濡れたカラダで感じたい -岡田以蔵-

自分たちの人斬りの現場を見てしまったこはるを、なぜか命令に背いて秘密の小屋で匿う岡田以蔵。恐怖に駆られていたこはるは、二人で時を共有するうちに、以蔵の奥に潜む優しさに触れて、だんだんと心を通わせていく。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:多々田ヨシオ 芽獅

カテゴリ:TL(ティーンズラブ)

連載雑誌:桃・色・体・験 幕末ティーンズラブ

出版社:ソルマーレ編集部

最終更新日: 2015年12月11日

Loading...
Loading...