a*****さんのレビュー一覧

一言で言うと「綺麗事と理想論がコメディを着てフォークダンスしてる」感じの漫画です。こんな病院やこんなお医者さんがいてくれたらいいなぁと思わせてくれるところがいいと思います。実際の医療現場にあるようなドロドロや葛藤は真正面から取り上げず、さらっと描いて読者が気持ちよく泣けるように出来てて、ある種の様式美を感じます。おまけで成長したナオとその後の二人をかくのではなく、じっくり読ませて欲しかったです。
2018年2月7日
thumb_up 0
ドラマを見て、気になって読みました。面白いです。ありがちな設定、展開ですが、登場人物のキャラ付けがうまいからか引き込まれる感じです。続きがとっても気になります。
2018年2月1日
thumb_up 14
著者が丹念に取材をし、誠実に作品づくりに取り組んだことが感じられる良作。過剰なお涙頂戴やお約束じみた勧善懲悪ではなく、日常の中に実際に多々あるであろう、理不尽さや不条理も丁寧に描いているところに好感を持ちます。また主人公を通して、人間の命の終わりに優しく寄り添おうとする著者の視点を感じられて、心が揺さぶられます。  ご遺体の様子などは、グロ耐性が超絶低い私でも大丈夫なくらい配慮して描かれていると思いますが、こればっかりは個人差があると思うので、想像力のある方、グロ耐性低い方は注意しながら読んでください。苦手でも読む価値のある作品と思います。
2018年1月27日
thumb_up 3
かなりいろいろ残念な作品ですね。歴史が好きで、特に明智光秀様推しなので期待して読んだのですが、ここまでひどいとは。煕子様が疱瘡を患ってあばたが残ったために、容姿の良く似た妹を嫁がせようとしたというのはかなり有名な話なのに、何故病弱などという意味のない改変をしたのでしょうか?あばたが残ろうとも我が妻は煕子殿ただひとりと言い切り、あばたの残る妻をその心ばえゆえに誰よりも美しいと尊んで側室を持たなかった光秀様の娘として育ったからこその玉の人間性、そういったものが一切描かれないことが大層不満です。側室をもつのが当たり前の時代なのに、夫が側室を持つことに玉が傷つき絶望したことも、美しい美しいと褒めそやされながらも高慢な女性に育たなかったことも、全て繋がってこないではないですか。なんのために母の替え玉婚儀から物語をスタートさせたのでしょうか。小袖のエピソードにしても中途半端に取り入れて結末を真逆にしてしまっているし、興秋養子の件も、え、そんな流れじゃないでしょ、ですし、一事が万事そんな感じで最初から最後まで???の連続でした。歴史書ではないのだから、多少ドラマチックに演出が入るのは当然ですしそこに目くじらを立てる気はありませんが、むしろ盛り下げてどうする!と言いたいです。腹立たしいほどがっかりです。
2018年1月11日
thumb_up 0
闘病記として非常に中途半端です。この作者さんの経験が精神的な病のスタンダードと読者に印象付けそうで、少し釈然としない思いを感じます。1話あたり10ページくらいしかないのに1巻1話仕立てなのも、画力についても、いろいろ釈然としないものを感じます。
2017年12月5日
thumb_up 21
電子書籍として読むことを想定していない頃の本なので仕方のないことですが文字が小さくて読むのがちょっと大変です。でも、それを差し引いても満点をつけたくなる良書と思います。深く考えさせられました。巻末のショートショートがまた味わい深く最高でした。
2017年12月3日
thumb_up 9
奇抜さや意外性はないけれど、心理描写が巧みでじわじわきます。生きてる人間ほど怖いものはないと痛感。
2017年12月1日
thumb_up 5
恐怖クラブと秘密クラブの二本立ての構成。恐怖クラブは「死ぬほどの恐怖」というほどの恐怖でもないような感じがしてちょっとピンと来なかったけど、秘密クラブは全体に漂う哀愁感がとても良かった。
2017年11月28日
thumb_up 1
いい。とにかくいい。 なんなんだろう、この良すぎて語彙力がなくなる感じ。 面白いし、胸の奥がきゅっとなる。
2017年11月16日
thumb_up 3
たまらんものがあります。 最高です。 良すぎて語彙力が削られます。
2017年11月16日
thumb_up 15
哲学的な命題を含むわかりにくいテーマを持っていますが、この作品はすごいです。最終話を読んでそういうことだったのか、とわかった瞬間、胸の奥がきゅ~~~っとなって涙が溢れました。最近はやりのシンプルで分かりやすい物語とは真逆ですが私はこういうの好きです。
2017年11月16日
thumb_up 6
これはすごいですよ。独特の世界感がシュールで面白い。そして最終話ですべてがつながっていく構成力が見事。作者さんは天才だと思う。その頭の中身が見てみたくなります。個人的には「裕一はバカだからな」しか言わないお父さんが好き。
2017年11月16日
thumb_up 10
よかった。すごくよかった。特に最終話、花梨の出した結論と計画には大笑いしながら感動して泣いてしまった。この世代の女性が感じる焦りや迷いを上手に切り出して、きれいごとではなく、三姉妹らしく生きているところを描いてくれたことに感謝。
2017年11月16日
thumb_up 13
連載時に読んでいた記憶があるのですが、まだ小学生だったので、何場面か印象に残っているだけでストーリーはまるで記憶になく。今回読み返して昭和の少女漫画の底力に感服しました。当時と今現在で多少価値観の変化はあるものの、人間の本質は同じなんですね。グイグイ引き込まれて一気に読みました。面白かったです。
2017年11月16日
thumb_up 12
懐かしい昭和バブルの匂いがプンプン(笑) 面白かったです。
2017年11月14日
thumb_up 3
絵が綺麗で読みやすいです。ギリシャ神話はいわゆる神話独特の文法みたいなものがあるので、それを理解していないとわかりにくいものですが、理解しやすいようにうまく表現していると思いました。面白かったです。
2017年11月8日
thumb_up 8
1話1話はさほど長くはないけれども、物足りなさを感じることはなく、読み応えありました。何よりも絵が綺麗なのが良いです。
2017年11月8日
thumb_up 11
最初の話が感動系だったので油断しましたが怖かった~。悪いことをしたら報いがあるという因果応報的なシンプルなお話が多かったので、もうかなりいい年した大人ですが、読みながら何度も「いい子にします」って誓いました。くわばらくわばら。
2017年11月6日
thumb_up 1
面白かったです。起承転結の起承部分がじっくり描かれていて、転に唐突感があり、結があっさりめという感じでした。そういうスタイルを好む方にはすごくハマると思います。私は転結部分が長めの方が好みなので星3つにしましたが、個性的なキャラが好感度高く、十分楽しめました。
2017年11月4日
thumb_up 5
前作は淡々と虐待や施設の現実を描いていて素晴らしいと思いましたが、こちらは少々煽りすぎかなと思う場面(鬼婆のあたり)も無きにしも非ず。職員が勉強不足ゆえに無理解であることはありがちですが度が過ぎてるし、鬼婆のくだりはやりすぎかと。ドキュメンタリーではない以上仕方ないのかもしれませんが、虐待問題を扱った作品が、虐待を経験したことのない人たちの幸せを噛みしめるための娯楽になるのはどうかと思います。元施設関係者なので職員の描き方に不満を覚えました。
2017年11月3日
thumb_up 8
いわゆる心霊探偵モノで、このジャンルは描き尽くされているようにも感じていましたが、設定にひねりが有り、キャラが立っているため、とても新鮮な面白さがありました。絵も綺麗でおどろおどろしさ抑え目でグロさがないのも良かったです。
2017年11月1日
thumb_up 5
これは凄いものを読んでしまったという気持ち。起承転結の「結」を入口で留めて描ききらない手法の作品が多く、読み手の想像力でどこまでも怖くなる。この手の手法は下手すると「だから?」で終わりやすいのにこの作者さんはすごい。コマや文字が大きく読みやすいのも良い。続きが読みたい。もっともっと読みたい。
2017年10月31日
thumb_up 19
ありがちな話なんだけど、このあとどうなるんだろうって思わせる勢いのある作品で、ぐいぐい読まされました。ラストはありきたり感が大きくなり、前半の勢いが失われたのが残念。
2017年10月31日
thumb_up 1
絵も綺麗で雰囲気がありますが、どの話ももう少しページ数が欲しい感じがします。巻末に元ネタになった話が書かれていましたが、へんにアレンジせず、このまま漫画にした方が面白かったのでは?と思うものもありました。
2017年10月31日
thumb_up 0
Loading...