何人たりとも俺の前は走らせねぇ!
サコとピーボーは軍馬に迷惑をかけないように、彼の前から姿を消した。記者らしき男たちが2人の家の周りをうろつくようになる。一方、軍馬はサコたちの生活が気になりながらも、その気持ちを押し殺すためにレースに没頭していた。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:六田登

カテゴリ:青年漫画

出版社:ゴマブックス

Loading...