ヒットラーの息子

ヒットラーの息子と呼ばれる世界犯罪者同盟の殺し屋、ボタンは組織を裏切り日本へ逃亡する途中で記憶を失ってしまう。
徐々に記憶を取り戻すうちに自分はヒトラーの遺伝子を持つことを知る。しかし自分は何者なのか、同時に衝撃の事実も知ってしまうのだった。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:小堀洋 叶精作

カテゴリ:青年漫画

出版社:ゴマブックス

最終更新: 2016年3月4日

Loading...