ハートカクテル



タグ: ファンタジー 10巻以上 青年漫画 ドラマ


ハートカクテル(1)

(99ページ)
カノジョが出ていった翌日からネコがしゃべり出した。ボクの問いかけに対してネコは言う。「その質問は36回目だよ」――。風見鶏は北北西を向いたまま動かなかった。かすかな風はタンポポの落下傘を南西に流し、午睡中のカノジョの前髪を垂らした――。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、ハートカクテル。心地好く酔わせます。

ハートカクテル(2)

(99ページ)
ペパーミントグリーンのボクのハートの分子とストロベリーピンクのカノジョのハートの分子がひとつのハートを作った。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、ハートカクテル。心地好く酔わせます。

ハートカクテル(3)

(99ページ)
一箱のリンゴが送られて来た。送り主は雪国のMという女性だった。そのリンゴが届いた瞬間わかったんだ。ボクのハートのモヤモヤを構成しているものが。いつの間にかボクのハートの中にハート形の家が建てられていてハート形のドアの向こうにカノジョがいたんだ。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、ハートカクテル。心地好く酔わせます。

ハートカクテル(4)

(99ページ)
213キロ離れているカノジョと半年ぶりに会う。時計を1時間遅らせて、ボクたちの25時間はスタートした――。やさしい男とやさしい女の間にも、いたずら心もめばえれば、すれ違いも起きる。恋の行方はスリリング。ハートカクテルは、さわやかな空気、幸せなまどろみ感を思い起こさせてくれます。

ハートカクテル(5)

(99ページ)
カノジョはガッカリした表情でその店から出て来た。ボクと歩いているときに出会ったカシミア80%のコートに一目惚れのしたカノジョ。買い逃して白いゴムまりのようなため息を量産するカノジョにボクは耐え切れず…。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、『ハートカクテル』の恋物語。ハッピーエンドとは限らないけれど、穏やかな雲に包まれて眠るような、そんな幸せの余韻に浸れます。心地好く酔わせます。

ハートカクテル(6)

(99ページ)
6ヵ月前、ボクが85%悪いケンカでカノジョが出ていった。ところが最近ボクの留守に時々カノジョはここに現れているようだ。それはまるで5月の風のように――。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、ハートカクテル。心地好く酔わせます。

ハートカクテル(7)

(99ページ)
明日の天気予報は下り坂。そして、明日は雨女のキミの結婚式。――晴れ男のボクからの最後のプレゼントは、青い空に輝く七色の橋。お受け取りください。『ハートカクテル』の恋物語、ハッピーエンドとは限らないけれど、穏やかな雲に包まれて眠るような、そんな幸せの余韻に浸れます。

ハートカクテル(8)

(99ページ)
「好きだ」――ボクのその言葉はボクとカノジョの間に結晶体になって浮かんだ。カノジョは大きな瞳でそれを見つめ、そしてスローモーションで微笑んだ。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、『ハートカクテル』の恋物語。ハッピーエンドとは限らないけれど、穏やかな雲に包まれて眠るような、そんな幸せの余韻に浸れます。心地好く酔わせます。

ハートカクテル(9)

(99ページ)
新調のスーツを着たカノジョは、今朝もあの男(ヒト)に心の中で「おはよう」を言う。ホームで電車を待つ間の一方的な3分間のデート。電車を降りたカノジョは、いつものカフェテラスへ。そのカノジョを見つめる一人の男。やはり新しいスーツを着て、心の中で声をかける。「おはよう」と――。軽やかなステップが似合う、なつかしくも甘くせつないリズムとメロディーが『ハートカクテル』から響く。澄んだ音にのせて、恋物語が舞います。

ハートカクテル(10)

(99ページ)
男の下の階には花の好きな母娘が住んでいた。男は夢を見ていた。いい夢のようだ。夢の中の女性が振り返ろうとしたそのとき――。恋の予感がする夢だった…。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、『ハートカクテル』の恋物語。ハッピーエンドとは限らないけれど、穏やかな雲に包まれて眠るような、そんな幸せの余韻に浸れます。心地好く酔わせます。

ハートカクテル(11)

(99ページ)
カノジョは仕事ではるか南へ行ってしまう。なぜ二人写った記念写真を撮らなかったのだろう。出発15分前、二人並んだスピード写真のボックスの中、カノジョはすまして、笑って、そして、泣いた――。四季が移り、風が変わるように、恋にもさまざまな表情がある。そして、心を満たす美しさとやさしさは、共通してひそんでいるのです。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、『ハートカクテル』の恋物語。



書籍情報(青年漫画)

著者: わたせせいぞう

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月17日

カノジョが出ていった翌日からネコがしゃべり出した。ボクの問いかけに対してネコは言う。「その質問は36回目だよ」――。風見鶏は北北西を向いたまま動かなかった。かすかな風はタンポポの落下傘を南西に流し、午睡中のカノジョの前髪を垂らした――。ベースは男と女。エッセンスに恋と音楽と季節の風を配合した、ハートカクテル。心地好く酔わせます。


≫ 同じ著者の作品
コミック乱
江戸恋もよう
HURRICANE(ハリケーン)
菜
東京エデン
八重と次郎
千夜の茶屋
ハートカクテル ballad
ハナドキロード
菜~ふたたび~
ハートカクテル sweet
ハートカクテル bitter

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
喧嘩商売
八十亀ちゃんかんさつにっき
不可視戯トライアング
nude~AV女優みひろ誕生物語~
オキテネムル
鬼畜島
【閲覧注異】
ゆっくりダボさん
ふしだらなフェイス
亜人
SHOP自分
七百三十夜

≫ 同じ出版社(講談社)の作品
血とチョコレート
囚獄のヴァニタス
逃げるは恥だが役に立つ
孤島の鬼
天空侵犯
2人におまかせ
あくまで恋しよう
Magnolia
きみはペット
GREEN WORLDZ
MARS
乱歩アナザー ―明智小五郎狂詩曲―

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す