タグ: メディア化 スポーツ 10巻以上 少年漫画

巨人の星(1)

(218ページ)
「飛雄馬(ひゅうま)よ、でっかい巨人の星となれ!」――父・星一徹(ほし・いってつ)の宿願にこたえ、血みどろの猛訓練に耐え抜く熱血児・星飛雄馬! 漫画史に燦然(さんぜん)と輝く、スポーツ漫画の金字塔!!

巨人の星(2)

(217ページ)
これが男の根性だ! 天上遥かに輝く明星――巨人軍目指して、泥にまみれ汗にまみれ、飛雄馬(ひゅうま)の特訓は続く……。その飛雄馬に、厳しい愛の目を注ぐ父・一徹(いってつ)が、胸中深く描く秘策とは? 漫画史に燦然(さんぜん)と輝く、スポーツ漫画の金字塔!

巨人の星(3)

(216ページ)
星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は、父・一徹の期待をになって青雲高校野球部に入部し、早くも全校の注目を集めた。柔道部の主将・伴宙太(ばん・ちゅうた)は、この飛雄馬に異常な敵愾心(てきがいしん)を燃やし、激しいしごきを浴びせた。だが、何事にも屈せぬ根性に打たれた伴は、飛雄馬との交友を誓い、自らも野球部に入部する。やがて、紅洋高との対校試合で、初登場した飛雄馬と伴のバッテリーは、めざましい活躍を続けたが――?

巨人の星(4)

(237ページ)
伴(ばん)PTA会長に求められ、青雲高校野球部の監督になった星一徹は、わが子をはじめ全ナインに数々の教訓を残し、まぼろしのように監督の座を去った。だが、この監督の教えを胸に青雲高チームは、東京都予選でなみいる強敵をなぎたおし、甲子園大会出場の栄誉に輝いた。一方、ライバル花形満(はながた・みつる)のいる紅洋高、かつて飛雄馬に挑戦状をたたきつけた左門豊作(さもん・ほうさく)のいる熊本農林高も、それぞれ甲子園大会に出場することになった。晴れの甲子園で、火の闘魂が激突する――!!

巨人の星(5)

(246ページ)
「飛雄馬(ひゅうま)よ、不死鳥のごとく甦り、巨人の星めざしてはばたけい!」――全校の期待をになって甲子園大会にのぞんだ青雲高校野球部は、飛雄馬や伴の活躍で勝ち進み、準決勝で左門豊作擁する熊本農林高を破るも、飛雄馬は左手親指を負傷してしまう。優勝戦の相手は紅洋高。飛雄馬は、指の負傷を隠して苦心の投球を続けるも、宿敵・花形満に決勝ホームランを打たれ、青雲高の全国制覇の夢は潰えてしまう……。

巨人の星(6)

(242ページ)
甲子園大会優勝の夢破れた飛雄馬(ひゅうま)。しかし、この金の卵をねらって、巨人以外の各球団のスカウト連が星家を押しかける。だが、目指すは巨人あるのみ、と断るのだった。やがて、巨人軍の新人公募に応じた飛雄馬は、親友の伴や俊足の速水らと共にテストを受け、ついに宿願の巨人軍入団を果たす! いよいよ、飛雄馬のプロ生活が始まった……。 しかし、そこに待っていたものは、プロ球界の仮借(かしゃく)なき試練の毎日だった――!

巨人の星(7)

(206ページ)
星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は、数々の試練を乗り越え、宿願の巨人軍入団を果たした。その根性に惚れ込んだ川上監督は、栄光の背番号16を贈った。やがて二軍の合宿入りした飛雄馬は、非情なまでのプロの厳しさを知らされる。だが、持ち前の闘志で耐え抜き、東映二軍とのオープン戦で初登板、見事完封勝利を飾った。しかし、快調の前進を続ける飛雄馬の前途に、思いもかけぬ暗雲が……!?

巨人の星(8)

(229ページ)
東映の藤村コーチの不吉な予言を耳にした飛雄馬(ひゅうま)は、その謎を解くため、新年早々雪山にこもり、自主トレーニングに励む。そこへかけつけた伴(ばん)の指摘で、体重不足による救いがたい欠点を知らされた。しかし、飛雄馬は、このショックにもめげず、自分の欠点を補う秘策をさぐりながら間近にせまったペナントレースに闘志を燃やした。やがて飛雄馬は台湾キャンプで順調な仕上がりを見せるが、なぜか川上監督は、その前途に不安を抱くのだった……。

巨人の星(9)

(211ページ)
憧れの巨人軍入りを果たした星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は大洋戦で公式戦初登板の機会を得た。対する打者は宿敵・左門豊作(さもん・ほうさく)。飛雄馬は、川上監督の指示に叛(そむ)いて好球を投げ、ホームランを打たれてしまう。この敗戦のため二軍落ちした飛雄馬は、禅寺で座禅を組んでいるうち、自分の軽い球質を補うヒントをつかみ、僚友・伴(ばん)と共に特訓に励むのだった。その頃公式戦では、ルーキー・速水、花形などが華やかな脚光を浴びていたが、飛雄馬はついに“大リーグボール”なる秘球を生み出していた……!

巨人の星(10)

(229ページ)
「うふふふっ。また負けたぜ、とうちゃん。だが、負けてたたかれて、成長していくんだ。おれも、大リーグボールも!」――死の特訓の末に生み出した魔球で王貞治と勝負し、見事、凡打にしとめた飛雄馬。やがてオールスター戦――阪神の新人・花形満(はながた・みつる)は、セ・リーグの一員として選抜されたが、試合に使ったバットに血がにじんでいるのをバットボーイに発見される。花形は、飛雄馬の魔球に挑戦するため、血みどろの秘密訓練に励んでいたのだ……。

巨人の星(11)

(215ページ)
「死ぬときは、たとえどぶの中でも、前のめりになって死にたい。」――公式戦も終盤の巨人vs.阪神戦で、星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は宿敵・花形満と対決した。花形は、決死の新打法で飛雄馬の魔球を外野スタンドに打ち込んだが、その直後グラウンド上に倒れてしまう……。あまりの激しい打法のため、全身傷だらけになっていたのだ。飛雄馬は、敗れながらも、深い感動の中で新たな闘志を燃やすのだった!

巨人の星(12)

(204ページ)
「おれは野球ロボットにすぎなかったのではないか!」――飛雄馬(ひゅうま)の胸によぎる暗い疑惑と清純な青春の慟哭(どうこく)! 日米親善試合でカージナルスの秘密兵器・オズマと対決した飛雄馬。血みどろの死闘の末、オズマの大リーグボール破りの秘策に打ち勝つことが出来た。だが、オズマは言い放つ。「……日米野球ノロボット同士ノ因縁ノ血闘(ケットウ)ガ、コレカラハジマル!」……やがて契約更改の季節。飛雄馬は、未更改のまま新年を迎えることとなった。第1部完結編!!

巨人の星(13)

(223ページ)
「死ぬよりつらい事情があろうとも、起て、戦え」――青春の慟哭(どうこく)の中から、マウンドに命をかける熾烈な闘魂を甦らせた不死鳥飛雄馬(ひゅうま)! 野球ひとすじに生きる巨人軍の星飛雄馬投手にも、甘い青春への夢が芽生えていた。そんなとき、宮崎のトレーニング・キャンプで美しい少女・美奈と知り合い、飛雄馬は初めて青春のよろこびを味わった。しかし、それもつかの間、美奈は病魔に倒れ、絶望の飛雄馬は練習にも力が入らず、ついに二軍落ちを宣告されてしまう……。

巨人の星(14)

(202ページ)
「とうちゃんは敵だ!」僚友・伴宙太(ばん・ちゅうた)と共に、新魔球完成に全生命を賭ける飛雄馬(ひゅうま)――! 父と子が、先輩と後輩の男と男が、血で血を洗うすさまじい闘い! 愛する美奈の死から大リーグボールを失い、二軍に転落した星飛雄馬に苦悩の日々が続いた。しかし、ライバルである花形、左門の友情のむちを受け、飛雄馬は不死鳥のごとく甦り、見事、一軍へのカムバックを果たすのであった――!

巨人の星(15)

(211ページ)
「果てしなき戦いあるのみ! 栄光のあとにも、敗北のあとにも!」――巨人軍の若きエース・星飛雄馬(ほし・ひゅうま)は、魔球“大リーグボール”で、各球団の打者を翻弄(ほんろう)していたが、父・一徹の大リーグボール攻略特訓を受けた怪物・オズマに痛打を浴び、敗れた。自信を失った飛雄馬は、二軍に落ち、失意の日々を送っていたが、不屈の投手魂で奇跡の消える新魔球“大リーグボール2号”を完成させ、カムバックを果たした! そして雪辱の決意に燃え、再び因縁の宿敵・オズマとの対決のマウンドに立つのだった……。

巨人の星(16)

(212ページ)
「星よ、おれは刺客としてこの手をぬらす、おまえの血で……」――伴(ばん)の苦悩と号泣をよそに、着々と進む、消える魔球打倒作戦! 中日の怪物・オズマに大リーグボールを痛打され、二軍落ちするも、新たに“消える魔球”をあみ出してカムバックを果たし、巨人軍5連覇の立て役者となった飛雄馬(ひゅうま)。飛雄馬のライバル、阪神の花形、大洋の左門は打倒飛雄馬の執念に燃え、消える魔球のひみつ解明に必死となっていた。一方、中日もオズマの帰国で戦力が低下し、星一徹コーチの進言で飛雄馬の全てを知る伴捕手の獲得に乗り出したのだった……!

巨人の星(17)

(203ページ)
「寸足らずの非力なチビが、スパルタおやじに叩かれ無理してきたが、もう限界が……きた!」――阪神の花形、大洋の左門は、飛雄馬(ひゅうま)の新たな“消える魔球”の秘密解明に執念を燃やし、必死の特訓を続けていた。一方、中日の星一徹コーチは、飛雄馬の親友である伴捕手の打力に目をつけ、巨人軍に再度トレードを申し入れ、ついに獲得に成功した。やがて迎えたシーズン開幕の巨人中日の第1戦。伴は親友・飛雄馬の敵として対決することになった……!

巨人の星(18)

(199ページ)
「疲れた! 身も心も……。全生命を懸けたこの青春球場が、今は、おれの墓場だ!」――飛雄馬(ひゅうま)の消える魔球は、各球団の打者を翻弄(ほんろう)していたが、対阪神戦で、打倒・飛雄馬を目指すライバル・花形の打棒についに敗れ去った! 飛雄馬は傷心を抱いてひとり東京に帰り、夜の新宿をあてもなく彷徨(さまよ)ううち、不良少女の“竜巻お京”たちにけんかを売られている大洋の左門に出会う。飛雄馬の仲裁で丸くおさまったが、意外にもお京は飛雄馬を好きになり、左門はそのお京にはげしい恋をしてしまったのだった……。

巨人の星(19)

(227ページ)
父と子の闘いは終わった! だが、栄光の“巨人の星”飛雄馬(ひゅうま)の勇姿はもうない……。まもなく始まったオールスター戦、プロ3年目にしてファン投票で出場選手に選ばれた飛雄馬。魔球を失ったはずの飛雄馬だったが、突如、謎の下手(したて)投げでパ軍の三強打者を連続三振に打ち取った……! 漫画史上に未曾有の金字塔を樹立した伝説的名作、堂々完結!!



書籍情報(少年漫画)

著者: 梶原一騎 川崎のぼる

カテゴリ:少年漫画

連載雑誌:週刊少年マガジン

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月17日

「飛雄馬(ひゅうま)よ、でっかい巨人の星となれ!」――父・星一徹(ほし・いってつ)の宿願にこたえ、血みどろの猛訓練に耐え抜く熱血児・星飛雄馬! 漫画史に燦然(さんぜん)と輝く、スポーツ漫画の金字塔!!


≫ 同じ著者の作品
ヤングマガジン サード
キックの鬼
タイガーマスク
四角いジャングル
新カラテ地獄変
カラテ地獄変牙
侍ジャイアンツ
TIGER MASK -シャドウ・オブ・ジャスティス-
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】
四角いジャングル
新巨人の星
悪役ブルース

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品
デメキン
メイキャッパー
新世界より
穴殺人
修羅の門
修羅の門 第弐門
ヨメクラ【電子特別版】
ACMA:GAME
アビス
絶対博士コーリッシュ
乱歩アナザー ―明智小五郎狂詩曲―
BUSTER KEEL!

≫ 同じ出版社(講談社)の作品
逃げるは恥だが役に立つ
思いっきりだれにもいえないH体験
nude~AV女優みひろ誕生物語~
サイレーン
きょうのキラ君
シタインデスケド。
ストッパー毒島
3×3EYES
宇宙兄弟
高嶺の花
利根川りりかの実験室
Kiss×sis

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す