タグ: アクション 青年漫画 メディア化 20巻以上 30巻以上 10巻以上


蒼天航路(1)

(234ページ)
“乱世の姦雄”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操孟徳。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。

蒼天航路(2)

(226ページ)
鮮やかに天下を論じる少年・曹操を前に、「爆烈団」の頭目・李烈(りれつ)は破滅。都・洛陽で青年へと成長した曹操は、胡人(こじん)の娘・水晶と恋に落ちた。だがこの美しい少女は、帝国の実力者である大宦官(だいかんがん)・張譲(ちょうじょう)の、陰靡(いんび)な楽しみの道具にされてしまう。

蒼天航路(3)

(242ページ)
洛陽の都を震え上がらせる鬼の北部尉・曹操孟徳は、宮廷に暗躍する宦官の縁者をも、容赦なく厳罰に処す。そして今、曹操は、中国史上最大のタブー・「党錮(とうこ)の禁」を暴こうとしている!

蒼天航路(4)

(242ページ)
中国史上最大の農民蜂起(ほうき) 黄巾の乱勃発、大乱世到来!!曹操、劉備に続く第3の男 孫堅文台登場!衝撃のネオ三国志 冀州頓丘の県令に新赴任した曹操孟徳は、搾取を続けていた悪徳官吏を一掃!その後、職を辞し、郷里に雌伏の日々を過ごす。もうひとりの英雄・劉備玄徳は関羽雲長、張飛益徳と運命的な出会いを遂げる。

蒼天航路(5)

(242ページ)
黄巾党(こうきんとう)の最重要拠点・昆陽(こんよう)の食糧砦を味方もろとも焼き滅ぼした曹操孟徳。この「黄巾の乱」以後、中国各地に臥龍(がりょう)達が続々と出現し、大乱世へと突入した。漢帝国400年の栄華が一大危機に瀕している時、魔王・董卓(とうたく)は、天下を我が物にせんと進軍を開始する。

蒼天航路(6)

(250ページ)
魔王・董卓率いる暴虐の軍団が、瞬時のうちに都・洛陽を手中にした。曹操孟徳は各地の群雄に大義の檄を飛ばし、袁紹(えんしょう)を盟主とした反董卓連合軍を結成!天下の行方は今、2大勢力が激突する決戦地・し水関にあり!!

蒼天航路(7)

(250ページ)
魔王・董卓(とうたく)の死によってさらに加速する大乱世。曹操孟徳は、エン州の地で再び勢いを盛り返し猛り狂う青州黄巾党の大軍団と対峙していた。 曹操の完璧な籠城の前に窮する黄巾党の長老達。 その時、曹操は、驚天動地の宣言を発する。 “青州黄巾党のすべてを曹操孟徳の民とする”と。

蒼天航路(8)

(234ページ)
曹操孟徳は、父を見殺しにした徐州牧・陶謙を討つべく進軍を続けていた。その間隙を狙い、1人の男が天下をその手に収めようと、軍勢を率いて、曹操の本拠地・えん州を急襲した。獰猛なる“純一戦士”・呂布。乱世の奸雄・曹操孟徳。比類なき2人の英雄が、今、激突する!

蒼天航路(9)

(250ページ)
皇帝の遠い子孫を自称する劉備玄徳は、徐州の主となった。悪名高き奸雄(かんゆう)・曹操孟徳は、えん州で殖産に尽力している。時同じくして、長安を脱出した漢帝国皇帝・劉協が旧都・洛陽に帰還した。誰もこれを護る者はない。中国全土を覆う大乱世は、ここに新局面を迎える!

蒼天航路(10)

(250ページ)
覇道を歩む曹操孟徳は漢帝国第14代皇帝を奉戴。予州に新たな都・許を築く。このことを知った最大勢力の袁紹本初は激怒。一方、呂布奉先に徐州を奪われた劉備玄徳が、曹操のもとへ亡命。きらめく英雄達が大乱世の中で交錯する。

蒼天航路(11)

(226ページ)
曹操孟徳は、仇敵・張繍討伐の将に、無名の兵・楽進(がくしん)を抜擢。また呂布奉先(りょうふほうせん)に追われた劉備玄徳に3000の兵を与え、徐州の奪回を命令。才ありと見れば、いかなる人材も登用。袁紹本初(えんしょうほんしょ)との大決戦を前に、曹操孟徳の覇業は進む。

蒼天航路(12)

(234ページ)
密勅!曹操誅殺!!漢帝国再興の大義に生きる劉備玄徳。密勅を受け、節句の宴で剣舞を披露。徐州奪回のために打ち寄せた曹操軍に対し、純粋戦士・呂布奉先は劉備玄徳を人質に、まさかの籠城策をとった。戦いは長引き、本格的な冬の到来を告げる雪が降った朝。曹操軍撤退の報に歓喜する呂布軍の足元が、河の水に浸されてゆく。曹操軍による冷酷無比な水攻めの開始であった。

蒼天航路(13)

(226ページ)
第22回講談社漫画賞受賞作品官渡大戦開幕!!炎の気を放つ袁紹(えんしょう)の大軍団の先陣に劉備(りゅうび)。迎え撃つ曹操軍の将はその義兄弟・関羽(かんう)。覇業を争う英雄たちが斬りむすぶ!天下の趨勢(すうせい)は二大勢力に統合されつつあった。片や黄河の南――。天子を奉戴し許の都を築いた曹操孟徳(そうそうもうとく)。片や黄河の北――。名だたる武将・軍師をそろえ最大勢力となった袁紹本初(えんしょうほんしょ)。未曾有の大戦乱・官渡大戦ついに開幕!

蒼天航路(14)

(226ページ)
数万の軍勢にて一気に黄河を渡った袁紹軍(えんしょうぐん)。だがその先陣が大敗。さらにはたった3千の曹操軍(そうそうぐん)に、散々な挑発を受けた!だがここに至って袁紹は、その天分を開花。45万の全軍を率いて堂々の南下を開始!ついに山場の官渡大戦、曹操軍最大の危機!!

蒼天航路(15)

(232ページ)
華美な軍装に身をつつみ、楽奏とともに歩む。王者のように振る舞うえん紹(しょう)の圧倒的大軍勢に対し、曹操軍はなす術無し!だが官渡大戦は曹操孟徳によって、全く新次元の戦へと進化していく!

蒼天航路(16)

(234ページ)
崇高なる王たらんとする袁紹(えんしょう)は、40万を越す軍勢を率いて城砦を攻めつづける。曹操軍(そうそうぐん)は追い詰められ、疲弊しきっていた。劉備(りゅうび)も汝南(じょなん)で兵を挙げた。その中で曹操は、ただ一人、遊興を楽しむかのように振る舞う。官渡大戦(かんとたいせん)の気運、いよいよ頂点に。

蒼天航路(17)

(234ページ)
曹操(そうそう)は、官渡(かんと)の戦いで袁紹(えんしょう)をくだし、中原(ちゅうげん)の支配者となった。一方、劉備(りゅうび)は暗き地の底の官能郷(パラダイス)でついに孔明(こうめい)と出会う! 神のごとき肉体に残虐性を秘め、権謀術数にエクスタシーを見出す異形の才にふれ、劉備が変わる! 「三国志」の時代、ここに開幕!

蒼天航路(18)

(226ページ)
袁紹(えんしょう)を破り、中原(ちゅうげん)の覇者となった曹操(そうそう)。その三子・曹植(そうしょく)は、並み居る文人、覇王である父を前にしてそのみずみずしく斬新な詞藻(しそう)を炸裂させる。そのとき、「文学」が誕生した――。そして曹操は、軍師・郭嘉(かくか)の献策を容(い)れ、万里の長城を越える北伐への軍を発した!

蒼天航路(19)

(226ページ)
「赤壁(せきへき)」が始まる! 北伐を完遂した曹操(そうそう)は、ついに中華統一へ向け南方攻略に着手した。揚州(ようしゅう)の孫権(そんけん)陣営は、曹操への対応を巡り大きく揺れ動く。一方、またも逃走を始めた劉備(りゅうび)のもとには、その情義に惹(ひ)かれた数十万の民衆が集う。それぞれの覇業を目指し、英雄たちが動きはじめた!!

蒼天航路(20)

(226ページ)
数十万の民衆に戴(いただ)かれた劉備(りゅうび)の軍勢は、孫権軍(そんけんぐん)に合流すべく、一路江南(こうなん)の地を目指す。その最後尾に侍(はべ)る張飛(ちょうひ)は、追撃する曹操軍(そうそうぐん)の前に独り立ちはだかり、国士無双の武威を振るう。一方、先頭を行く劉備は“真の天下人とは何か”という問いに思い悩み、自らを見失いつつあった。

蒼天航路(21)

(226ページ)
衝撃のネオ三国志――劉備(りゅうび)、「天下三分」を宣言す! 圧倒的なる曹操軍(そうそうぐん)を相手に張飛(ちょうひ)、趙雲(ちょううん)が奮戦するなか、真の天下人とは何かと悩む劉備。死地にてその答えを得、驚愕なる宣言を発す! 「たった今から天下を三分し、孫権(そんけん)の天下と盟を結ぶ!」曹操、劉備、孫権。覇業を操る猛者たち、いよいよ「赤壁(せきへき)」へと集う!

蒼天航路(22)

(230ページ)
孫権(そんけん)無限の問いの果てに立つ! 時の趨勢(すうせい)は圧倒的に曹操(そうそう)。だが独断にて劉備(りゅうび)に盟を申し入れた忠臣・魯粛(ろしゅく)が帰還。孫家の存亡を左右するこの無謀に、若き王・孫権が下す裁断とは!? 「わが天命はいずこ!」――孫家の若き三代目・孫権が迫られた、生涯最大の決断。屈辱の平伏か、徹底抗戦か。一方、曹操の大船団は、前代未聞の壮大な目論見をもって、悠久の長江(ちょうこう)を下りはじめる!

蒼天航路(23)

(232ページ)
衝撃のネオ三国志――孔明(こうめい)、曹操(そうそう)と交接す。両雄が赤壁(せきへき)の大戦の最中、ついに相まみえる! 曹操の3000隻の大艦隊を、孫権(そんけん)の放った精鋭水軍がわずか十数隻で奇襲! 曹操を乗せた艦は炎上、沈没してゆく! 名にしおう“赤壁の大戦”。朝霧たちこめる長江(ちょうこう)は血に染まり、“破格の英雄”は死線を彷徨(さまよ)う!

蒼天航路(24)

(264ページ)
赤壁(せきへき)の大戦、決着す――。衝撃のネオ三国志!! 中華最大の魔王・曹操(そうそう)。その本性を究めんとする異形の才・孔明(こうめい)。二人の英雄が精神の深奥で斬り結ぶとき、大戦は終結へと導かれる! 孫呉(そんご)水軍は緒戦の奇襲を成功させたが、曹操の生死は敵味方ともに不明。曹操軍は固守に徹した陣を構え、戦局はしばし膠着(こうちゃく)。だが長き昏睡から魔王が目覚めた時、“赤壁の大戦”は修羅の炎とともに決着する!

蒼天航路(25)

(233ページ)
“赤壁(せきへき)の大戦”での大敗北。だがその初めての経験は、破格の人・曹操(そうそう)の頭上に新たな色の蒼天を切り広げる!! 決着から数ヵ月。いまだ荊州(けいしゅう)・江陵(こうりょう)で孫軍(そんぐん)との戦闘が続くなか、曹操は孫権(そんけん)の急襲を凌(しの)いだ地・合肥(がっぴ)へ。新世代の謀臣らとともに、曹操はさらなる蒼天のもとを突き進む!!

蒼天航路(26)

(232ページ)
才を求める曹操(そうそう)の、ケタ外れの渇望――。漢朝400年の見えざる病根が伝説の医才を曇らす時、激情とともに曹操のメスが振り下ろされる!! 江南(こうなん)の都で激突する、二人の天下人。長江(ちょうこう)の上に果つる気高き武心。神医の才が曹操の気血をめぐり、唯才主義(ゆいざいしゅぎ)の宣告に清き王佐が揺れる。今、ひたすらに乱世を生きる蒼天人が沸騰する!

蒼天航路(27)

(236ページ)
馬超(ばちょう)の乱!! “唯才主義(ゆいざいしゅぎ)”――曹操(そうそう)は、儒(じゅ)を顧みぬ異端の人材登用令を布告。その新しき気風の象徴として、“銅雀台(どうじゃくだい)”を本拠地・ギョウに建立。そして曹操はかつて董卓(とうたく)が蹂躙(じゅうりん)した西の大地へと進軍、叛乱(はんらん)の兵を率いる涼州(りょうしゅう)の武の華・馬超と斬り結ぶ!

蒼天航路(28)

(228ページ)
曹操軍(そうそうぐん)、その実力――。馬超(ばちょう)の叛乱(はんらん)を陰で支える韓遂(かんすい)は、講和の道を探り、曹操と会見。しかし曹操が考えるのは戦後の政(まつりごと)まで見据えるまったく新しい戦。下拵(したごしら)えは万全。曹操軍対涼州餓狼(りょうしゅうがろう)10万。蒼天の下、乱の華が美しく咲き乱れる。

蒼天航路(29)

(228ページ)
劉備(りゅうび)、ついに蜀(しょく)獲りを宣言!! 馬超(ばちょう)、張飛(ちょうひ)、趙雲(ちょううん)――名だたる武勇、陸続と集結!! 汚れなき君子・荀イク(じゅんいく)の最期。一方の劉備は益州(えきしゅう)の牧(ぼく)である劉璋(りゅうしょう)に招かれ入蜀、その肥沃(ひよく)なる大地を得るため一世一代の勝負に出る。約束の大地を見出した流浪の大器は、更なる高みへと舞い上がる!

蒼天航路(30)

(228ページ)
曹孟徳(そうもうとく)、魏王(ぎおう)へ――。衝撃のネオ三国志!! “新しき気風の国”魏公国――。曹丕(そうひ)、曹植(そうしょく)、何晏(かあん)、司馬懿(しばい)……。曹操(そうそう)という天の下、才気あふれ、感性鋭き若き血が次代の声をあげる! 旧世代の不穏な動きのなか、曹操、魏王就任。“伏皇后処断”“漢中征討”“儒者との確執”“後継者問題”――曹操の志は、変革期の逆風をしなやかに切り裂く。

蒼天航路(31)

(228ページ)
遼来来(りょうらいらい)! 最強を求めつづける武人・帳遼(ちょうりょう)の鬼神のごとき追撃! 狙うは孫権(そんけん)の担う、孫呉三代(そんごさんだい)の天命なり!! 魏王(ぎおう)・曹操(そうそう)、水陸両軍を擁し、濡須(じゅしゅ)に出陣! 迎え撃つは、前年の合肥戦(がっぴせん)での敗走の屈辱に身を焦がす孫権軍(そんけんぐん)。疫病の猛威と暴風雨の中、両雄相まみえ、姦計(かんけい)と奇襲の大戦乱が始まる!

蒼天航路(32)

(226ページ)
劉備(りゅうび)の喉頸(のどくび)を射抜き、乱世に幕を降ろす! 王たる将の自覚、夏侯淵(かこうえん)はそのすべてを懸けて、新生蜀軍(しょくぐん)との一戦に挑む。充実した新生蜀軍を率い、劉備が漢中へ出兵。迎え討つ盤石の魏軍(ぎぐん)、司令官は夏侯淵。下弁(かべん)・定軍山(ていぐんざん)と続くこの一戦で夏侯淵は“戦(いくさ)の主”として決意。一方、変貌した劉備に導かれるごとく、魏王(ぎおう)・曹操(そうそう)は静かに動く。

蒼天航路(33)

(226ページ)
王たる将・夏侯淵(かこうえん)、漢中にて戦死!  魏軍(ぎぐん)の慟哭(どうこく)は、中華全土を揺るがした。魏王(ぎおう)・曹操(そうそう)は、天の理をかけて劉備(りゅうび)と殺し合うため、漢中に入る。蜀(しょく)の軍師・法正(ほうせい)の策が冴(さ)え、決戦の気運はいよいよ高まる。

蒼天航路(34)

(228ページ)
漢中王・劉玄徳(りゅうげんとく)誕生!! この宣告は、乱世で疲弊した民草に、漢王朝の高祖(こうそ)・劉邦(りゅうほう)へと繋がる幻想を抱かせる。膨れ上がった幻想は、曹操(そうそう)への反旗として向けられる。そして遂(つい)に、勇将・関羽(かんう)始動。

蒼天航路(35)

(226ページ)
漢中王・劉備(りゅうび)、長安(ちょうあん)奪回のため出陣! 南から攻め上がる関羽軍(かんうぐん)は樊城(はんじょう)を完全包囲、降伏を迫る。援軍として駆けつけた徐晃(じょこう)は、城を守る曹仁(そうじん)と連携し陽動を試みるが、まったく動じない関羽軍。ついに、徐晃は正面から関羽との一対一の勝負を覚悟する。

蒼天航路(36)

(270ページ)
武に生き、義を貫き通した蜀(しょく)の勇将・関雲長(かんうんちょう)。孫呉(そんご)の大軍による大攻勢の前に、その歩みが止まる時が来る。その死に呼応するかのように、魏王(ぎおう)・曹孟徳(そうもうとく)にも永遠の眠りにつく時が訪れる――。全36巻、堂々完結!!



書籍情報(青年漫画)

著者: 李學仁 王欣太

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月19日

“乱世の姦雄”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操孟徳。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。


≫ 同じ著者の作品
漫画アクション
達人伝 ~9万里を風に乗り~
アフタヌーン四季賞CHRONICLE 1987-2000

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
ハレ婚。
ホットマン
奇少物件100LDK
オンライン The Comic
強制ハーレム契約
楽園市場
マッシブドライブ
霊感青年
絶望のイヴ
少女ペット
おっぱ部!コミック版
お化けのメリーと夏休み

≫ 同じ出版社(講談社)の作品
nude~AV女優みひろ誕生物語~
赤ちゃんのホスト
逃げるは恥だが役に立つ
寄生獣 フルカラー版
食糧人類-Starving Anonymous-
デビルエクスタシー
クダンノゴトシ
コスプレ☆アニマル
やさしいアニキのつくりかた
金色のガッシュ!!
ドメスティックな彼女
なるたる

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す