一葉裏日誌

「たとえ地獄に堕ちようとも、一本の筆さえあれば、閻魔大王を楽しませるぐらいの小説を書く自信を私はもっている。」「御仏を喜ばせず、地獄の亡者どもが群がり読む小説こそを、私は書いてみたい。」女流作家・樋口一葉の日常を綴った表題作『一葉裏日誌』と『うたまる』を収録した上村一夫珠玉の一冊。

読んだ感想をシェアしよう!

書籍情報(青年漫画)

著者:上村一夫

カテゴリ:青年漫画

出版社:eBookJapan Plus

Loading...