タグ: 青年漫画 アクション

キリコ(1)

(242ページ)
目の前で兄の頭が銃弾で吹っ飛ばされた。東京・渋谷の雑踏の中、一瞬、遊佐朗(ゆさあきら)の視線が捉えた女。刑事としての直感が訴える。あいつが犯人だ!裏通りを抜け、廃墟と化したビルへ逃げ込む女。追いかける遊佐も廃ビルの中へ飛び込む。女は榊キリコ、暗殺者…。これが血にまみれ続けることになる2人の出逢いだった。木葉功一の傑作ハードボイルド、ついに登場!

キリコ(2)

(232ページ)
兄を失った。刑事を辞めた。この手で暗殺者、榊キリコを殺すために…。遊佐朗(ゆさあきら)は母国、日本を捨て麗しの島・台湾へ乗り込む。台湾マフィア「天聯幇(テンレンバン)」に身を潜める榊キリコを狩り出すために。狂気に近い執念を抱える遊佐。女として目覚めつつあるキリコ。台湾で2人が再び出逢う時、新たな血が流される…。

キリコ(3)

(234ページ)
「あいつのせいでおかしくなったんだ」遊佐朗(ゆさあきら)の残した傷痕に、体の奥深くかき乱され忘れかけていた母の面影が蘇る。職業的女暗殺者・榊キリコ、変わりつつある自らに惑う。「これで、いいんだ」榊キリコを殺す望みだけを頼りに天聯幇殺手(テンレンパンサヤシュウ)・遊佐朗、殺人を重ね生き長らえる。そして2人が3度出逢う時、夜は仄かな熱を帯びはじめる…。

キリコ(4)

(346ページ)
男が手に入れたもの…それは榊キリコという暗殺者だった。女が受け入れたもの…それは、遊佐明という殺し屋だった。血で汚された宿命の絆、遊佐明と榊キリコ。別れの日、東京は雪。木葉功一の傑作ハードボイルド・コミック、戦慄の最終巻!



書籍情報(青年漫画)

著者: 木葉功一

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月16日

目の前で兄の頭が銃弾で吹っ飛ばされた。東京・渋谷の雑踏の中、一瞬、遊佐朗(ゆさあきら)の視線が捉えた女。刑事としての直感が訴える。あいつが犯人だ!裏通りを抜け、廃墟と化したビルへ逃げ込む女。追いかける遊佐も廃ビルの中へ飛び込む。女は榊キリコ、暗殺者…。これが血にまみれ続けることになる2人の出逢いだった。木葉功一の傑作ハードボイルド、ついに登場!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す