勝手に膳次郎 第一話 華を見た

勝手に膳次郎 第一話 華を見た ビューワーに戻る

この作品を読んだあなたへのおすすめ

著者: たがわ靖之
カテゴリ: 青年漫画
出版社: グループ・ゼロ
浅草の料亭『船陣』に招待状も無い一人の若者が板前になりたいとやってきた。しかし、東京一とも言われる『船陣』の板前達はどこの馬の骨かわからない者の相手をしている暇もなく、とりあえず名前だけ聞き親方にその名『沢田膳次郎』という者が親方に会いたがっている事を伝えると、親方はその名に驚きすぐに対面をすることとなった。そして対面すると早々に膳次郎に包丁を渡し「なにかつくってみろ」と指示。すると膳次郎は包丁を手に取り、料理をする前にある行動をする…。すると、親方は「わかった。使ってやる」と言い別室へと去って行った。いったい何が決めてとなったのか…!沢田膳次郎の料理人としての日々の奮闘を描いた物語!!
X

SNSでみんなに教える

ツイートする シェアする
Loading...