哲也~雀聖と呼ばれた男~



タグ: ギャンブル 50ページ以上試し読み 少年漫画 70ページ以上試し読み 20巻以上 30巻以上 10巻以上


哲也~雀聖と呼ばれた男~(1)

(197ページ)
勝負の世界でしか生きられない人々がいる。人は彼らをギャンブラーと呼ぶ……。「雀聖(じゃんせい)」蘇る!! 伝説の勝負師、無頼作家・阿佐田哲也(あさだ・てつや)の青春! 昭和20年――終戦。16歳の哲也は生きる希望を見失うが、博奕場の真剣勝負を体験することで気力を取り戻す。もっと強くなりたい! もっと勝負がしたい! そんな哲也は運命の糸に導かれて、進駐軍の米兵が支配する横須賀の裏通りに向かった。命をやり取りする闇麻雀の世界で、駆け出しの“坊や哲”は生き残れるのか……。

哲也~雀聖と呼ばれた男~(2)

(181ページ)
今の俺なら……誰にも負けねえ! 横須賀を去り、哲也(てつや)が新たな勝負の舞台と定めたのは新宿。順調に勝ち進んでいたかに見えた哲也の前に、一人の男が現れた。「おめえのは所詮(しょせん)昼間の麻雀だ。“遊び”なんだよ」。玄人(げいにん)の“力”が哲也を打ち砕く――。強くなりたい!! 師匠・房州(ぼうしゅう)から様々な技を吸収する哲也は、真のギャンブラーとして目覚めはじめた。

哲也~雀聖と呼ばれた男~(3)

(195ページ)
新宿で、師匠である房州(ぼうしゅう)とコンビ打ちをはじめた哲也は、負けしらずの快進撃を続けていた。怖いものなどなにもないと思っていた哲也だが、ある日、房州がサイ振りをしくじってしまう。「俺の頂点(ピーク)はおわった」。突然ツキを失った房州を気遣いつつ、その勝負で天性の強運を発揮した哲也。「もう教えることはなにもない」。そう告げて房州は新宿を去っていった。また一人になった哲也はいつしかこう呼ばれるようになる――“坊や哲”と。

哲也~雀聖と呼ばれた男~(4)

(182ページ)
新宿にその人ありとうたわれる凄腕の玄人(バイニン)、その名も“坊や哲”!! そんな哲也(てつや)の前に、新たなる敵が忍び寄る……。「俺には牌(はい)が透けて見えるんだよ……」 死神のような姿となり、新宿最強となった哲也の前に現れた旧友・印南(いんなみ)。その百発百中のガン牌が、哲也を窮地に陥れる!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(5)

(193ページ)
声と引替えに天から強運を授かった女雀士“不死身のリサ”と、坊や哲のコンビは、連戦連勝の快進撃だった。だが、とある男を見かけた途端、突然リサの力が消えた! 「玄人(バイニン)ってのは、落ち目の奴の逆を行くんだ……!!」 リサの勘を信じず、自力で勝ちを呼びよせた哲也は、リサとのコンビを解消する。東京の賭場(とば)で出入り禁止をくらうようになった哲也とダンチは、千葉まで遠征することに。その賭場で哲也は、思わぬ男と再会した!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(6)

(193ページ)
かつての師・房州(ぼうしゅう)の葬式の最中、過去の勝負の清算をしろと乗り込んできた男。彼は“ドラ爆の鷹”と名乗った。房州の名誉のため、ドラ爆との勝負に応じる哲也(てつや)。「博奕ってのはな。運を比べて生死を決める場なんだ!!」 房州の麻雀を貧乏くさいと言い放つドラ爆に闘志を燃やす哲也。しかし、和了(アガ)る度にドラが乗る“ドラ爆”の強運に、哲也とダンチはピンチに! ドラ爆の正体とは!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(7)

(195ページ)
「今日限り俺達コンビは解散だ!」 両親を破滅させた玄人(バイニン)への復讐の念に駆られるダンチは、暴走した挙げ句、哲也(てつや)と袂(たもと)を分かってしまう! 荒(すさ)みきり、汚い麻雀を打ち続けるダンチ。二人はこのまま終わってしまうのか!? 玄人としての自覚が、ダンチを大きく成長させる! そして二人は新たな敵を求めて大阪へ。まるで磁石のように牌(ハイ)を吸い寄せ、和了(アガ)りへの最短の道を突き進む、“ブー麻雀の達人”ブー大九郎。その底知れぬ力の前に、哲也完敗か!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(8)

(206ページ)
“見つかったんや……俺の型(フォーム)がよ──!!”久しぶりに再会した近藤は不敵な笑みを浮かべ哲也に挑む──!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(9)

(197ページ)
「おまえこそ運命の女神だ!」 哲也(てつや)のオヒキ・ダンチが賭場(とば)で知りあった男爵の娘・カン子は、ツキを呼ぶ女神だった! ツキまくるダンチは、次第に大勝負ばかりを狙うようになり、“半ツキ”状態と呼ばれる状態へと突入してしまった。大味な博奕(ばくち)にハマり、次第にツキから遠のくダンチ。そしてカン子の本当の狙い――。二人の恋、そして未来を賭けた勝負の行方は――!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(10)

(196ページ)
女のために借金を背負ったダンチ。冷酷非情をモットーにする金貸しの信(しん)は、相棒の哲也(てつや)にひとつの条件を突きつけた。信が融資したビルに巣くう悪質な玄人(バイニン)をやっつけて追い払う。それが借金をチャラにする条件だった。哲也は雀ボーイのトリックを見破って倒したが、さらに上の階には謎の通しを使うサトリのコンビ打ちが待っていた! “あなた達には勝てないわ……この人達、人の心が読めるんだから……”。

哲也~雀聖と呼ばれた男~(11)

(201ページ)
人呼んで玄人(バイニン)殺しの銭亀(ぜにがめ)――。新宿界隈の麻雀打ちを喰いものにする悪徳刑事。この男と一緒に卓を囲んだら最後、無理にでも振り込まなければ、雀荘にいた者全員が警察にしょっ引かれてしまう。しかも、逆らえば刑務所行きが待っている。たった一人、哲也(てつや)はプロの意地を通そうとするが、それを見てついに仲間の玄人たちが立ち上がった!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(12)

(199ページ)
哲也は幼なじみの小夜子と再会。 “ヤミテンの鎌田”に寄り添う小夜子は哲也の敗北を宣告!! “てっちゃんは……勝てないよ……。”

哲也~雀聖と呼ばれた男~(13)

(215ページ)
金沢でヤミテンの鎌田(かまた)を倒したのも束の間、魚津では玄人(バイニン)を破滅に追いやる麻雀寺に迷い込んでしまう!! 「おぬしの魂を救う唯一の方法は、御仏の前で打ち、そして負けることじゃ」 レートは上げ放題、治外法権の山寺での大勝負! 坊主たちの仕掛ける三人同時リーチに沈むか、それとも逆転のツバメ返しが炸裂するか!? 哲也(てつや)の果てしなく続く麻雀行脚!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(14)

(201ページ)
哲也は、行きずりの女の代打ちとして密輸団の頭目・小龍(しょうりゅう)との麻雀勝負を引き受ける。 哲也が負ければ女は女郎に!! “私の命……あなたに預けます……。”

哲也~雀聖と呼ばれた男~(15)

(195ページ)
流行(はや)らぬ雀荘を1人で守る姉。 玄人(バイニン)気取りの弟は借金増やす疫病神。 姉弟で店を賭けての麻雀勝負!! 負けられない姉は哲也にコーチを依頼する。 “お願いです。私に麻雀で勝てる方法を教えてください!!”

哲也~雀聖と呼ばれた男~(16)

(210ページ)
弘前(ひろさき)の雀荘の危機を救った哲也(てつや)は、青函連絡船で函館へ向かっていた。「達者で打ち続けてるか? 印南(いんなみ)……」 旅打ちの終着点、たどり着いた北の大地で哲也が耳にしたのは、哲也が本物の博奕打ちと認めた旧友、印南の壮絶なる最期!! その闘牌の記憶とは――!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(17)

(185ページ)
力を求め、日本を呑み込まんとするドサ健! 哲也の首を狙って姿を現す、四天王の脅威!! ついに出会った哲也とドサ健…無頼への欲求、支配への欲望!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(18)

(186ページ)
哲也(てつや)の最大のライバル・ドサ健が送り込んだ玄人(バイニン)上野(ノガミ)四天王――!! 一人目の玄人は、哲也のオヒキ、ダンチを精神的に壊した口蛇皮線使いの“奄美のハブ”!! 彼の話術に翻弄されるも、裏をかき、みごと勝利した哲也たち。しかし次なる刺客(しかく)、最強コンビの美人双子・タミイとミミイに思わぬ大苦戦を強いられる!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(19)

(203ページ)
”上野の代打ちがユウさんだってのか‥‥!! 新宿を売りやがったのかよ ユウさん!!”新宿 vs 上野(ノガミ)の対決収録。

哲也~雀聖と呼ばれた男~(20)

(185ページ)
上野(ノガミ)のドサ健の本拠地へ乗り込んだ哲也の前に、かつて房州と死闘を演じた伝説の玄人が立ち塞がる!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(21)

(194ページ)
「まずい……この勝負、負けるかもしれねえ……」 敵地・上野(ノガミ)に乗り込んだ哲也(てつや)の前に立ちはだかる、上野四天王最後の一人・神保(じんぼ)。一瞬にして牌(はい)の位置を記憶してしまう「神の眼」を持つ神保に、哲也は限界を超える早積みで対抗する!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(22)

(182ページ)
房州と神保、哲也とドサ健、二世代に渡る玄人頂上決戦の序盤、哲也が完全に流れをつかむ! ‥しかし眠れる獅子・ドサ健は不敵な笑みを浮かべ‥‥!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(23)

(193ページ)
出会ったが最後、生きるか死ぬか! 玄人(バイニン)としての全てを賭けた哲也(てつや)とドサ健の頂上対決。最終局、哲也はダブル役満を狙った最後の大勝負に打って出る。新宿と上野(ノガミ)の麻雀抗争はついに終結。そして勝負を終えた哲也は、また旅打ちに出る。無賃乗車で捕まるところを救ってくれた女・千明(ちあき)に連れられてきたのは芸者旅館。そこで行われている裏名物、芸者麻雀の罠にはめられた千明を救うため、哲也の玄人(バイニン)魂が燃える!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(24)

(206ページ)
芸者麻雀を制した哲也(てつや)は、浜松へと辿り着く。賭場(とば)を探す中で知り合った父娘の頼みを受け、謎の風水師と闘うことになった哲也。「“北”……それがあなたの凶牌です……」 風水の力で牌を引き寄せ、哲也の凶牌をことごとく言い当てる謎の風水師の正体とは? 大自然の真理の前では、哲也の技も無力なのか!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(25)

(184ページ)
「なめんなよ! 俺の胃袋は琵琶湖並みだぜ!」 彦根一の玄人(バイニン)・一トン爆弾のリキが、哲也(てつや)をオヒキにスカウトした! 食えば食うほどツキが上がるリキと哲也のコンビが選んだ通しは“食いものローズ”。この珍勝負いったいどうなる!? 「こいつと打つと必ず場が荒れる……」 あらゆる常識や理論がまったく通用しない麻雀で、大阪の雀荘を荒らし回る仮面雀士(じゃんし)・暴風雨の目羅(めら)。目羅の“無秩序”な世界と、仮面に隠された目羅の正体に哲也が挑む!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(26)

(182ページ)
大阪の雀荘を荒らし回る仮面雀師(じゃんし)・暴風雨の目羅(めら)! 彼の正体を見破った哲也(てつや)は、荒れまくる無秩序な場に止めを刺す!! 圧倒的な財力を武器に、数々のギャンブラーを打ち負かしてきたゴールドマン三兄弟。かつての戦友・近藤の、三兄弟との勝負に敗れて変わり果てた姿を見た哲也は、玄人(バイニン)の意地を懸け、三兄弟との壮絶な倍賭けサシ馬勝負に挑む!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(27)

(182ページ)
ゴールドマン三兄弟との死闘に決着をつけた哲也(てつや)は、四国・香川に流れ着いた。そこで出会ったうどん屋夫婦。その妻は昔、“七色ローズの瞳(ひとみ)”と呼ばれた元玄人(バイニン)だった。そんな時、哲也の右手を襲う激痛! それは博奕(ばくち)打ちの“業(ごう)”故(ゆえ)なのか? そこに、瞳と再びコンビを組もうと付け狙う玄人・折笠が訪れた!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(28)

(195ページ)
打倒・満鉄を目指す康平を励ます大善。かつて新宿の玄人だった大善は「坊や哲」から学んだある哲学を康平に授ける‥‥!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(29)

(184ページ)
「挑まれた勝負は、断らないのが玄人(バイニン)なんだ!」 博多の雀荘(じゃんそう)で出会った、勝っても負けても笑っている“笑顔のポーカーフェイス”が武器の少年玄人・ター坊。しかしその笑顔の裏には、ター坊と彼の父親をめぐる凄絶な悲劇が隠されていた!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(30)

(203ページ)
新聞記者の真琴が迷い込んだヤバい賭場で、彼女を助けるために打つ事になる哲也。敵は四人、一人は哲也を見張り、三人はやりたい放題。哲也はこの状況を打破できるのか‥!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(31)

(184ページ)
「相手を気持ちよ~くさせて、ギリギリで負けるんだ!」 長崎で新聞記者になった哲也(てつや)に命じられた初の大仕事は“接待麻雀”! 絶対に「勝ってはいけない」大勝負が、今始まった! はたして哲也は、ライバル社の大広告主・カステラ社長を気持ちよ~く勝たせることができるのか!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(32)

(182ページ)
「だったら勝負しようじゃねえか、真琴(まこと)を賭けてな!!」 先輩記者・真琴の結婚相手が、じつは玄人(バイニン)だと知った哲也(てつや)は、真琴を取り戻すため“神前麻雀”に挑む!! 真琴を、そしてお世話になった長崎盛り場新聞を救うことは出来るのか!? そして哲也は大牟田(おおむた)へ。その炭鉱の奥底で、哲也はドサ健の幻影と出会う!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(33)

(184ページ)
大牟田(おおむた)の炭鉱にひとり引きこもる、3年半無敗の元海軍中尉・白水(しろうず)。彼は相手の心音を聞きとり、心まで読み取ってしまう、極限まで研ぎ澄まされた「勝負勘」の持ち主だった! ツバメ返しさえもが通用しない強敵に、全てを懸けて哲也(てつや)が挑む! そして哲也は己の心の闇から抜け出すため、特攻の町、知覧(ちらん)へ。そこでは戦った挙げ句に死ぬ、空前絶後の“特攻麻雀”が行われていた!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(34)

(186ページ)
「始めるぞ。命懸けの勝負を!」 元特攻隊員・醍醐(だいご)との壮絶な死闘! 治外法権の米軍基地、負けたら本当に死が待っている“特攻麻雀”で、哲也(てつや)はあの日、ドサ健に負けた本当の理由を知る!! 己の限界を踏み越えたとき、哲也は本当の玄人(バイニン)となった!! さあ帰ろう、新宿へ――。

哲也~雀聖と呼ばれた男~(35)

(184ページ)
「あんたらに見せてやるぜ。俺達の新時代の麻雀をな!」 麻雀新時代を切り拓くため哲也(てつや)とダンチに牙を剥(む)く、ダンチ新撰組の白銀(しろがね)&黒土(くろつち)! “双方向(デジタル)麻雀”を駆使する若武者コンビの猛攻が、新宿最強コンビを追いつめる――!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(36)

(182ページ)
「どんな味がすんのかな? 坊や哲の夢は……」人の夢を喰らう幻術玄人(バイニン)・夢喰らいのバク! 彼は催眠術まがいのトリックで、周囲を夢の世界へと引きずり込んでいく。その仕掛けを見事暴いた哲也(てつや)だが、対局中、突如意識を失ってしまう。哲也の体に何かが起こっている!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(37)

(182ページ)
「普通じゃねえ……俺の体にいったい何が……」 なんの前触れもなく突如意識を失うという原因不明の病魔に冒された哲也(てつや)。その身に爆弾を抱えながらも、哲也は人骨牌を作るという異能の牌(ハイ)彫り師・キバとの闘牌に挑む!! そして哲也を襲う病名が判明。ナルコレプシー(突発性睡眠症)は当時の医学では治療法がないとされていた。玄人(バイニン)、廃業――!?

哲也~雀聖と呼ばれた男~(38)

(203ページ)
「今夜中に、あんたは俺と打(ぶ)たなきゃなんねえんだよ。今日が親父の命日だからだよ」 傷つき当てもなく乗り込んだ夜汽車の中で、哲也(てつや)とダンチが出会ったのは房州(ぼうしゅう)の息子・中(あたる)! 房州の弟子・哲也と息子・中の骨肉の闘牌がはじまる! 父を凌駕(りょうが)する技を武器に頂点に駆け上がろうとする中と、病魔に冒され頂点(ピーク)を過ぎた哲也。過酷すぎる勝負に根をあげるダンチに勝負師の言葉が叩きつけられる。「辛くねえ博奕(ばくち)のどこが面白いんだ」

哲也~雀聖と呼ばれた男~(39)

(184ページ)
伝説の玄人(バイニン)であり、哲也(てつや)の師匠である房州(ぼうしゅう)の息子・中(あたる)との死闘を終えた哲也とダンチは、新宿へと戻ってきた。そんな時、今は神父となっていた元玄人・神保(じんぼ)が亡くなった。そこで哲也は、玄人なりの弔(とむら)い方、葬式麻雀を開催する! 旧友たちとの心温まる葬式に満足していたみんなだが、哲也が発作に襲われて眠り込んでいたときに、ダンチがニ人組の刑事に襲われて重傷に!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(40)

(192ページ)
「気を付けろ……お前の麻雀は全て解析(プロファイル)されてるんだ!!」 ダンチを病院送りにしたニ人組の刑事に、仇討ちに向かった哲也(てつや)を、“プロファイリング麻雀”の罠が待ち受ける! 窮地に立たされた哲也の元(もと)に乗り込んできたのは、捜し求めていたドサ健! 2年の刻(とき)を経て、再び卓上で激突する哲也とドサ健! 互いの運と力、そして魂をも喰らい合う、これぞ博奕(ばくち)打ちの究極の闘牌!!

哲也~雀聖と呼ばれた男~(41)

(218ページ)
哲也(てつや)に敗れたドサ健は新たな金を作り、再度勝負を挑む! 開始された第2ラウンド、ヒラ場と読んだドサ健に対し、哲也の一打は積み込み・サマ場!! サマかヒラか……どっちと読むかで勝負は決まる! 互いのすべてを懸けた勝負にいよいよ決着が!! 哲也伝説、万感のフィナーレ!



書籍情報(少年漫画)

著者: 星野泰視 さいふうめい

カテゴリ:少年漫画

連載雑誌:週刊少年マガジン

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月19日

勝負の世界でしか生きられない人々がいる。人は彼らをギャンブラーと呼ぶ……。「雀聖(じゃんせい)」蘇る!! 伝説の勝負師、無頼作家・阿佐田哲也(あさだ・てつや)の青春! 昭和20年――終戦。16歳の哲也は生きる希望を見失うが、博奕場の真剣勝負を体験することで気力を取り戻す。もっと強くなりたい! もっと勝負がしたい! そんな哲也は運命の糸に導かれて、進駐軍の米兵が支配する横須賀の裏通りに向かった。命をやり取りする闇麻雀の世界で、駆け出しの“坊や哲”は生き残れるのか……。


≫ 同じ著者の作品
デラシネマ

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品
金色のガッシュ!!
ドメスティックな彼女
真・異種格闘大戦【地上最強の生物は誰だ】
俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?
少年Y
クローズLadies
高遠少年の事件簿
魔界都市ハンター異伝 魔聖杯
XBLADE
セクシャル・ハンター・ライオット
トモダチゲーム
ショー☆バン

≫ 同じ出版社(講談社)の作品
nude~AV女優みひろ誕生物語~
ハレ婚。
なるたる
逃げるは恥だが役に立つ
君がウソをついた
ダーリンは社長くん 分冊版
L・DK
デビルエクスタシー
僕たちがやりました
コスプレ☆アニマル
シタインデスケド。
桃色ヘヴン!

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す