第一章 創立者大隈重信

この作品を読んでいる方へオススメ

みにゃもと WORLD
【劇画】日本大学
【劇画】慶應義塾大学
ちゅうでれ!
青春、失格。
コミック戦国無頼
バージンロケット88
感じてキララ!
有栖寺理夢は変態である
トコR55
マンガエッグ デジタル版
すこしだけ・愛
著者: 貴志真典
カテゴリ: 青年漫画
出版社: グループ・ゼロ

明治、大正、昭和、そして太平洋戦争開戦、終戦へ……生徒数わずか八十名から始まった学校が激動の時代を駆け抜ける!──明治元年。キリシタン弾圧が欧米列強の怒りを買い、日本政府は諸外国との間に大きな溝を作ってしまった。しかし、外国事務局判事・大隈重信(おおくましげのぶ)が事態を見事に解決。政府首脳から高い評価を得た。この有能な青年は後に、国家の基礎は教育にある、との信念に基づき近代的な学校を設立する──。──日本を代表する大学の一つ早稲田大学。様々な困難を切り抜け成長していく学校だったが、「学徒動員」という最も大きな試練が待ち構えていた……。

Loading...