わかりあえない人々

自分の意見は話せるけど、人の意見を聞く気は無い。権利は主張するけれど、義務を果たす気はさらさら無い。現代社会のゆがんだコミュニケーションをモチーフに、須賀原洋行が鋭く描く、世にもリアルな仮想社会。わかって欲しい人も、わかってあげたい人も必読の書!!

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:須賀原洋行

カテゴリ:青年漫画

出版社:竹書房

最終更新日: 2015年10月10日

Loading...