本宮ひろ志キャンペーン第1弾

男樹 村田京一〈四代目〉

伝説の男・村田京太郎の死から20年。 祖母・母と共に、父の墓へと訪れた村田京一。そこにやって来た男は、かつて父と争い、その命を奪った張本人だった。父の敵を前に、村田の遺伝子を受け継ぐ男はどう動くのか・・・。激しく、熱い村田の家系。その「四代目」が父の遺志を受け継ぎ、今ここに奮い立つ!


ドン 極道水滸伝

ケンカが強くて能天気な男・松山の伊達武吉!たった一人でヤクザの組を潰したが旭日刑務所に送られる。そこは一匹狼の暴力犯罪者を集めた特殊刑務所だった。一方、武吉の生涯のライバルとなる男・室戸正一は、陰謀の限りを尽くし、下関播堂組の三代目を襲名していた。日本のヤクザ組織をまとめ上げるのは、果たしてどちらか!


ばくだん

千葉の勝尾市にめちゃくちゃな男がいた。その名は朝市軍兵。 まだ中学生ながら火が点いたら止まらない乱暴ぶりに、付いた渾名が「ばくだん」!勝尾二中では、超問題児・軍平を叩くべく戸塚塾を呼んだ。戸塚塾の暴力教育は、果たして軍平に通じるのか?本宮ひろ志の描く型破りなヒーローここに登場。


硬派銀次郎

天茶中学三年、山崎銀次郎、女嫌いの硬派な男!赤ん坊「まもる」を背負って今日も喧嘩に明け暮れる。そんな彼の前にスタイル抜群の美女「小沢たかこ」が転校してきて・・。


山崎銀次郎

あの男が帰ってきた!硬派・山崎銀次郎が!大工の棟梁の遺言で、名門・聖心学院に入学する事に。しかし問題児と思われてPTAと生徒会が銀次郎の入学に反対をする。はたして銀次郎は学園に受け入れられるのか?本宮ひろ志の代表作第一弾。


男一匹ガキ大将

西海中学の戸川万吉はケンカ好きのガキ大将だ。脱獄犯を捕らえ、勇気と男気に溢れる万吉は「親分」と多くの仲間に慕われる。伝説の「ガキ大将」が天下を目指して動きだす。本宮ひろ志の代表作、ここに復活!


男樹

北高の三年・村田京介は母親と二人暮らし。喧嘩が強く一本気な男。そんな京介の実の父親は村田組組長・村田正三だった。恋に喧嘩に一途な京介は、その出生ゆえにヤクザ組織、金沢・村田組と松山・伊達組の抗争に巻き込まれていく!村田京介の波乱万丈の青春が今始まる。本宮硬派漫画の代表作・第1弾。


新・男樹

崇和連合を取り仕切る日本のドン・村田京介。彼を一人の学生が訪ねてくる。名は村田京太郎。京介の一人息子だ。しかし血のなせる業か、この京太郎は高校生ながら、とんでもない悪党だった!千葉の勝原で子分を使い密漁・売春斡旋・ノミ屋と荒稼ぎをしていた。親子の対立を描いた硬派漫画・第一弾!


男樹四代目

世界経済会の会長・村田京太郎は、裏ではヤクザ組織・崇和連合を牛耳る日本のドンだ。そんな京太郎の前に一人の女子高生が現れる。彼女こそ村田京子!京太郎の一人娘だった。そんな折、崇和に吸収された神戸安済組の武闘派・若松勝蔵が19年ぶりに出所してくる。再び関東と関西の争いが始まるのか?男樹最終シリーズ、第1巻!


さわやか万太郎

葛飾の名家・花見家は三代にわたる女系の家。そんな家に100年ぶりの男子が誕生した。その名は「花見満太郎」!人一倍の硬派に育った万太郎に、許婚がいた!彼女は「松平五月」。代々男性ばかりの名家・松平家に230年ぶりに生まれた、お姫さまだった。



このキャンペーンをシェア