セカンド・ヴァージン

セカンド・ヴァージン ビューワーに戻る

この作品を読んだあなたへのおすすめ

著者: 上住莉花
カテゴリ: 女性漫画
出版社: 秋水社ORIGINAL
7月18日,29歳になった。1人暮らしを初めて4年目。今のリサーチ会社に転職して3年目。彼,中尾俊行と付き合う様になって半年。「結婚しちゃわない?僕と。僕達結構いいパートナーになれると思うな」「半年でそういう結論を出すのは早すぎると思わない?」「やれやれ慎重なんだな」「この年になったら勢いだけじゃ結婚できないのよ」なんて話を和やかにしている時,中尾が突然1人の男に呼びかけた。「浅田…?浅田じゃないか!?」彼を見た景子は驚いて言葉も出ない。浅田は「僕は君の恋愛ごっこに付き合っていられる程,暇でも酔狂な男でもないんだ」と冷たい言葉を吐いて,景子を振った男なのだ。…浅田省吾!!こんな所で出会うなんて!!冗談じゃないわ…!!
X

SNSでみんなに教える

ツイートする シェアする
Loading...