スキマ
総合
少年
少女
青年
女性

******さんのレビュー

怒りのグルメ
レビューにありましたが、「今すぐ土山しげる先生の作品を読みたい!読破したい!」っていう方や、「チケットが余って仕方ないんだよなぁ~」っていう方以外にはチケットを消費してまで読む事をおすすめしません。一話二話のノリが最終回まで続きます(笑) しがないサラリーマンが主人公の作品で、本人もボイル冒頭で語ってますが、少ない給料の中で安い(お手頃な)大衆料理を食べていくグルメ漫画です。 孤独のグルメのような、独身貴族でそこそこお金を持ってる主人公ではないので、回転寿司や牛丼屋なる俗っぽいお店をチョイスしますが、安かろう悪かろうで美味しくない。美味しくないから経営者やそれに近い立場の人にブチ切れる!っていう内容です。勿論、経営者側の意見「コストを抑えると品質が云々」も書いてありますが、主人公は有無を言わさず断罪します。 そして、表紙に「食を冒涜する奴は許せねぇ!」と書いてありますが、不味い料理を出すという行為は食への冒涜なんですかね…そこら辺も含めて、そういうギャグだと思います(笑)食べた分の金額の返還を要求する所もセコすぎて好きです。でもありますよね、不味かったり態度が悪すぎて「金返せ!」って思う事。 私は好きですが、怪作すぎて読む人を選ぶかもしれません。
ネタバレを含みます
(タップして表示)
2019年4月2日
ハルの肴
表紙の色使いかレイアウトのせいか分かりませんが、どうも食指が動かず、蒼太の包丁読破後も未見のままでした。 ですが、中身を読んでみるととても読みやすく、キャラクターも魅力的な人が多いので、どんどんと次の話が読みたくなってしまいます。 蒼太の包丁の蒼太が訓練された大型(中型)犬とすれば、ハルちゃんは訓練中の子犬ですね。蒼太のように出来た聖人のようなキャラクターではなく、無邪気に思いっきり喜んだり思いっきり泣いたり怒ったりします。 人たらしというか、人を惹き付ける魅力に富んでおり、周りの人に助けられ、時には助け、いつの間にかハルちゃんの事が大好きになってしまうキャラクターが多いですが、読者の私もそうです(笑)いつの間にかハルちゃんの事が大好きになってしまってました。
2019年2月18日
愛ちゃんを捜して
数年前に亡くなった猫達を思い出してしまい、涙が止まりませんでした。病気を患ってしまった猫への介護の回や行方不明になってしまった猫の回は作者の方の並々ならぬ愛情を感じ、とても共感しました。 ただやはり他の方が指摘している通りに、完全室内飼育ならば防げた怪我や病気について書いており、そこは少し残念でした。でもたらればの話をしても仕方ありませんし、完全室内飼育だからといって病気を患わないという訳でもありません。 常識は移ろい変わりゆくものであり、当時の状況ではそれが常識であっても現代では非常識であるものがあるのは仕方がないですね。 でもこの漫画を読んで半野良を選択肢に加える方もいないとは限らないので、猫の安全の為にも半野良飼育にはノーを突き付けていかなければならないのかもしれませんね。
2019年2月12日
旬 ~味彩の匠~
スイカの回だけはいただけませんね
2019年1月28日
自殺探偵~冠婚葬祭編~
自殺したがりというキャラが好きなの出来ない読みました。キャラ立てはいいですが…うーん…。 誤字は言葉遊びの範疇では。一つしか見つけられなかったのであれですが。
2019年1月27日
濃縮メロンコリニスタ
説明出来ないシュールさが大好きです。 ( ) ・ω・ という表現も好きです。
2019年1月25日
蒼太の包丁
読むと心が暖かくなれる優しい物語です。 登場人物全員が優しく、作中に意地悪な人が現れても、蒼太の優しさや実直な人柄に惹かれて優しく大きく成長していきます。 この手の漫画にありがちな、弟子を暴力で支配したり人の道を外れすぎるゲスなキャラクターはほぼ出てきません。(ちょっと言動がキツイ人は出てきますがキツイ人もそれを諭されたり改心したり、考えを改めます) 巻数が多いので読むのが大変かもしれませんが、是非ともお読み下さいオススメの一冊です。
2019年1月23日
キーチVS
自称「日本が大好き」「美しい国が大好き」な人には読めない漫画。
2019年1月11日
児童福祉司 一貫田逸子
代理ミュンヒハウゼン症候群は母親に限るものではありません。母親に多いのは接する時間が多いので母数が多く見えるだけです。「通常」と銘打っているのがたち悪いですね。
ネタバレを含みます
(タップして表示)
2019年1月10日
離婚同居
主人公の旦那が最低。後々改心…する事もなく。
ネタバレを含みます
(タップして表示)
2019年1月5日
描かない漫画家志望死亡本
絵も内容もTwitterの白ハゲ説教漫画のほうがまだマシなレベル。あとがきに「前日に急遽書いたので〜」とありますが、読者からしたら関係ありません。 ナガイキアキヒコさんの推薦文がなければ読みませんでした。
2018年12月20日
ザ・シェフ新章
確かに前作のブラックジャック風味沢匠から人間臭い味沢匠になってますね(笑) 就職先を斡旋したり実質無料で料理を作ったり、人情味溢れるのは前作からもそうでしたが、今作は100万単位ではなくそれ以下の値段で請け負ったり、子供に「世界一のシェフになれよ!」みたいなメッセージカードを送ったり、客や依頼人に長々と話しかけたりします。 前回の寡黙ながら仕事をこなす味沢匠が好き!っていう方には向かないかもしれませんね…。
ネタバレを含みます
(タップして表示)
2018年12月13日
天獄の島
コメディ要素を無くした彼岸島とMonsterを足して2で割った様な漫画です。 一巻はサバイバルデスゲームで面白い。でも途中から路線変更したのか、別物の漫画を読んでるかと思うくらい急展開な内容。 政府の陰謀や犠牲になる人々(狂ってしまう研究員など)をもう少し掘り下げたら良かったかも。 尻切れトンボというか、打ち切りなのかな?と思わせるラストでした。 シーズン2でそこら辺の謎というかモヤモヤが解消されてるといいなぁ。
ネタバレを含みます
(タップして表示)
2018年12月9日
レビューフィルタ