君忘るるや 思えるや(単話版)

1945年8月6日、広島に投下された原子爆弾によって幼いのぞみは母を亡くしたうえに、ショックで言葉まで失ってしまう。一度は叔母夫婦の元に引き取られるが、厄介者扱いをされ遠く離れた街へ捨てられてしまう。戦災孤児としてひとりで過酷な路上生活を送っていたところ、藤田健とその妻の家に拾われ、実の子供のようにかわいがられるが…。戦争によって人生を狂わされた人々の、悲しくも美しい生き様を描いた感動ストーリー! ※この作品は『ストーリーな女たち Vol.30』に掲載されています。重複購入にご注意ください。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:庭りか

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:ストーリーな女たち

出版社:ぶんか社

最終更新: 2018年3月22日

Loading...