華本さんちのご兄弟【完全版】

「小さなお茶会」,「黒のもんもん組」,「幻獣の國」など,メルヘン,ギャグ,ファンタジー……と,漫画の様々なジャンルに傑作を送り続けた猫十字社が,リアルな現実を舞台に描いた伝説の青春ラブストーリー。
華本さんご一家は,長野県松本市に住んでいる。
一家は男ばっかりの4人兄弟と,猫一匹の母子家庭。
長男は社会人の医者だが,次男の蝶太郎,3男の梅士,4男の桜彦はいずれも地元の国立医大の学生であり,すべて美形で,バイク乗りである。
猫の名前はミチゾー。
この猫もまたオスで,青春真っ盛り。
信州の美しい自然を背景に,学生生活真っただ中の3人と一匹の,かけがえのない,苦しいほどに甘美で切ない恋物語が綴られる。華やかな紅葉が織物のように山々を彩る秋の信州を舞台に,4男・桜彦の恋が描かれた「金の鯛やき 銀の蛸やき」。
みずみずしい新緑の季節に紡がれた2男・蝶太郎の恋を描く「な,泣きそベイビー」。
夏の松本を舞台に,猫のミチゾーが出会った新しい世界と恋を描いた「ミチゾー,その愛」。
降り積もる雪に夕暮れの賑わいが包みこまれた静かな街で奏でられる,3男・梅士の失われた恋を描く「ライト・マイ・ファイア」。
そして,女の子の視点から描いた美しい間奏曲のような「間物語」と「みゃんか」のシリーズ6作完全掲載。
傷つきやすく,壊れやすく,そしてひりひりするようなさまざまな恋。
かけがえない,青春の切実な時が,鮮やかに切り取られる。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:猫十字社

カテゴリ:女性漫画

出版社:大洋図書

最終更新: 2018年2月21日

Loading...