スキマ
総合
少年
少女
青年
女性

ま*****さんのレビュー

戦争めし
どのエピソードも泣けて仕方ない。 特にアメリカの捕虜になった日本兵が焼き飯でアメリカ兵と心を通わせる話、シベリア抑留で最後に食べたいパイナップルをリンゴで自作する話が好きです。
2021年11月28日
46歳漫画家、20歳年下の障害者と不倫して再婚しました。(分冊版)
のちにこのお二人が離婚されたと聞き、げんなりしてしまいました。 当時者二人はよかろうけど、振り回される上にマンガのネタにされてあれこれ描かれるお子さんのこともうちょっと考えてあげたらと思う…
2021年10月2日
だいらんど【新装版】
わー!新装版! メルヘンな絵柄が痛烈に効いています。 ヤクザが主人公で死を覚悟した瞬間、メルヘン世界「だいらんど」にやってきた…という冒頭からもうすでに斬新です。 オチは感動。読んでみてください! メリーアンももちろんかわいいけれどルーシーが魅力的。彼女はだいらんどに来る前何があったのかな…
2021年9月25日
ケーキの切れない非行少年たち
しょっぱなから重い。 模範生だったのに再犯でまた再会とかつらすぎる… 「ケーキを三等分できない=みんなが平等になる答えに至れない」とのことで、軽度の知的障害があるのでは?と思われる人が罪を犯すことがあると。 「少年院よりも世間の方が生きづらかった」という言葉が突き刺さる。 適切な支援につながれていたら、というのはたらればになってしまうのですが…明日は我が身という気持ちになります。 みんな坊主頭なので人間の区別がつきづらいのがちょっと困りました。
2021年9月22日
Artiste
大好きです! やたら不遇な扱いを受ける主人公ジルベール。それはあまりに鋭すぎる味覚と嗅覚のせいだった。色々あって引き抜かれた先のレストランで、ワケありの同僚が揃う。今で言う発達障害的なキャラクターなのかな、という人もいます。 芸術家に安く部屋を貸しているアパートに住むので住人たちもクセがすごい。 料理を作る人も芸術家、という考え方が好きです。
2021年9月18日
緊急出動すずめちゃん!
懐かしい!!!スーツマン秀樹とか今どうしてるんでしょうね。柴田先生には珍しい女の子主人公でなかよしで連載してました、というのがもう異色。
2021年9月10日
レニフィルの冒険
懐かしいですね〜。ギャグ王で連載されていたものです。 表紙のタイトルがブツッと消されてるのはなんらかの制約があるのか。かわいい絵だったのにちょっともったいない。 かなり王道のひと昔前のRPGですよね。エルフにドワーフにオーク。 出版社にあれこれあってギャグ王も廃刊したためか4巻がかなり駆け足になっているのが惜しい!(レニの顔も少し変わっているような?)
2021年9月7日
有閑倶楽部
一話目から大変に面白い。さすが名作。こんなにデコボコなメンツなのに仲良しなのが不思議。清四郎がチートすぎる。
2021年8月23日
死役所
なんとなく敬遠していたのですが、ツイッターでとある1話を読んで読みました。どれもこれも面白い。どれもこれもどうしようもないけれど救いもある。 亡くなった方は死んだ時の姿なので、そういうスプラッタ描写が苦手な方はご注意。 「カニの生き方」が一番好きでした。数々の相方を失った芸人さんたちの顔が脳裏をよぎった。 死を扱う以上死刑や犯罪や裁判や宗教や薬物依存や摂食障害などハードな話がずっと続き、救いのある話の方が少なく感じるので心の余裕がある時におすすめ。 同性愛は相手が倒れても権利がないから付き添えないとか煽り運転からの死とか新興宗教とかこの世のきっついところをたくさん見せてくるのに、読後感はそう悪くない(時々ひどいのがあるけどそれもまた味)のが不思議。
2021年8月21日
ディエンビエンフー
かわいらしい絵柄なのに、ゴア描写が容赦ない。ハッピーツリーフレンズを思い出した。 ベトナム戦争のお話なので、「実際にこんな死に方をした人がいたんだな」と思い出すとなお落ち込みます。 主人公と「お姫さま」のその後が知りたくてそれでもページをめくってしまいます。
2021年8月16日
影の国から
いきなりBLになってちょっとびっくりしてしまいました。苦手な人は注意かも。
2021年8月15日
総員玉砕せよ!! 他 水木しげる漫画大全集
終戦記念日を迎える前にぜひとも読んでみてほしい一作。水木先生は実際に見てきた上で描いているのでリアルどころの話ではないです。 鬼太郎とかのとぼけた顔で忘れてしまいがちなんですが点描なんかの表現がすごいんですよね。そのすごい絵で「この世の地獄」をふんだんに描いています。「なんのための玉砕なのか…」という言葉がずしんと響く。
2021年8月3日
ちらん -特攻兵の幸福食堂-
優しい絵柄だからこそ敗北と悲劇に真っ直ぐ進んでいく様がつらすぎる。 淡い初恋も、憧れも許されない時代だった。
2021年7月24日
蜻蛉
すごーくすごーく面白いし大好きだけど、架空の国とはいえ、モデルがある国を俗悪に描き過ぎることの怖さを少し考えてしまいました。差別感情を喚起されたレビューがもうあるし…
2021年7月23日
サトコとナダ
私の中の偏見を打ち砕いてくれた作品。 アメリカに留学したサトコがルームシェアした相手はムスリマ(イスラム教徒の女の子)。日本人は馴染みの薄い文化を持つ人々との暮らしで様々なことを学ぶ。相手のナダももちろんサトコから学ぶことがたくさんあるし、互いに支え合うシスターフッド作品です。4コマだから読みやすい。 イスラム教徒でも国によって様々違いがある(そりゃそうだ)こと、イスラム教徒同士でも判断が分かれること(名誉殺人など)も隠さず伝えています。
2021年7月3日
地獄先生ぬ~べ~
「みんなのトラウマ製造機」「ムダにエロが多い」という記憶で読み返してみたら、意外と「かわいそうな霊」「悲しい霊」「つくも神」などの描写が真剣で教育的な内容も多く、そこまで悪いものではなかったなと思いました。 花子さんの回とか読んだのを後悔するほど怖かった記憶があったのですが、今読むとユーモラスな造形ですよね。まあ少年誌とはいえグロさも多めなんですが。 佐川急便の飛脚マークももうないし村山元首相で今の人に通じるかなという世相も感じる。 小学生にエロを担当させるのはやり過ぎだしムダなエロはやっぱり微妙だなと思うので星は低めですが、それさえなければもっと評価高くしたい。
2021年6月27日
怪物事変
いじめられて育った悲しい半妖の男の子(恐れも嫌悪も育ちのせいでゼロ)が、同じく半妖のオジサンに拾われて自分の光を見つけるお話。 最初の話がめちゃくちゃ田舎だったので大正とか明治とかの話かと思ったら普通に現代だった。 アニメ化もされてるんですか! うわぁ〜〜好みのやつ!!!!でも私の好みはジャンプで打ち切られがち〜〜ってヒヤヒヤしながら読みました。みえるひと、サイレンが好きだったのでどストライク…。
2021年6月14日
瑠璃と料理の王様と
瑠璃ちゃんが可愛すぎるんだぜ!イエイ♪ 圧倒的な味覚嗅覚(食材を食べただけでその産地を当てる、残り香で昨日の夕飯を当てるなど)対決や庶民には無理だろそれというカネに頼った素材集めがしょっぱなにどんと来るので正直他のグルメものよりとっつきにくさはあれど(読み進めるとナポリタンなんかも出てくるし瑠璃は「お客のことを考えて安く上げる」のを信条としてますが)、女性キャラの魅力でどうでもよくなります。 個性的な絵柄なのに何故か和風にピッタリ。 敵方なれど川反さんが反則級に可愛らしい。
2021年5月26日
レビューフィルタ
12 3 ... 8