いを挑むが、深手を負ってしまう。ウィードと仲間たちはハイブリットの暴走を阻止すべく立ち上がり、ジョーの仲間たち、そしてジョーの飼い主・新宮(しんぐう)と協力し合いながら戦い、ハイブリットを仕留めるのだが……!?

銀牙伝説ウィード 55

(205ページ)
ロシア侵略軍を撃退し、北海道に平和を取り戻したウィードは、小雪(こゆき)の待つ北アルプスに戻ると、そこで兄・ジョーと偶然再会する。そして、その地で猛威を振るっている獰猛な北極熊の雑種・ハイブリッドの存在を知り、暴走を阻止すべく立ち上がる。ウィードは奥羽の仲間や、ジョーと力を合わせ、2頭いるハイブリッドを激闘の末に倒すが、そこでその親熊である第三のハイブリッドの襲撃に遭う。一時退却して態勢を立て直すウィードは、まず小雪をはじめとした女子供を安全な里へ降ろすことを決めるのだが……!?

銀牙伝説ウィード 56

(199ページ)
北アルプスで兄・ジョーと偶然再会したウィードは、その地で猛威を振るっている獰猛な北極熊の雑種・ハイブリッドの暴走を阻止すべく立ち上がる。ウィードは奥羽の仲間や、ジョーと力を合わせ、2頭のハイブリッドを激闘の末に倒すが、そこへその親熊である第三のハイブリッドが現れる。一時退却したウィードたちは、ハイブリッドをダムにおびき出すというジョーの作戦に従い、戦力外の仲間を避難させ、2班に分かれて捜索を開始する。そしてジョーの隊がハイブリッドを補捉し、戦いが始まるのだが……!?

銀牙伝説ウィード 57

(205ページ)
北アルプスで兄・ジョーと偶然再会したウィードは、その地で猛威を振るっている獰猛な北極熊の雑種・ハイブリッドの暴走を阻止すべく立ち上がる。ウィードは奥羽の仲間や、ジョーと力を合わせ、2頭のハイブリッドを激闘の末に倒すが、その親熊である第三のハイブリッドに襲撃される。態勢を立て直したウィードたちはハイブリッドと再戦するが、強大な敵は攻撃を寄せ付けず、犬たちも次第に傷ついていく。一方、里に避難していたGBとサスケ、そして新たなハイブリッドの存在を知った新宮が山へ向かっていき……!?

銀牙伝説ウィード 58

(205ページ)
北アルプスで兄・ジョーと偶然再会したウィードは、その地で猛威を振るっている獰猛な北極熊の雑種・ハイブリッドの暴走を阻止すべく立ち上がる。ウィードは奥羽の仲間や、ジョーと力を合わせ、2頭のハイブリッドを激闘の末に倒すが、そこでその親熊である第三のハイブリッドに襲撃される。態勢を立て直したウィードたちはハイブリッドと再戦するが、強大な敵は攻撃を寄せ付けず、犬たちも次第に傷ついていき、GBは重傷を負ってしまう。死闘の果て、ダムへ追い詰められたハイブリッドにヒロが特攻していき……!?

銀牙伝説ウィード 59

(205ページ)
第三のハイブリッドに襲撃されたウィード達。態勢を立て直し、ジョーの策戦に従いハイブリッドをダムにおびき出そうとする。強大な敵の誘導は難航し、犬達は疲弊し傷ついていくが、ウィード達は苦難の末にようやくハイブリッドを断崖に追いつめる。それでも激しい抵抗を続けるハイブリッドに、GBが捨て身の攻撃を…!?

銀牙伝説ウィード 60

(205ページ)
命を投げ出しウィードを救ったGB。捨て身の攻撃でハイブリッドを倒したウィード。自らの身を顧みず、ウィードと供に濁流に消えたジェロム。果たして、ウィードとジェロムの運命は…!? 激動の物語、ついにエピローグへ!!



書籍情報(少年漫画)

著者: 高橋よしひろ

カテゴリ:少年漫画

連載雑誌:漫画ゴラク

出版社:日本文芸社

最新巻発売日: 2015年10月23日

かつて人気を博した『銀牙―流れ星 銀―』の続編であり、銀(ぎん)の息子・ウィードが主人公となって活躍する、男気あふれた冒険アクション巨編! 北アルプスで野鳥を狙っていたGB(ジービー)は、突然現れた子犬に横取りされそうになる。病気の母犬のために必死な子犬に獲物を譲ってやったGBであったが、ボスのネロに命令されて行ったある場所で、その子犬と再会する。その子犬こそ、奥羽にて巨熊・赤カブトを仲間たちとともに葬った伝説の総大将・銀の息子だったのだ! GBは子犬にウィードと名前をつけて、奥羽への旅立ちを決意するのだが……!?


≫ 同じ著者の作品
銀牙―流れ星 銀―
白い戦士ヤマト
―甲冑の戦士―雅武
銀牙―流れ星 銀― 真・外伝
銀牙伝説WEEDオリオン
銀牙の犬たち
銀牙伝説ウィード外伝
銀牙伝説リキ
銀牙伝説赤目

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品
黒街
セクシャル・ハンター・ライオット
GAMBLE FISH
バイオハザード ~マルハワデザイア~
モンスターハンターオラージュ
BECK
ドメスティックな彼女
ビリオンドッグズ
バキ
アルスラーン戦記
ぱすてる
A-BOUT!! ~朝桐大活躍編~

≫ 同じ出版社(日本文芸社)の作品
SとM
ギフト±
フェチの穴
ヤンキークエスト
天獄の島
先生にお願い
天使にズームイン
第46代棗希郎衛門黄龍の耳発現編
ようこそ甲州プリズンへ
トコR55
ミナミの帝王
江戸前の旬

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す