淫らな雛は春を売る

比予森は身体を売って生きている。“雛”という名前のときだけ、誰かに必要とされている。けれど、クラスメートの硲に出会い、その考えは幻想だったと知る。初めての友だち。初めての感情。初めてできた――好きな人。硲に惹かれ、段々と感情を表に出せるようになる比予森。だが、仕事を辞めたのかと聞かれ、咄嗟に口から出た嘘。その嘘が、お互いを傷つけるとも知らずに…。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:sawaco

カテゴリ:BL(ボーイズラブ)

連載雑誌:gateau

出版社:一迅社

最終更新日: 2017年9月15日

Loading...