菜根譚 ─まんがで読破─

今から約400年前、中国は明の時代の末期に生きた洪自誠という男。彼が書き残した処世訓『菜根譚』は、その後多くの人々によって読み継がれ、「中国の処世訓の最高傑作」とも言われています。人間関係や出世、経済的な問題など、悩みの多い現世を生きる人々の心を捉えた名作は、日本でも読者を増やし、田中角栄、吉川英治、川上哲治らに座右の書として愛読されたそうです。儒教・仏教・道教それぞれの思想を取り入れた『菜根譚』のエッセンスを、ぜひまんがで味わってみてください。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:洪自誠 Team バンミカス

カテゴリ:青年漫画

出版社:イースト・プレス

最終更新: 2017年3月9日

Loading...