スキマ
検索

喰いタン

喰いタン

喰いタン

最終更新:2021年01月15日
(211)
fav
2441
最終更新:2021年01月15日
【無料範囲拡大中】2021年2月28日まで無料範囲拡大中となりますのでお早めにお楽しみください。
探偵×料理=“喰いタン”。被害者宅の冷蔵庫をあさり、殺人現場の寿司を喰う。喰って推理し、さらに喰う。頭脳明晰にして、大食漢、型破り喰い道楽(グルマン)探偵・高野聖也(たかのせいや)の華麗な推理! これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!
【無料範囲拡大中】2021年2月28日まで無料範囲拡大中となりますのでお早めにお楽しみください。
最終更新:2021年01月15日
【無料範囲拡大中】2021年2月28日まで無料範囲拡大中となりますのでお早めにお楽しみください。
探偵×料理=“喰いタン”。被害者宅の冷蔵庫をあさり、殺人現場の寿司を喰う。喰って推理し、さらに喰う。頭脳明晰にして、大食漢、型破り喰い道楽(グルマン)探偵・高野聖也(たかのせいや)の華麗な推理! これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!
喰いタン

喰いタン

最終更新:2021年01月15日
(211)
fav
2441
最終更新:2021年01月15日
【無料範囲拡大中】2021年2月28日まで無料範囲拡大中となりますのでお早めにお楽しみください。
探偵×料理=“喰いタン”。被害者宅の冷蔵庫をあさり、殺人現場の寿司を喰う。喰って推理し、さらに喰う。頭脳明晰にして、大食漢、型破り喰い道楽(グルマン)探偵・高野聖也(たかのせいや)の華麗な推理! これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!
【無料範囲拡大中】2021年2月28日まで無料範囲拡大中となりますのでお早めにお楽しみください。
最終更新:2021年01月15日
【無料範囲拡大中】2021年2月28日まで無料範囲拡大中となりますのでお早めにお楽しみください。
探偵×料理=“喰いタン”。被害者宅の冷蔵庫をあさり、殺人現場の寿司を喰う。喰って推理し、さらに喰う。頭脳明晰にして、大食漢、型破り喰い道楽(グルマン)探偵・高野聖也(たかのせいや)の華麗な推理! これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!

みんなのレビュー
レビューする

こんなに美味しそうに料理を食べるキャラクターは見たことがありませんw羨ましいとさえ感じさせる食べっぷりと、作者の画力は素晴らしいです。 また、食と推理が上手いこと噛み合っていてなるほどと、毎回思わされます。話のテンポも良く、毎回しっかりと犯人の動機や謎を明かしてくれて読後感が非常に良いです。さっと読みたいときにオススメの漫画です。
2019年2月14日
1話完結で、よくぞここまでたくさんの話を書いてくれました。ミステリーとしてもコメディーとしても成り立っている、驚きの作品です。殺人事件から身近なちょっとした事件まで、バリエーションが豊富なのでどんどん読んでしまいます。 料理の絵も美味しそうなうえ、料理の蘊蓄や豆知識も盛り込まれているので、ミステリーとグルメの両方が楽しめます。
2020年6月9日
もとは腕利きの警察官だったという歴史小説家を探偵役に据えた連作。倒叙ありサスペンスあり人情噺ありと構成は多彩。肝の座った正義漢だが約束事や忠言をまったく意に介せず底抜けに口卑しい主人公が繰り返すドタバタ劇は微笑ましいが時に「読者というものは、作者がふざけていると思いこんでいれば馬車一杯の手がかりすら見逃してしまうものだ」というディクスン・カーの名言を体現して冴える。
2020年7月15日
ログインするとチケットが届きます
全114話
94話まで待つと¥0
完結済
まとめ買い

第1巻

第2巻

第3巻

第4巻

第5巻

第6巻

第7巻

第8巻

第9巻

第10巻

第11巻

第12巻

第13巻

第14巻

第15巻

第16巻

第1巻

みんなのレビュー
レビューする

こんなに美味しそうに料理を食べるキャラクターは見たことがありませんw羨ましいとさえ感じさせる食べっぷりと、作者の画力は素晴らしいです。 また、食と推理が上手いこと噛み合っていてなるほどと、毎回思わされます。話のテンポも良く、毎回しっかりと犯人の動機や謎を明かしてくれて読後感が非常に良いです。さっと読みたいときにオススメの漫画です。
2019年2月14日
1話完結で、よくぞここまでたくさんの話を書いてくれました。ミステリーとしてもコメディーとしても成り立っている、驚きの作品です。殺人事件から身近なちょっとした事件まで、バリエーションが豊富なのでどんどん読んでしまいます。 料理の絵も美味しそうなうえ、料理の蘊蓄や豆知識も盛り込まれているので、ミステリーとグルメの両方が楽しめます。
2020年6月9日
もとは腕利きの警察官だったという歴史小説家を探偵役に据えた連作。倒叙ありサスペンスあり人情噺ありと構成は多彩。肝の座った正義漢だが約束事や忠言をまったく意に介せず底抜けに口卑しい主人公が繰り返すドタバタ劇は微笑ましいが時に「読者というものは、作者がふざけていると思いこんでいれば馬車一杯の手がかりすら見逃してしまうものだ」というディクスン・カーの名言を体現して冴える。
2020年7月15日

この漫画を読んだ方へのオススメ漫画