病床六尺 ─まんがで読破─

「病床六尺、これが我が世界である」近代俳句を語るには欠かせない人物、正岡子規。病の激痛に苦しみながらも筆を執り、自らの思いを綴る病床での日常。子規の生涯を振り返り、彼が言わんとしたことを紐解く。彼が後世に残したかったものとは……?明治文学の巨人が死の2日前まで書きつづけた珠玉の随筆集をベースに漫画化!

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:バラエティ・アートワークス 正岡子規

カテゴリ:青年漫画

出版社:イースト・プレス

最終更新: 2015年12月25日

Loading...