雅代の提案

この作品を読んでいる方へオススメ

浮世のふくろう
銭華1
イタダキッ!
シャチ
NIGHT BLOOD
どぶ
サラリーマン血風録
殴人K
はたらく漫画家
スキ!がお仕事!ナリワイタイムス
愛のバビロン
ヤンほぼ
カテゴリ: 青年漫画
連載漫画: 漫画ゴラク
出版社: 日本文芸社

信濃川と阿賀野川の二大河川の間に開けた新潟県新潟市はかつて、市内にいくつもの堀が張り巡らされた水の都だった。堀に沿って植えられた幾千本もの柳の木が作り出す景観の美しさから、“柳都”と呼ばれたこの街最大の繁華街“古町”(ふるまち)は、京都の祇園、東京の新橋と並び称された花柳の街であった――
太平洋戦争開戦の年、新潟の魚卸業を営む松本家に嫁いだ佐藤雅代は、陸軍の憲兵として中国に赴任した夫・周作の帰還を待ちわびるが、終戦後、帰国した周作は、戦争の悲惨な体験から精神を病み、酒に溺れた果てに夭逝。家族を養うため、古町の老舗料亭“柳亭”で働き始めた雅代は、仲居の天分を発揮、柳亭の顔として評判を呼ぶのだった。そんな中、若手政治家の山田泰造との出会いが、彼女の運命を大きく変えてゆく――

Loading...