煽情の花、従順な僕

「…きみって、憑かれると欲情するタイプなんだね」

大学の合格発表会場で、道晴(みちはる)は突然妙な声を聞いた。
その声を聞いた途端、道晴は体が灼かれるように熱くなり、
欲望のままに他人を襲いたい衝動にかられる。
道晴が誰彼かまわず襲おうとしたのを止めたのは、和服をまとった美麗の男・明(あきら)だ。
彼は欲情に翻弄されるままの道晴を自宅へ連れ帰り、いきなりキスをする。
しかも鬼を浄化するためだからと、道晴を寝室へ招いた。
必死で理性を保とうとする道晴に明は、「ここに、入れさせてあげるから」
「朝までずっとやりまくろう」と煽ってきて――!?
※この作品は「煽情の花、従順な僕」第1話~第5話を収録しております。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:雨宮かよう

カテゴリ:BL(ボーイズラブ)

出版社:新書館

Loading...
Loading...