タグ: 青年漫画 ドラマ アクション

打撃マン(1)

(251ページ)
品行方正なサラリーマン伊達保、30歳。妻と一人娘の三人家族。彼は、子供の頃から暴力に対する恐れを人一倍抱き、それは強さへの憧れを倍加させ、自らの肉体を鍛えることで精神的安定を保っていた。そんな彼が30年生きてきて、生まれて初めて殴られた。それが彼を変えた。理不尽な暴力に、激しい怒りを覚えるようになったのだ。絶対的に反省しない人間、あまりにも不道徳な人間がいる。彼は生まれて初めて人を殴り、不可思議な快感に包まれていた。「ようこそ打撃マンの世界へ」

打撃マン(2)

(243ページ)
「近頃、拳が疼くことが多すぎる」器用なテクニックはなくとも、対する相手を圧倒的な気合で吹き飛ばす!悪徳政治家、極悪資本家、非道な塾長。法では裁けぬ社会の悪に怒りの鉄拳で裁きを下す、それが打撃マン!そんな彼らを「進化しない人類の代表」と称し、打撃マンたちと相対するエリート集団の出現。そんな奴等に容赦は不要!!「だしゃあ!」これはみんなの魂の叫びだ!!

打撃マン(3)

(251ページ)
今や法律などあってないような世の中。警察も事件が起こらなければ動かない。街中では危険な連中が隣を平気で歩いている。今こそ法で裁けぬ悪を打ち破る、真の打撃マンが必要とされる時!!だが、打撃マンは私怨では殴ってはならない。怒り憎しみに支配されてはならない。打撃マンに必要なのは自己の強烈なコントロール、そして相手への愛!新たな打撃マンファミリー、舞子家の人々はちょっと一癖あり!?「ゆるしてなんて、お前には言わせない!」



書籍情報(青年漫画)

著者: 山本康人

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年5月25日

品行方正なサラリーマン伊達保、30歳。妻と一人娘の三人家族。彼は、子供の頃から暴力に対する恐れを人一倍抱き、それは強さへの憧れを倍加させ、自らの肉体を鍛えることで精神的安定を保っていた。そんな彼が30年生きてきて、生まれて初めて殴られた。それが彼を変えた。理不尽な暴力に、激しい怒りを覚えるようになったのだ。絶対的に反省しない人間、あまりにも不道徳な人間がいる。彼は生まれて初めて人を殴り、不可思議な快感に包まれていた。「ようこそ打撃マンの世界へ」


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す