代紋<エンブレム>TAKE2



タグ: 30巻以上 10巻以上 アウトロー 青年漫画 20巻以上


代紋<エンブレム>TAKE2(1)

(236ページ)
うだつのあがらぬチンピラ阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、組の抗争であえなく死んでしまうが、神のいたずらか10年前の世界に生き返ってしまった。今までのミジメな自分にさようなら、これからは金の代紋(エンブレム)めざしてヤクザの道をひた走るんだ──決意に燃える2代目海江田(かいえだ)組組員・阿久津丈二の新たなる人生が今、幕を開ける!

代紋<エンブレム>TAKE2(2)

(242ページ)
10年前の世界へタイムスリップした2代目海江田(かいえだ)組組員・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来を知る男。立派なヤクザ者になるべく新たな人生を歩みはじめ、江原のノミ屋で競馬の大穴を当てたものの、その配当金はいっこうに支払われてない。そんなおり、偶然江原の手に渡った1枚の手形が、丈二を大きな事件へと巻き込んでゆく!

代紋<エンブレム>TAKE2(3)

(250ページ)
2代目海江田(かいえだ)組組員・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は10年前にタイムスリップした、未来を知る男。時は1980年、ヤクザ歴12年にして弱冠21歳、極道の世界でのしあがろうと決意に燃えるのだったが、偶然石田の兄貴が組御法度(ごはっと)の覚醒剤売買に手を染めたのを知ったことから、思わぬ方向へと事件は展開してゆく。どうなる丈二!?

代紋<エンブレム>TAKE2(4)

(232ページ)
死んだ拍子に10年前の世界にタイムスリップしてしまった阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、立派なヤクザ目指して新たな人生を猛進中。時代は1980年、知ってる未来を利用してノーパン喫茶でひと儲(もう)け企(たくら)む丈二は、暴悪無類で名の知れた神田賢治(かんだ・けんじ)の早すぎる出所が起こした予期せぬ事件に巻き込まれてしまう。危うし丈二!!

代紋<エンブレム>TAKE2(5)

(232ページ)
死んだ拍子に10年前の世界にタイムスリップしたヤクザ・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、2度目の人生に希望を燃やす2代目海江田(かいえだ)組組員。ところが暴悪無類のヤクザ・神田賢治(かんだ・けんじ)の子分を殺した濡れ衣を着せられ復讐のために命を狙われるハメに。そして、事件はことの真相をめぐって海江田組の内部抗争へと発展してゆく!

代紋<エンブレム>TAKE2(6)

(238ページ)
10年前にタイムスリップ、1980年の世界で新たな人生に命を燃やす阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は2代目海江田(かいえだ)組組員。さきの内部抗争事件にケリをつけた論功行賞(ろんこうこうしょう)でノミ屋のシノギを手に入れ有頂天だったが、それもつかのま、江原にはめられ窮地に追い込まれてしまう。はたして丈二に起死回生のチャンスはあるのか!?

代紋<エンブレム>TAKE2(7)

(240ページ)
1981年・東京。10年後の世界からタイムスリップし、ミジメだった人生のやりなおしに燃える阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は2代目海江田(かいえだ)組の組員だ。未来を知ることを武器に数々の難事件を乗り越え、ついに組長のボディガードにまで出世したのはいいけれど、そんな丈二をひそかに付け狙う菊水会のチンピラが現れて──!?

代紋<エンブレム>TAKE2(8)

(236ページ)
1981年の東京、未来からタイムスリップしてきて、人生やりなおしに燃える2代目海江田(かいえだ)組組員・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は今や出世して組長のボディガードに。一方、菊水会と飴善(あめぜん)屋一家とのあいだで始まった抗争は、やがて海江田組の仲裁で手打ちになるはずとタカをくくる丈二の予想に反して意外な展開をむかえる。

代紋<エンブレム>TAKE2(9)

(224ページ)
1981年の東京、阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきた2代目海江田(かいえだ)組組員。出世して山崎組長のボディガードになったのはいいけれど、おりしも抗争相手の菊水会組員であり親友でもある沖田努(おきた・つとむ)が、山崎組長の命を狙っていることを知ってしまう。組と友情の板バサミとなった丈二はいったいどうする!?

代紋<エンブレム>TAKE2(10)

(218ページ)
1981年、夏。未来からタイムスリップしてきた2代目海江田(かいえだ)組組員・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、殺された山崎組長の仇を討つため、親友の沖田努(おきた・つとむ)を殺さなければならない。友情を捨てて悲しい闘いに挑む丈二。しかし事件の裏では海江田組の跡目を狙う本家新執行部と江原、そして菊水会の野望と欺瞞(ぎまん)が渦巻いていた!

代紋<エンブレム>TAKE2(11)

(246ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は10年後の未来からタイムスリップしてきた2代目海江田(かいえだ)組組員。1981年東京、うす汚い陰謀にまみれた山崎組長の仇討ちは、みずからの手で親友を殺してしまうという深い悲しみを丈二に背負わせた。野望を秘めて娑婆(しゃば)にのさばる宿敵・江原、しかし丈二に用意された新たな舞台は刑務所だった!

代紋<エンブレム>TAKE2(12)

(222ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は10年後の未来からやってきたタイムスリップ・ヤクザ。娑婆(しゃば)では2代目海江田(かいえだ)組組員だったが、ライバル・江原に組を乗っ取られたうえ破門され、今では塀の中の住人に。一度は落ち込んだものの、再会した舎弟(しゃてい)・土橋の命を救うため天下の明石組相手に大活躍。丈二の明るいムショ生活が始まった!

代紋<エンブレム>TAKE2(13)

(224ページ)
府中刑務所に服役する阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきた元・海江田(かいえだ)組組員。1982年、土橋(どばし)や佐山(さやま)と塀の中の再会を果たした丈二は、アキラという新しい舎弟(しゃてい)を得た。そんなおり、鬼の新所長が始めた暴力による厳しい管理が、ついに犠牲者を出して受刑者たちの怒りを爆発させてしまう!

代紋<エンブレム>TAKE2(14)

(224ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきた元・海江田(かいえだ)組組員。1982年、丈二の服役する府中刑務所では、革命家・長谷川が受刑者を扇動(せんどう)し暴動を起こした。警視庁から潜入した吉田の暴動鎮圧(ちんあつ)の依頼を条件つきで了承した丈二は、この暴動を内部から崩壊させるべく、アキラらと共に行動を開始する!

代紋<エンブレム>TAKE2(15)

(220ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1983年、暴動鎮圧(ちんあつ)の功労が認められ、府中刑務所を仮釈放となった丈二は、刑務所時代の親分衆に盛大に迎えられる。因縁のライバル海江田組組長江原の不穏な動きのなか、明石組・渕上(ふちがみ)の力添えで、丈二の新たな人生が、今、始まる!

代紋<エンブレム>TAKE2(16)

(221ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1983年、明石組の渕上(ふちがみ)と田上連合との話し合いで破門を解かれた丈二は、木更津の白浜組8代目組長となる。舎弟(しゃてい)となった元・兄貴分の石田と府中刑務所から戻った森下を加え総勢10名の組を再建すべく、丈二は新たな試練に立ち向かう!!

代紋<エンブレム>TAKE2(17)

(216ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1983年、破門を解かれ木更津の白浜組8代目組長となった丈二は組再建に奔走(ほんそう)する。そんななか、千葉狂走連合300人を一人でヘコませた丈二に対し、腹の虫の収まらない総長・藤木利道(ふじき・としみち)は復讐のチャンスをうかがう。8代目の運命やいかに!?

代紋<エンブレム>TAKE2(18)

(217ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1983年、破門を解かれ木更津の白浜組8代目組長となった丈二は、刺殺されたかに見えたがが奇跡的に生き返る。再開した賭場(とば)も新たに始めたノミ屋も好調な白浜組だが、因縁のライバル江原は、丈二潰しに鉄砲玉・福永を送り込んでくる!!

代紋<エンブレム>TAKE2(19)

(216ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1983年、破門を解かれ木更津の白浜組8代目組長となった丈二は、刺殺されたかに見えたが奇跡的に生き返る。海江田組の刺客・福永を許したうえ、客分として迎え、新たに組再建に立ち向かう丈二に、喧嘩(けんか)の仲裁人の依頼が持ち込まれる。

代紋<エンブレム>TAKE2(20)

(216ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1983年、破門を解かれ木更津の白浜組8代目組長となった丈二は、真鍋組と加東組の喧嘩(けんか)の仲裁を成功させ評価を上げた。だがその裏では、渕上(ふちがみ)のいる神戸明石組が跡目(あとめ)争いから関東進出を決め、その足掛かりに木更津が狙われる!!

代紋<エンブレム>TAKE2(21)

(216ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1984年、神戸明石組が跡目争いから関東進出を決め木更津に侵攻。白浜組8代目組長として地歩を固めつつあった丈二は、明石組への加担を疑われながらも、木更津連合結成を提唱。そのさなか、子分の柳下(やなした)が明石組・伯野(はくの)に撃たれた!!

代紋<エンブレム>TAKE2(22)

(222ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1984年、柳下(やなした)惨殺の報復に晶(あきら)が伯野(はくの)を殺(や)ったことを口実に、神戸明石組は関東侵攻を一気に激化。丈二が会長を務める木更津連合の各組からの協力を拒まれた白浜組は、死を覚悟で9対200の決闘に臨む。衝撃の木更津編クライマックス!!

代紋<エンブレム>TAKE2(23)

(221ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。木更津の白浜組8代目組長だった丈二は、神戸明石組の関東進出を阻止したことで千葉を統一し、その頂点に立つ。1985年、江原の残忍な手口によるかつての仲間の惨状を知った丈二は、全てを捨て打倒江原のため新宿に殴り込む!!

代紋<エンブレム>TAKE2(24)

(219ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ、元・海江田(かいえだ)組組員。1985年、千葉連合会長の地位を捨て新宿へ戻った丈二は、海江田組相談役・大田原の舎弟(しゃてい)となったうえ、田上梅沢一家若頭補佐・辻井の兄貴となり、江原の盃を受けずに海江田組復帰に成功。宿敵江原との対決はいよいよ本格化する!!

代紋<エンブレム>TAKE2(25)

(221ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ。1985年、千葉連合会長の地位を捨て新宿に戻った丈二は、知恵を絞った盃(さかずき)で、破門されていた海江田(かいえだ)組に復帰。江原との衝突にも一息ついたその裏では、江原の使者が千葉連合の崩壊を画策。さらに泥沼の台湾マフィア抗争に巻き込まれる丈二の運命は!?

代紋<エンブレム>TAKE2(26)

(214ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は未来からタイムスリップしてきたヤクザ。千葉連合会長の地位を捨て新宿に戻った丈二は、苦心の盃(さかずき)で破門されていた海江田(かいえだ)組に復帰。台湾マフィア抗争を終結させ海江田組への覚醒剤ルートを断った丈二は、ついに江原と全面衝突へ。千葉連合の後ろ盾を崩された丈二に、おそるべき刺客が迫る!!

代紋<エンブレム>TAKE2(27)

(220ページ)
鉄砲玉として惨めに命を落としながら、10年前にタイムスリップした奇跡のヤクザ・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。さえない人生を塗り替えるため奮闘する丈二の前に立ちはだかるのは、2代目海江田(かいえだ)組組長・江原真悟(えはら・しんご)。宿命の対決は最高潮!! 海江田組先代殺しの真相をめぐって、丈二と江原が息詰まるかけひきを展開する!!

代紋<エンブレム>TAKE2(28)

(224ページ)
未来からタイムスリップし、自らの人生を塗り替えるために戦うヤクザ・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。宿敵・江原真悟(えはら・しんご)が犯した「親殺し」という許されざる過去をついに暴き出した丈二だが、窮地に叩き込まれた江原も黙ってはいない。追いつめる丈二・追いつめられた江原、両者の熾烈な戦争は、もう誰にも止められない!!

代紋<エンブレム>TAKE2(29)

(230ページ)
宿敵・江原真悟(えはら・しんご)の過去の悪事を暴いたタイムスリッパー・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。いよいよ江原に引導を渡す時がきた。しかし潜伏中の阿久津組を江原の手の者が襲撃、囚(とら)われの身となった丈二に向けられた銃口が火を吹く!! 絶体絶命、もうあきらめるしかないのか!? 新宿死闘編は、壮絶なクライマックスを迎える!!

代紋<エンブレム>TAKE2(30)

(222ページ)
さえないチンピラ稼業の挙げ句の果てが鉄砲玉……。惨(みじ)めに命を落としながら、過去にタイムスリップして、人生やり直しを始めた海江田(かいえだ)組末端(まったん)組員・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、長い長い戦いの末、宿敵・江原真悟(えはら・しんご)を打倒。とうとう3代目海江田組組長にまでノシアガる。しかし丈二の胸中は……。目が離せない新展開!!

代紋<エンブレム>TAKE2(31)

(218ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は自らの人生を塗り替えるために戦うタイムスリップ・ヤクザ。凄絶な抗争の末、とうとう3代目海江田(かいえだ)組組長にまで登りつめた丈二だが、大義を通すために惜しげもなく3代目を引退。新宿の片隅で新生阿久津組をスタートさせる。しかし次なる試練はすぐそこに……。丈二に安穏の日々はない!?

代紋<エンブレム>TAKE2(32)

(224ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は自らの人生を塗り替えるために戦うタイムスリップ・ヤクザ。阿久津組組長。少女の頼みで、その肉親捜しを引き受けた丈二だが、身元不明の腐乱死体を発見するわ、因縁深い矢野欣也(やの・きんや)とひと悶着あるわ、ボクサー崩れのパンチは喰らうわ。どうやらただごとじゃない陰謀に足を突っ込んだ模様!?

代紋<エンブレム>TAKE2(33)

(230ページ)
幾多の試練を乗り越え、凄絶な抗争を生き抜いたタイムスリッパー・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。誰もが一目置くひとかどのヤクザにまでノシアガり、新宿で新生阿久津組をスタートさせたのはいいが、なぜかトラブルの絶えない毎日が続く。さらにその頃関西では、恐るべき「あの男」がドン底から復活しようとしていた!!

代紋<エンブレム>TAKE2(34)

(222ページ)
2度目の凄絶な人生を戦い抜き、ついには新宿に新しい組を構えるにまでノシアガったタイムスリップ・ヤクザ、阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。だが、丈二のあずかり知らぬ浪花(なにわ)の地で、一度は地獄に落ちた宿敵・江原真悟(えはら・しんご)が完全復活を遂げていた。一方、阿久津組では、三瓶(さんぺい)率いる三島組との熾烈(しれつ)な抗争の火蓋(ひぶた)が切って落とされた。

代紋<エンブレム>TAKE2(35)

(226ページ)
“かわいい子分のためなら命も懸けるぜ!!”2度目の人生を果敢(かかん)に戦い抜くタイムスリップ組長・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。新宿美人ホステス殺害事件に端を発した三島組・三瓶(さんぺい)との血の抗争が激化する中、面子(メンツ)を捨て事態収拾に動き出した丈二だったが……。その陰で、丈二に惚れ抜く斎藤が、吉田報復のために暴走を始めた!!

代紋<エンブレム>TAKE2(36)

(220ページ)
鉄砲玉としてドブ川に散った1度目の人生を塗り替えるべく戦うタイムスリップ組長・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。三島組・三瓶(さんぺい)との血の抗争終結に動く丈二の陰で、手打ちを認めぬ舎弟(しゃてい)・斎藤が銃撃戦の末、三瓶の実父・木山を殺害。自らの引退と引き換えに、子分の命を救おうとする丈二が、死の淵でもがく斎藤の元へ走った!!

代紋<エンブレム>TAKE2(37)

(222ページ)
2度目の人生を、共に笑い、共に泣き、そして、いかなる時も一緒に戦い抜いてきた舎弟・斎藤聡(さいとう・さとし)が死んだ。その悲しみを乗り越えて、再び歩きはじめたタイムスリップ組長・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)のもとで、またまたあの問題児、森下晶(もりした・あきら)がとんでもねえシノギをおっぱじめたッ! その名もズバリ、一獲千金裏ビデオ大作戦!?

代紋<エンブレム>TAKE2(38)

(224ページ)
千葉で行われた法要(ほうよう)先での揉(も)め事をビシッとまとめ上げ、想い出の地・木更津に立ち寄ったタイムスリップ親分・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)。そこで現白浜組組長・福永と再会した丈二だったが、かつての戦友から、突然の新宿(ジュク)復帰の申し出を受ける。そんな折、松風と名乗る霊媒師が出現。事態は怪しげな悪霊騒動へと……。

代紋<エンブレム>TAKE2(39)

(222ページ)
3代目明石組組長・田村芳雄(たむら・よしお)が死んだ──。突然の訃報(ふほう)を受け、悲しみにくれるタイムスリップヤクザ・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の陰で、地獄の使者・江原真悟(えはら・しんご)がついに動き出した。日本中の極道地図を塗り替える大異変が刻一刻と進む中、自らを操る運命の糸に怯えはじめる丈二……。そして謎の美女との再会が待ち受ける!!

代紋<エンブレム>TAKE2(40)

(224ページ)
1988年、年頭――。タイムスリップ組長・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は激動の昭和最後の年を迎えようとしていた。折しも、因縁浅からぬ男・矢野欣也(やの・きんや)率いる黒川組が田上梅沢傘下に入り、木更津からは福永が新宿に帰還した。そんななか、宿敵・江原生存説が確固たるものとなり、嵐の前兆のごとくあの2人組が出所した!!

代紋<エンブレム>TAKE2(41)

(220ページ)
タイムスリップ組長・阿久津丈二(あくつ・じょうじ)、銃撃さるッ! 阿久津組入りを頑(かたく)なに拒む元石田舎弟・牧田、栗山の放った弾丸は、強硬(きょうこう)に事を進める福永の体を逸(そ)れ、丈二の肩口に突き刺さった──。8年ぶりの娑婆(シャバ)、そして揺れ動く意地と筋。丈二が塗り替える歴史に、取り残された二人の行動が、前代未聞の組抗争を呼び起こす!!

代紋<エンブレム>TAKE2(42)

(216ページ)
牧田、栗山を処刑せよ!! 8年ぶりに出所した組員らが引き起こした“阿久津丈二(あくつ・じょうじ)誤射事件”の責任を取らされ、小指(エンコ)を飛ばした海江田組組長・志村が吠えた。一方、二人の命を救うべく志村の元に向かったタイムスリップ組長・丈二だったが、交渉は決裂。ついに阿久津組vs.海江田組全面戦争の様相を呈し、事態は泥沼へと……。

代紋<エンブレム>TAKE2(43)

(216ページ)
牧田、栗山の出所を契機に、“阿久津丈二(あくつ・じょうじ)誤射事件”が勃発。もはや古巣・海江田組との全面戦争も避けられぬ様相を呈していた阿久津組だったが、田上連合・工藤の仲裁により、事態は収束へと向かっていた。ところが、狂乱の限りを尽くす海江田組武闘派・有田の暴走で、さらなる抗争の火種が燻(くす)ぶりはじめていた……。

代紋<エンブレム>TAKE2(44)

(244ページ)
野獣と化した海江田組・有田は、田上連合・工藤の仲裁を無視してミツルを射殺してしまう。だが阿久津丈二(あくつ・じょうじ)はこれ以上の泥沼化を避けるため、工藤親分からきっちり落とし前をとったうえで、再び海江田組との手打ちを整えた。後は仇討ちをするのみ。ミツルの兄貴分である洋一に、有田の命(タマ)を獲るように命じた──。

代紋<エンブレム>TAKE2(45)

(222ページ)
阿久津(あくつ)組と海江田(かいえだ)組の抗争は、洋一がミツルの仇である有田の命(タマ)を見事に殺(と)ったことで、終結を迎えた。一方、警視庁が仕掛けてきた頂上作戦によって逮捕されてしまった丈二(じょうじ)は、激しい拷問により殺されかけてしまうが、欣也(きんや)の尽力により間一髪で救出される。こうして阿久津組にも束の間の平和が訪れた──。

代紋<エンブレム>TAKE2(46)

(242ページ)
海江田(かいえだ)組との抗争も終結し、“ソープで働け!”という暴言から始まった晶(あきら)とさやかのケンカも、結果としてお互いの愛を確かめ合うこととなり、二人は結婚を約束する。表向きは平穏無事に見える阿久津(あくつ)組だが、彼らのあずかり知らぬところで、事態は風雲急を告げていた――!

代紋<エンブレム>TAKE2(47)

(216ページ)
明石組の分裂、田上梅沢一家・中山の引退表明、そして宿敵・江原(えはら)が傭兵と共に上京と、阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の周辺は急激にきな臭さを増していった。そんななかで迎えた丈二とカオリの結婚式当日。ウエディングドレス姿のカオリの前に突然、江原が現れた。控え室の異変に気付き駆け付けた丈二、その眼前に見たモノは!? 最終章、衝撃の大展開!!

代紋<エンブレム>TAKE2(48)

(230ページ)
結婚式当日に、妻となる最愛の女性・カオリと彼女のお腹にいた子供を殺害され、一瞬にして地獄へとたたき落とされてしまった阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、その悲惨な現実を受け入れることができずにいた。一方、警視庁の機能をマヒさせた傭兵達は、次の標的である東京タワーを警備する機動隊員に容赦ない攻撃を開始する!!

代紋<エンブレム>TAKE2(49)

(233ページ)
東京タワーの警備についていた機動隊第1中隊全員を、いともたやすく殲滅(せんめつ)しタワーを爆破、倒壊させてしまった傭兵部隊。相次ぐテロに東京は完全にパニックに陥る。一方、愛する人を亡くし失意の丈二は自殺を図るが欣也(きんや)の体を張った説得により、ついに仇討ちを決意。復讐の鬼と化し犯人捜索に動く!!

代紋<エンブレム>TAKE2(50)

(228ページ)
“せや! ワシが殺(と)ったったんや!”愛するカオリとお腹の子の命を奪った犯人が江原(えはら)だとわかった阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は慟哭(どうこく)し、そして激高する! “江原をブッ殺す!”それが唯一の生きる目的となった丈二は、手段を選ばず江原を捜し求める。邪魔する者は、たとえそれが国家権力であろうとヤクザであろうと容赦はしない!!

代紋<エンブレム>TAKE2(51)

(230ページ)
警視庁、東京タワー、首都高と破壊し東京を壊滅(かいめつ)状態におとしいれた傭兵部隊は、日本政府の無能ぶりを嘲笑(あざわら)うかのように次なる作戦を展開していく。一方、カオリを殺害した江原(えはら)の行方が杳(よう)として知れず、いらだちを隠せない阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の元に、ある一本の匿名電話が飛び込む! “江原の居場所を知っている”と!!

代紋<エンブレム>TAKE2(52)

(220ページ)
東京拘置所、府中刑務所を急襲、囚人達に武器を与え解放した傭兵部隊の作戦は、東京を無法地帯へと変貌させてしまう。一方、春香との密会現場を阿久津丈二(あくつ・じょうじ)達に包囲され追いつめられた潮(うしお)は、愛するがゆえ、なんと春香を自らの手で殺してしまう。絶叫する潮、その声を聴き駆けつけてきた丈二が見たものとは――!?

代紋<エンブレム>TAKE2(53)

(226ページ)
東京中の極道を束ね、混乱を極める首都の治安にあたろうとする工藤会長は、千葉阿久津(あくつ)連合の上京中止を求めるが、丈二(じょうじ)はこれを一蹴(いっしゅう)、二人は激しく衝突してしまう。一方、傭兵(ようへい)部隊の陽動作戦に対応と認識の甘さを露呈してしまった政府は、この事態を打破すべく自衛隊の出動を検討。果たして首相の決断は!?

代紋<エンブレム>TAKE2(54)

(224ページ)
傭兵部隊による連続テロで東京の治安は著しく悪化、事態の収拾を計りたい政府は苦悩のすえ自衛隊の出動を決断、首都に戒厳令が敷かれた。そんな厳戒態勢の中、江原(えはら)は傭兵達に次なる作戦“丈二(じょうじ)誘拐”の指示を出す。一方、海江田(かいえだ)組・志村はこの混乱に乗じついに仁義なき工藤・中山暗殺計画を始動させる!!

代紋<エンブレム>TAKE2(55)

(232ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)に恨みを持つ海江田(かいえだ)組・志村の画策により工藤・中山襲撃の首謀者とされてしまった丈二は、無実であることを証明するため自ら田上連合幹部の前に出向こうとする。しかし、すでに江原(えはら)の命で丈二誘拐に動き出していた傭兵部隊は、事態の急変に作戦を変更、丈二達に攻撃を仕掛けてきたからタマラナい!!

代紋<エンブレム>TAKE2(56)

(224ページ)
渡世(とせい)の大罪である親殺しを実行した海江田(かいえだ)組・志村が事務所で見たものは、惨殺された組員達の哀れな姿であった。憤(いきどお)る志村の前に悠然と現れたのは、なんと江原(えはら)だった。一方、傭兵に拉致された阿久津丈二(あくつ・じょうじ)はなんとか脱出を計ろうと、見張りのルイスをトイレに連れ出し、そこでついにイチかバチかの賭けに出た!!

代紋<エンブレム>TAKE2(57)

(228ページ)
江原(えはら)の命令をうけた傭兵部隊に拉致監禁されていた阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、決死の覚悟で奪った手榴弾を爆発させ脱出に成功、瀕死の重傷を負いながらも運よく病院へ収容される。一方、工藤・中山襲撃を丈二の仕業としたい総長代行となった清水は、宣戦布告をさせるため矢野欣也(やの・きんや)を阿久津組へと乗り込ませた!

代紋<エンブレム>TAKE2(58)

(232ページ)
阿久津(あくつ)組は下水道にガソリンを流して傭兵達を炙(あぶ)り出す作戦を敢行、みごとに追いつめるが、逆に反撃をくらい数十人いた組員が全滅寸前にまで追い込まれる。アキラも絶体絶命の窮地に立たされるが、そこに戦車とともに自衛隊が登場し命拾いをする。ここに自衛隊と傭兵部隊との戦闘の幕がついに切って落とされた!!

代紋<エンブレム>TAKE2(59)

(228ページ)
阿久津丈二(あくつ・じょうじ)の身柄が警察によって拘束された事実を知り、近田若頭を筆頭とする阿久津組の連中は前代未聞の行動に出る! なんと1000人以上のヤクザで警視庁を取り囲み、丈二の即時釈放を要求、受け入れられなければ警視庁を襲撃すると宣言したのだ。警察とヤクザが互いの意地と面子(メンツ)をかけた、一触即発の事態に!!

代紋<エンブレム>TAKE2(60)

(218ページ)
テロリスト達との闘いで、余りに多くの組員の命が犠牲となったことに心を痛める阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、一気に決着をつけるべく、なんと江原(えはら)に歌舞伎町での決闘を申し込み、江原もそれを受ける。一方、そのやりとりを知ったカルロスは、日本に残って丈二を始末することを決断する!!

代紋<エンブレム>TAKE2(61)

(242ページ)
決闘の場となるはずだった歌舞伎町に、江原(えはら)は現れず、待っていたのは最強の傭兵、カルロス。幾重にも仕掛けられた罠の前に、阿久津(あくつ)組の仲間たちは次々と倒され、丈二(じょうじ)も重傷を負ってしまう。もはや丈二が生き残る道はないのか!? 歌舞伎町を戦場へと変えたサバイバルゲーム、いよいよクライマックスへ!!

代紋<エンブレム>TAKE2(62)

(266ページ)
洋一を始め、たくさんの仲間をカルロスの攻撃によって失い、デパートへと追い詰められた阿久津丈二(あくつ・じょうじ)だったが、催事場で手に入れた日本刀を武器に、ついに最後の勝負に臨む――。江原(えはら)との死闘、そして、ついに明かされるタイムスリップの真相!! 衝撃のラストを目撃せよ!!



書籍情報(青年漫画)

著者: 渡辺潤 木内一雅

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:ヤングマガジン

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月19日

うだつのあがらぬチンピラ阿久津丈二(あくつ・じょうじ)は、組の抗争であえなく死んでしまうが、神のいたずらか10年前の世界に生き返ってしまった。今までのミジメな自分にさようなら、これからは金の代紋(エンブレム)めざしてヤクザの道をひた走るんだ──決意に燃える2代目海江田(かいえだ)組組員・阿久津丈二の新たなる人生が今、幕を開ける!


≫ 同じ著者の作品
クダンノゴトシ
三億円事件奇譚 モンタージュ
ヤングマガジン
RRR(ロックンロールリッキー)
ピカイチ!
青龍<ブルードラゴン>
ヤングマガジン 2015年0号

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
巴マミの平凡な日常
束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~
シンデレラゲーム
nude~AV女優みひろ誕生物語~
こはる日和。
十 ~忍法魔界転生~
学園天国ワイド版
【閲覧注異】
フランケン・ふらん
デビルズライン
ちょっとSingle
ハンツー×トラッシュ

≫ 同じ出版社(講談社)の作品
淫らな青ちゃんは勉強ができない
アポカリプスの砦
魔王インストール
1/2の林檎
シタインデスケド。
逃げるは恥だが役に立つ
君がウソをついた
きょうのキラ君
あくまで恋しよう
トモダチゲーム
伯爵さまは甘い夜がお好き
スローセックス プチデザ

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す