ほな、また明日!

時代は1970年代。大阪で駄菓子屋の店番をする杏(あんず)さんのもとには毎日、元気いっぱいのちびっ子たちがやってくる。少ないお小遣いをやりくりして欲しいものを買う子どもたち。当時の駄菓子屋は学校や家庭で教えることができない大切な何かを教えてくれる「放課後の学校」でもあった!

読んだ感想をシェアしよう!

書籍情報(青年漫画)

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:漫画サンデー

出版社:実業之日本社

最終更新日: 2018年2月1日

Loading...