恋は舞い降りた

生まれながらに白氏の嫡男・玲音の許婚と定められていた黒氏の末子・火苑。玲音の成人とともに執り行われる婚儀のため白氏の館を訪れるが、初めて顔を合わせた玲音は昔見た肖像画の中の少年ではなく、自信に満ちた大人の男になっていた。そして「男同士の結婚など気に食わないのはお互い様だ」と傲慢に言い放ち……。あじみね朔生の東洋的恋物語集。

読んだ感想をシェアしよう!

書籍情報(BL(ボーイズラブ))

著者:あじみね朔生

カテゴリ:BL(ボーイズラブ)

出版社:心交社

最終更新日: 2015年11月12日

Loading...