代打屋トーゴー



タグ: 10巻以上 アクション 20巻以上 青年漫画

代打屋トーゴー(1)

(234ページ)
「パーフェクト・ピンチ・フォローオフィス。オレが所長のトーゴーだ。太陽を東京湾に沈めてくれだって? OK。明日からこの世は闇になる。もっとも、仕事に見合うだけの金をあんたが出せればの話だが……。」難問奇問の闇に光を照らす男、それが代打屋トーゴーだ。殺人と営利誘拐以外ならなんでもOKの頼れる男だ。だが、それは裏の顔。東京区役所土木課の無能職員、昼行燈(ひるあんどん)の吉本大介でもある。この二面性がたまらない!

代打屋トーゴー(2)

(232ページ)
『雨のニューオリンズ』という映画の中で、ナタリー・ウッドがロバート・レッドフォードにこう言うんだ。「悲しい映画を観ると、もう一回観たくなる。今度はハッピーエンドになるんじゃないかと思って……。」映画のラストなら撮り直せば済むが、現実に起きてしまった一大事は、いまさら悔いても過去に戻すことはできない。できないとあきらめて、悲しいラストにするか、オレに電話してハッピーエンドにするか、あんたならどっちにする。

代打屋トーゴー(3)

(246ページ)
大胆な発想と緻密なトリックで、難問を次々と解決していく代打屋トーゴー(表の顔はノラクラ吉本大介)。そんなトーゴーに強敵現る! その名も“死の商人”スパイダーマン!! 謎の術を使う相手にトーゴーはどう立ち向かう!?

代打屋トーゴー(4)

(226ページ)
パーフェクト・ピンチ・フォローオフィスにライバル出現!? その名も『チャイニーズ・エンゼル・カンパニー』。同じクライアントからの依頼を受けた二つの代打屋。「代打屋は二つもいらない」とトーゴーを敵視するチャッカリしっかりのチャイニーズ・エンゼル・カンパニー姉妹との戦い?の火蓋が切られた!!

代打屋トーゴー(5)

(247ページ)
まったく冴えない吉本大介に、可憐な紀(のり)ちゃんがプロポーズをした。舟山女史の愛の告白、森田の恋敵(ライバル)宣言と、東京区役所土木課は学園純愛広場と化し混乱模様。吉本が代打屋トーゴーとは知らないのに、ホレる女心の不思議さだ。

代打屋トーゴー(6)

(242ページ)
吉本大介は、東京区役所土木課の無能な職員。その脳細胞、常に就眠。しかし、裏の世界では代打屋トーゴーなのだ。殺人と営利誘拐以外なら、どんなトラブルも解決する。その能力は無限だ。「パーフェクト・ピンチ・フォローオフィス。オレが所長のトーゴーだ。太陽を東京湾に沈めてくれだって? OK。明日からこの世は闇になる。もっとも、仕事に見合うだけの金をあんたが出せればの話だが……。」

代打屋トーゴー(7)

(235ページ)
愛しの紀(のり)ちゃんから代打屋トーゴーへの依頼は、お見合いで断られたというものだった。見合いの日、生物の5割を死滅させるというビールスを乗せた軽飛行機が墜落。操縦士は死亡。つり橋に片翼がひっかかった不安定な状態だ。一国存亡の危機を救ってほしいという。同時刻の依頼。その頃、紀子はプロポーズの返事を迫られていた。どちらもないがしろにはできない。緻密な計算と俊敏な行動が、トーゴーの成功の源だ!

代打屋トーゴー(8)

(234ページ)
世界最速スプリンターで、しかも美人。「走るビーナス」ことルースへの殺人予告を阻止するのがトーゴーの使命だ。ルースも「私がいちばん輝く時を誰にも渡さない」という。1万人の警官が囲む、衆人注目の決勝レースがスタートした。犯行不可能に見えたが、彼女だけの指定席があった! スプリンターを凌ぐ、俊敏な動きと判断力、トーゴーの腕の見せ所だ。頼れる男ここにあり!

代打屋トーゴー(9)

(242ページ)
作曲家の孫が金庫に閉じ込められた!!金庫の中には、作曲家のオリジナル曲と遺言書も納められているという。金庫を開ける鍵は、『ムーンライト・セレナーデ』ハ長調の7つの音! 代打屋トーゴーが作曲家の部屋に隠されたトリックを解明する!!

代打屋トーゴー(10)

(234ページ)
幼稚園の淑女からの涙ながらのトーゴーへのお願いは、おばあちゃんの命を救うため、飛行機墜落でなくしたペンダントをみつけること。だが、墜落はゴールドバスターの仕事だった。そして2人は、お互いの仕事完遂のため、雪辱戦でもあるシューティング・ゲームを開始した。ゲーマーはゴールドバスター、標的はトーゴー。激流をイカダで下るトーゴーを、ヘリコプターからマシンガンが狙う。純粋な夢をかなえるため、トーゴーは危機をいとわず努力する。

代打屋トーゴー(11)

(234ページ)
トーゴーと、チャッカリしっかりのチャイニーズ・エンゼル・カンパニー姉妹に、忍術使いだがどこかヌケてるニンジャの三つどもえ。狙いはパンダの毛皮というまゆつば物。場所は凍った池に積もった雪の上。危なげな状況で、怪しげな連中が繰り広げるノンストップ・アクション。トーゴーの冷静な計算が、ロケットランチャーをぶっ放すような相手に通じるのやら。だが、仕事完遂がトーゴーの信条だ。

代打屋トーゴー(12)

(230ページ)
「風が……万里の長城よりも、もっと遠い向こうからずうっと旅をしてきて、この杉の木の上で少し休むの……」その父と母のような杉の木を守って欲しいという少女の依頼に、トーゴーは躍起になる。無邪気で無垢な心に応えるためには、同等の誠意が必要なことを知るトーゴーだからだ。娘の名をつけた美しいゴルフ場を作り上げるため、木を伐採しようとする男と対決するトーゴー。男の心を開いたのは、杉の木に守られているような少女の寝顔だった。

代打屋トーゴー(13)

(242ページ)
依頼料は骨一本!?両親を亡くし、叔父夫婦に貰われた少女・美代子だが、大好きな犬のジェシーと一緒に暮らさせては貰えなかった……。そんな中、ジェシーに会うために飛び出した美代子は行方不明になってしまう。代打屋トーゴーはジェシーと共に日本の屋根と呼ばれる深い山脈に美代子を探しに向かうのだった。

代打屋トーゴー(14)

(240ページ)
「47年前の初恋の人を探してほしい」……。依頼を受け、その人物を探し当てたトーゴー。「会わない方が良い」と言う老淑女。しかし、トーゴーの言葉で年老いた二人の男女の止まった時計が再び動き出す――。

代打屋トーゴー(15)

(246ページ)
「あんたは人殺しさ。自分の亭主を殺して火をつけたんだよ」――記憶喪失の女・良子と、彼女を愛する男・一郎。二人の日々は一本の電話で引き裂かれてしまう。手がかりは良子らしき女性と、夫と思しき男性が写った写真の入ったペンダント。真実を知ろうとする一郎の依頼を受けた代打屋トーゴーが事件の裏の陰謀を暴く!!

代打屋トーゴー(16)

(246ページ)
新年早々、トーゴーに降りかかる災難!受けた憶えの無い依頼の催促が山ほど!それはチャイニーズ・エンゼル・カンパニーの仕業だった!彼女たちは近藤勇が徳川幕府に貰ったという純金の竜を探すため、トーゴーを仲間に加えようともくろんでいた。何だかんだで巻き込まれてしまい、トーゴーの災難は続く……。

代打屋トーゴー(17)

(246ページ)
区役所の先輩・舟山京子が結婚!?しかし、紀ちゃんは舟山さんの他の女と密会していた相手の男を怪しみ、代打屋トーゴーに調査を依頼する。浮かび上がる真実。舟山さんに命の危機が――!人の純情を金に換算して人を殺せる輩を、代打屋トーゴーは許さない!!

代打屋トーゴー(18)

(238ページ)
冷静かつ狂暴な凄腕スナイパー、通称グリズリー。革命家に命を狙われる皇太子の護衛を依頼された代打屋トーゴー。しかし、グリズリーに狙われた人物は皆、厳重を極めた警備の中で殺されている――。不可能は無いといわれるグリズリーを相手に、トーゴーは皇太子の命を守りきれるか!?

代打屋トーゴー(19)

(226ページ)
トーゴーにとっての疫病神・チャイニーズ・エンゼル・カンパニーに連れられて南の島にやってきたトーゴー。そこでトーゴーは伊東という老人から、島に眠る宝石を見つけ出し、本来の持ち主であった少女の為にも、それを狙うヤクザ達の手の届かないところへ沈めてほしいという依頼を受けるのだった。

代打屋トーゴー(20)

(226ページ)
ドラム缶の中の死体。その兄からの依頼を受けたトーゴー。真実を追うトーゴーが目にした削り取られた戦没者鎮魂碑の名前――そこには、従軍慰安婦の哀しい真実が隠されていた……。

代打屋トーゴー(21)

(242ページ)
今度の相手は幽霊!?ホテルになる予定の洋館に出没するという幽霊を退治して500万円――。そんな依頼につられて幽霊退治に向かったチャイニーズ・エンゼル・カンパニーだったが、その後音沙汰が無い。不審に思ったトーゴーーは、かつて訪れた“等々沢村”近辺にある洋館へ向かった――。

代打屋トーゴー(22)

(234ページ)
区役所の同僚である可憐な紀ちゃんと婚約を果たした代打屋・トーゴーこと吉本大介。そして紀ちゃんがトーゴーの両親にはじめて会いに行くことになり――?代打屋トーゴーも人の子!トーゴーの悪戦苦闘ぶりが笑いと涙を誘う!

代打屋トーゴー(23)

(238ページ)
来たる新婚生活に向けてアパートを探す紀ちゃん。そんな時でも代打屋トーゴーに休息は無い。少女を薬漬けにして殺す極悪非道な殺人者に、子離れできない頑固な父親……。殺人と営利誘拐以外なら、どんなトラブルも解決する――その看板に偽りなし!!

代打屋トーゴー(24)

(222ページ)
死体が消え、目撃者も……!?大胆な発想と緻密なトリックで、難問を次々と解決していく代打屋トーゴーが難問奇問の闇に光を照らす!!

代打屋トーゴー(25)

(225ページ)
殺人と営利誘拐以外なら、どんなトラブルも解決する!裏の世界でその名を轟かせる代打屋トーゴーこと吉本大介、紀ちゃんとついにゴールイン!『代打屋トーゴー』感動のフィナーレ!!



書籍情報(青年漫画)

著者: たかもちげん

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月19日

「パーフェクト・ピンチ・フォローオフィス。オレが所長のトーゴーだ。太陽を東京湾に沈めてくれだって? OK。明日からこの世は闇になる。もっとも、仕事に見合うだけの金をあんたが出せればの話だが……。」難問奇問の闇に光を照らす男、それが代打屋トーゴーだ。殺人と営利誘拐以外ならなんでもOKの頼れる男だ。だが、それは裏の顔。東京区役所土木課の無能職員、昼行燈(ひるあんどん)の吉本大介でもある。この二面性がたまらない!


≫ 同じ著者の作品
リストラマン太郎
聖女ハリマオ
百年の祭り

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
スマ倫な彼女たち
Kiss×sis
花鳥風月
ナナヲチートイツ 紅龍
自殺島
nude~AV女優みひろ誕生物語~
アカギ
政宗くんのリベンジ
おどろ領域ナユラ
ちこたん、こわれる
凍牌(とうはい)~人柱篇~
Dr.キリコ~白い死神~

≫ 同じ出版社(講談社)の作品
思いっきりだれにもいえないH体験
シタインデスケド。
修羅の門
修羅の門 第弐門
ぜったいドキドキする本当にあったナイショの恋とH
イケない体験
恋わずらいのエリー
やさしい子供のつくりかた
もっと、××ください。
逃げるは恥だが役に立つ
利根川りりかの実験室
ACMA:GAME

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す