おじさん、私を好きになって-背徳の夜-

「私を…女の子として意識して…」保護者代わりの慶一との関係を変えたくて交えた唇。絡み合う舌にみちるは期待をするが、彼はみちるの母親が好きで――…。両親を8年前に亡くしたみちるがお世話になっているのは、両親の友人・慶一おじさん。しっかりもので優しい慶一に心惹かれていたが、彼はみちるの母親を想い続けていて…。「慶ちゃんが…好きなの…」諦めきれず、少しでも自分を見て欲しくて初めてしたキス。いつもと違う大人びた雰囲気、艶かしいみちるの表情に慶一は心を揺さぶられ…。「身体…熱いよぉ…」全身にキスの愛撫を受け、秘部は疼きとろけ…激しく慶一に求められ、嬉しいはずなのにみちるの中に不安がよぎり…

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:ikak 笹倉ぱんだ

カテゴリ:TL(ティーンズラブ)

出版社:アムコミ

最終更新: 2017年3月3日

Loading...